HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 工事請負契約後、工務店が工事着手しない時...

工事請負契約後、工務店が工事着手しない時の対処についての相談

相談内容

  • 工事請負契約後に工務店が工事着手してくれません。
  • 再三催告しても工事着手してくれません。
  • 何度となく再三に渡り工事着手を要請してもイロイロな理由を付けては工事着をしようとしません。
  • 工事請負契約をしてから6ヶ月が経過してしまい、工事請負契約の完成引渡日も過ぎてしまいました。
  • それでも工務店は工事着手をしてくれません。
  • 工事完成の目途が立たず困っています。
  • 工事完成の目途が立たないので、賃貸住宅の家賃支出・住宅ローンのつなぎ融資の金利負担など経済的負担でも困っています。
  • 工務店が工事着手しない場合の対処方法を教えて下さい。

ご相談へのIJSの回答

  • 工務店が工事着手しない理由は工務店の経営上の問題です。
  • 経営状況が悪く資金繰りが苦しい為に、外注業者への発注・材料仕入ができない事等に起因しています。
  • 工事請負契約後、工務店が相応の期間工事着手しない場合には工事請負契約を解除するべきです。
  • 工務店が相応の期間工事着手しないことを理由として工事請負契約を解除することができます。
  • 工事請負契約の解除に際して工務店の債務不履行を理由とした契約解除既払い金の返還損害の賠償慰謝の請求出来高精算などの手続が必要となります。
  • 工務店が倒産した場合には大きな損害を被ることになりますので、工務店が工事着手しない状況の場合には早急に契約解除手続きを取るべきです。

IJSの解決策

  • 工事請負契約後に工事着手しない工務店の違法行為義務不履行を調査検証しました。
  • 契約解除の手続で必要となる事務手続きの内容工事現場で必要となる撤去作業等の内容を確認検証しました。
  • 契約解除の手続で工務店に請求する精算返還金損害金慰謝料を精査しました。
  • 契約解除の手続きを法的に行う為の準備を進めました。

IJSの成果

  • 弁護士に委任をして、法的に工事請負契約の契約解除手続きを行いました。
  • 工務店に対して精算金(既払い金)返還請求損害賠償請求慰謝料請求の訴訟を起こしました。
  • 訴訟により精算金(既払い金)返還損害賠償慰謝料が認められました。
  • 法的手続きにより工務店との契約解除の解決ができました。

*IJSは工務店との契約解除手続きを支援します。

*IJSは工務店との契約解除にともなう精算、損害、慰謝等を確定する検証作業を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話