HOME > 消費者保護につながる住宅業界の非公開情報 > 建築トラブルでよくある『施工不良』の原因...

建築トラブルでよくある『施工不良』の原因を知っていますか?

2020.08.13

よくある施工不良は5つに分類できます。

  1. 施工方法が雑なことによる施工不良
  2. 施工仕上がりが下手なことによる施工不良
  3. 施工管理不履行による施工不良
  4. 工事監理不履行による施工不良
  5. 法令違反による施工不良

よくある施工不良の状況は以下の通りです。

  • 施工方法が雑なことによる施工不良
  • 釘打ち板張り等の許容範囲を超えた雑さによる施工不良。
  • 施工仕上がりが下手なことによる施工不良
  • キズ汚れ等が許容範囲を超えた下手さによる施工不良。
  • 施工管理不履行による施工不良
  • ⇒管理者不在による丸投げ手抜き施工による施工不良。
  • 工事監理不履行による施工不良
  • ⇒監理者不在による設計図を無視した施工による施工不良。
  • 法令違反による施工不良
  • ⇒法令違反を隠すための勝手な用途変更等の施工による施工不良。

 

よくある施工不良の予防は簡単です。

  • 工事請負契約時の施工管理の義務付けにより、雑さ下手さ管理不履行による施工不良は予防できます。
  • 工事請負契約時に施工管理方法報告を約しておくことが重要です。
  • 工事請負契約時の工事監理の義務付けにより、監理不履行法令違反による施工不良は予防できます。
  • 工事請負契約時に工事監理方法報告を約しておくことが必要です。
  • 施行管理工事監理を義務付ければ施工不良は予防できます。
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話