HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 欠陥住宅の損害賠償請求についての相談

欠陥住宅の損害賠償請求についての相談

相談内容

  • 工務店から引渡を受けた住宅が欠陥住宅です。
  • 工務店は欠陥住宅であることを認めません。
  • 工務店は欠陥ではないと主張しています。
  • 欠陥住宅として損害賠償には応じないと主張しています。
  • 欠陥住宅として損害賠償請求をする方法はありますか。

ご相談へのIJSの回答

  • 欠陥住宅であることを検証し特定することが必要です。
  • 欠陥住宅となった原因が工務店の違法行為に起因することを検証し特定することが必要です。
  • この特定ができれば損害賠償請求は可能です。

IJSの解決策

  • 欠陥住宅であることを技術者により検証し特定しました。
  • 欠陥住宅となった原因が、工務店の違法行為、義務違反に起因していることを検証し特定しました。
  • 法的手続きにより工務店に損害賠償請求を行いました。

IJSの成果

  • 工務店に対して欠陥住宅の損害賠償請求訴訟を提起しました。
  • 訴訟により工務店に損害賠償金を支払わせることができました。
  • 欠陥住宅となった原因が工務店の違法行為、義務違反に起因していることを訴訟で明らかにしたことで、損害賠償請求がほぼ全額認められました。
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話