HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 契約をした工務店の無責任な現場監理につい...

契約をした工務店の無責任な現場監理についての相談

相談内容

  • 契約をした工務店が現場運営をしていないようです。
  • 現場監督は契約をした工務店の社員ではないようです。
  • 現場に居る工事人は、契約をした工務店からではなく現場監督から仕事を請負っているようです。
  • 契約をした工務店は工事の時期を定めた工程表の提示に応じてくれません。
  • 契約をした工務店は工事を担当する業者名簿の提示にも応じてくれません。
  • 現場監理が雑で工事の品質が悪いように見えて心配です。

ご相談へのIJSの回答

  • 契約をした工務店が一括下請負(丸投げ)を行っている典型的な事例です。
  • 一括下請負(丸投げ)は建設業法で禁じられています。
  • 一括下請負(丸投げ)は「中間搾取、工事の質の低下、施工責任の不明確化」を招きます。したがって、法律で固く禁じられています。
  • 一括下請負の工事はコスト高となっています。
  • 一括下請負は工事の質がかなり悪くなっています。
  • 一括下請負は施工責任が不明確となっています。
  • 一括下請負(丸投げ)をしている工務店との契約は即刻解除するべきです。

IJSの解決策

  • 一括下請負の事実を確認、検証しました。
  • 工務店との契約解除を法的に行いました。
  • 工務店との契約解除にともなう損害賠償請求、慰謝料請求を法的に行いました。

解決策の成果

  • 工務店との契約解除ができました。
  • 工務店から損害賠償金を取ることができました。
  • 工務店から慰謝料を取ることができました。
  • IJSの提携工務店が工事を継承し、住宅を完成させることができました。
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話