HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 契約後に、工務店の営業との約束を反故にさ...

契約後に、工務店の営業との約束を反故にされたケースの相談

相談内容

  • 契約後、契約前に工務店の営業担当と約束をしたことを反故にされました。
  • 契約をすれば「契約金額のなかで増額なしで要望を受け入れる」との約束を反故にされました。
  • 要望通りの施工をする場合、プラス80万円の費用が掛かると言われ困っています。
  • 工務店の社長は「営業担当が言ったことかもしれませんが、契約書に明記されていない以上、別途80万円の費用を請求します。」と簡単にかたづけられてしまいました。
  • どのように対処をしたらよいか教えてください。

 

ご相談へのIJSの回答

  • 契約を急ぐ場合に営業がよく使う手口です。証拠がない以上、要求を正当化することができません。要求を実行させることも困難です。
  • このような業者の場合、契約手続きに違法行為があることが普通です。
  • 違法行為を検証し「契約解除」・「契約金の返還」を法的に行うことが解決への近道です。

 

IJSの解決策

  • 業者の契約手続きの違法行為を検証しました。
  • 「契約解除」・「契約金の返還」・「損害賠償」の訴訟で解決しました。
  • 「損害賠償」には慰謝料分の費用も計上して賠償を求めました。

 

解決策の成果

  • 納得の行く金額の賠償を求めることができましたので、工務店との契約解除で損害がでることはありませんでした。
  • IJSの提携工務店と再契約をして工事の再開ができました。
  • 紛争の原因となった要望も予算内で契約をしてもらうことができました。
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話