HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 工務店から残金支払訴訟を起こされた時の対...

工務店から残金支払訴訟を起こされた時の対処方法についての相談

相談内容

  • 工務店から残金支払訴訟を起こされ困っています。
  • 工務店は契約内容を遵守していないにもかかわらず工事が終わったからと言って残金支払を求めてきました。
  • 工務店に契約内容を遵守することを求めたところ工務店の弁護士から内容証明が送られてきた後に裁判所から訴状が届きました。
  • 工務店の主張に従うことはできません。
  • 訴訟を起こされた時の対処方法を教えて下さい。

ご相談へのIJSの回答

  • 工務店が契約を遵守しておらず不当な請求であるならば支払に応じる必要はありません。
  • 工務店から起こされた残金支払訴訟に対して反訴手続きを取ることが良いと思います。
  • 反訴のなかで不当な請求は拒否をして逆に工務店に対して損害賠償を求めることも可能です。慰謝料請求も可能です。
  • 弁護士に委任をして反訴手続きを取るべきです。

IJSの解決策

  • IJSが工務店の不当請求を法的に主張できるよう確認作業を行いました。
  • IJSが工務店の違法行為を検証し特定しました。
  • IJSの提携弁護士に委任をして反訴手続きを取りました。
  • 反訴手続きのなかで工務店の違法行為を主張しました。
  • 反訴手続きのなかで逆に工務店に対して損害賠償請求・慰謝料請求を行いました。

IJSの成果

  • 裁判所の判決で工務店の違法行為が認められました。
  • 工務店に対しての損害賠償請求が認められました。
  • 工務店に対しての慰謝料請求が認められました。
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話