HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 業者の顧問弁護士から内容証明が送られてき...

業者の顧問弁護士から内容証明が送られてきた時の対処方法の相談

相談内容

  • 業者の顧問弁護士から内容証明が送られてきました。
  • 追加工事費用の支払を求められています。
  • 期限内に追加工事費用を支払わないと法的手続きを執るとの内容です。
  • 追加工事費用は業者の一方的な請求です。
  • 当初の契約金額に含まれる内容の工事金額だと思っていました。
  • 追加工事金額が350万円と高額な請求です。
  • どのように対処すれば良いでしょうか。

ご相談へのIJSの回答

  • よくある追加工事費用のトラブルです。
  • 業者の顧問弁護士から内容証明が送られて来たからといって慌てる必要も怖がる必要もありません。
  • このような追加工事費用のトラブルは業者側の杜撰な契約や業者側の杜撰な工事費用の告知に問題があります。
  • 納得のいかない追加工事費用の支払いに応じる必要はありません。

IJSの解決策

  • 業者との契約が建築関連法規を遵守したものかを検証しました。
  • 業者の追加工事費用の請求手続きが建築関連法規を遵守したものかを検証しました。
  • 業者の顧問弁護士の内容証明が建築関連法規に準じた請求内容であるか否かを検証しました。
  • 法的手続きにより追加工事費用の支払いを拒否することとしました。

IJSの成果

  • 業者の契約内容や追加工事費用の請求内容が建築関連法規違反であることを立証し、追加工事費用全額の支払を拒否することができました。
  • 業者の顧問弁護士が建築紛争に必ずしも詳しい訳ではありません。建築は建築関連法規により建築主が保護されています。これを争点として解決しました。

※業者の顧問弁護士から内容証明が送られてきても慌てる必要はありません。怖がる必要もありません。IJSにご相談下さい。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話