HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 完成した建物が設計図面通りにできていない...

完成した建物が設計図面通りにできていない時の対処方法についての相談

相談内容

  • 完成した建物が、契約時の図面通りにできていません。
  • 工務店は工事途中で提示した図面通りにできているので問題ないと主張しています。
  • 工務店は工事途中に勝手に設計内容を変更した図面を作成していました。
  • 工務店からは設計内容の変更について説明はありませんでした。
  • 工務店は工事中に設計図面について意見を言わなければ対処の使用が無いと聞く耳を持ちません。意見を言わない建築主に責任があると言っています。
  • 工務店は契約時の図面通りに直す場合、工事費用を請求すると言っています。
  • 納得が行きません。対処方法を教えて下さい。

ご相談へのIJSの回答

  • 工務店が契約時の図面通りに施工していないのは契約不履行に当たります。
  • 工務店が設計図面を勝手に変更した事実の検証が重要です。
  • 工務店が設計図面の変更内容を説明していない事実の検証が重要です。
  • 工務店が設計図面通りにできていないことを報告していない事実の検証が重要です。
  • 前述の3項目は建築関連法規違反です。
  • 建築関連法規違反が確認できる場合には法的手続きによる解決が効果的手段です。
  • 法的手続きによる解決とは「損害賠償請求、慰謝料請求」による解決です。

IJSの解決策

  • 工務店が『設計図面を勝手に変更した事実』『設計図面の変更内容を説明していない事実』『契約時の設計図面通りにできていないことを報告していない事実』の3点が事実であるか否かを検証しました。
  • 工務店の建築士が建築士に義務付けられた法的義務を履行したか否かを検証しました。
  • 工務店から提示された設計図面が法的に有効な図面であるか否かを検証しました。

IJSの成果

  • 工務店に対しての損害賠償請求・慰謝料請求の訴訟で解決しました。
  • 工務店の建築関連法規違反が認められ、損害賠償の支払が認められました。
  • 工務店の建築関連法規違反が認められ、慰謝料の支払が認められました。

*完成した建物が契約時の設計図面通りにできていない場合、建築主が了解をしていなければ違法行為となります。

*この場合、法的手続きによる解決が必要となりますので個人での対処は困難です。

※IJSがご支援します。ご相談下さい。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話