HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 工務店が工事請負契約後に契約内容を守らな...

工務店が工事請負契約後に契約内容を守らない場合の対処についての相談

相談内容

  • 工務店が工事請負契約後に契約内容を守ってくれません。
  • 工務店は契約内容通りの工事を行ってくれません。
  • 工務店は契約内容通りの工期で工事を進めてくれません。
  • 工務店は契約内容通りの工事費用では工事ができないと言い出しました。
  • 工務店は文句があるなら工事を止めるとも言い出しました。
  • 工務店は工事を止める場合には損害賠償を求めるとも言い出しました。
  • 工務店に契約内容を守るように申し入れても聞き入れてもらえません。
  • 工務店の言いなりで工事を続けることになってしまいそうです。
  • 工務店に対してどのように対処したら良いか教えて下さい。

ご相談へのIJSの回答

  • 工務店が工事請負契約後に契約内容を守らないことはよくある事例です。
  • 工務店が契約内容を守らないトラブルには原因があります。
  1. 工務店との工事請負契約がずさんな契約であった場合。
  2. 設計図面・仕様書・明細見積書などでの合意ができていない状況にも関わらず工務店の都合で契約をしてしまった場合。
  • この原因により工務店が契約内容を守らないトラブルが発生しています。
  • 工務店が契約内容を守らない場合、工務店と契約内容の再確認を行うことが必要です。
  • 工務店が契約内容の再確認に応じない場合には、契約解除が必要になる場合もあると思います。

IJSの解決策

  • 工務店との工事請負契約が妥当な契約であったか否かを確認しました。
  • 工務店との工事請負契約の問題点を検証しました。
  • 工務店との工事請負契約自体がトラブルの原因であったことを確認しました。
  • 工務店との工事請負契約が手続き上不当であったことを確認しました。
  • 工務店の工事請負契約の不履行を確認しました。
  • 工務店の工事請負契約における違法行為を確認しました。

IJSの成果

  • 工務店に工事請負契約の契約約款不履行が債務不履行に該当することを指摘して契約内容を履行するように是正を求めました。
  • 工務店に工事請負契約の手続き上の違法性が債務不履行に該当することを指摘して契約内容を履行するように求めました。
  • 契約内容を履行しない場合、契約解除と損害賠償を法的手続きにより求めることを工務店に告知しました。
  • この告知により工務店に契約内容を履行させることができました。

*IJSは契約内容を守らない工務店に契約内容を遵守させる為の調査から支援します。

*IJSは契約内容を守らない工務店に契約内容を遵守させる為の手続きを支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話