HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 基礎工事の施工不良(手抜き工事)について...

基礎工事の施工不良(手抜き工事)についての相談

相談内容

  • 基礎工事が設計図通りに施工されていません。
  • 掘削をほとんどしていません。
  • 鉄筋が基礎幅の中央に配置されていません。
  • 業者に改善を求めましたが、応じることなく工事を進めてしまいました。
  • 証拠の写真は撮影してあります。
  • 基礎工事のやり直しを求めたいのですが、どうしたら良いですか?

ご相談へのIJSの回答

  • 基礎工事の施工不良、手抜き工事を検証します。
  • 基礎工事の施工不良、手抜き工事の証拠をもとに工務店に基礎工事のやり直しを求めます。
  • 工務店が求めに応じない場合には、法的手続きにより解決します。
  • 掘削の不足は、ほとんどが手抜き工事です。工事監理業務違反となります。
  • 鉄筋配置位置の不良は、建築基準法施行令違反となります。

IJSの解決策

  • 工務店が基礎工事のやり直しに応じなかった為、法的手続きを執りました。
  • 工事監理業務違反、建築基準法施行令違反により、契約解除を求めました。
  • 工事のやり直し費用を損害として工務店に求めました。
  • 完成が遅延することによる損害、慰謝料も工務店に求めました。

解決策の成果

  • 訴訟により、工務店の施工不良、手抜き工事が認定されました。
  • 工務店との契約解除が法的に認められました。
  • 工務店への損害賠償請求が認められました。
  • 工務店への慰謝料請求も認められました。
  • 損害賠償金により基礎工事をやり直すことができました。
  • 慰謝料により完成遅延による損害(家賃の追加負担、消費税の3%追加負担等)の対応もできました。
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話