建築トラブルご相談事例

HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例

建築トラブルの訴訟を和解で解決するべきかどうかについての相談

相談内容

  • 住宅建築でトラブルになりました。
  • 業者と協議ができる状況ではありません。
  • 業者と協議ができる状況ではないため訴訟に踏み切りました。
  • 時間がかかってもいいので訴訟で解決しようと思っています。
  • しかし訴訟をどのように進めればいいのかがわかりません。
  • 建築トラブルを訴訟で解決する場合の流れを教えて下さい。

 

IJSの対処

  • 建築トラブルの訴訟がどのように進められるかをお教えしました。
  • ⇒訴訟の申立で訴訟が始まります。
  • ⇒準備書面による弁論で主張を行います。
  • ⇒準備書面による弁論で反論を行います。
  • ⇒専門委員による所見にもとづき弁論を行います。
  • ⇒裁判官と専門委員が現場見分を行います。
  • ⇒裁判官が和解案を提示します。
  • ⇒和解案に合意する場合、訴訟は終結します。
  • ⇒和解案に合意しない場合、訴訟は継続され尋問を行います。
  • ⇒尋問の後、判決を行います。
  • ⇒判決に不服の場合、上告審で訴訟を継続します。

 

IJSの解決策

  • IJSが建築トラブルの訴訟を和解で解決するメリットをお教えしました。
  1. 和解なら、訴訟が早く終わる。
  2. 和解なら、一定の賠償金等を手にできる。
  3. 和解なら、上告される心配がない。

 

IJSの成果

  • IJSが「建築トラブルの訴訟は80%くらいが和解で解決している」とお教えしました。
  • IJSが和解を前提とした訴訟を提案しました。
  • IJSが和解を前提とした訴訟の準備を進めました。
  • ⇒IJSが和解を前提とした立証証拠の準備を進めました。
  • ⇒IJSが和解を前提とした損害証拠の準備を進めました。
  • ⇒IJSが和解を前提とした損害額評価の準備を進めました。
  • IJSが和解を前提とした一定賠償額の取得による早期解決の方向性を確認しました。
  • IJSが弁護士に「建築トラブルの訴訟を和解で早期解決したい」と説明するための準備を進めました。
  • IJSが「建築トラブルの訴訟を和解で解決し、一定の納得度で早く終わらせた方がいい」とをお教えしました。

 

*IJSは建築トラブル訴訟の和解解決を支援します。

*IJSは建築トラブル訴訟の早期解決を支援します。

建築トラブルの訴訟の準備についての相談

相談内容

  • 住宅建築でトラブルになりました。
  • 業者と協議ができる状況ではありません。
  • 業者と協議ができる状況ではないため訴訟を考えています。
  • 時間がかかってもいいので訴訟で解決しようと思っています。
  • しかし訴訟の準備の仕方がわかりません。
  • 訴訟の準備にはどのくらいの期間がかかるでしょうか?
  • 訴訟の準備は自分ひとりでもできるでしょうか?
  • 訴訟の準備を相談できるところはあるでしょうか?
  • 訴訟の準備の仕方を教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが建築トラブルを訴訟で解決する場合の準備の手順をお教えしました。
  • ⇒IJSが「建築トラブルの当事者を検証する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「建築トラブルの経緯を検証する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「建築トラブルの状況を検証する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「建築トラブルの原因を検証する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「建築トラブルの損害を検証する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「建築トラブルの損害額を検証する必要がある」とお教えしました。
  • IJSが「上記の検証期間で訴訟の準備期間が決まる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが建築トラブルの検証を行いました。
  • IJSが建築トラブルの検証証拠の整理を行いました。
  • IJSが検証と検証証拠にもとづいた調査報告書を準備しました。
  • IJSが準備をもとに弁護士との法律相談を支援しました。
  • 弁護士に訴訟の準備を進めてもらいました。
  • 弁護士に訴訟の申立を進めてもらいました。
  • IJSによる建築トラブルの検証から弁護士による訴訟の申立までを1か月で行いました。

 

IJSの成果

  • IJSが訴訟の検証を10日間で行いました。
  • IJSの訴訟の検証にもとづき、弁護士が訴訟の提起を20日間で準備しました。
  • 建築トラブルの訴訟の準備期間は、訴訟の検証に要する期間で決まります。
  • ⇒訴訟の検証を速やかに完了させるためには建築トラブルの専門家に依頼する必要があります。
  • 建築トラブルの訴訟の準備期間は、訴訟の申立に要する期間で決まります。
  • ⇒訴訟の申立を速やかに完了させるためには建築トラブルに強い弁護士に依頼する必要があります。
  • IJSが建築トラブルの専門家として訴訟の検証を短期間で完了させました。
  • IJSが建築トラブルに強い弁護士を紹介しました。
  • IJSが速やかな建築トラブルの訴訟の準備を支援しました。

 

*IJSは建築トラブルの訴訟の準備を支援します。

*IJSは訴訟の準備に必要となるトラブルの検証を支援します。

建築トラブルで調停を申立てられた時の対処についての相談

相談内容

  • 住宅建築で建築トラブルになりました。
  • 住宅建築を依頼した業者から調停を申立てられました。
  • 住宅建築を依頼した業者から調停を申立てられたので困っています。
  • 申立てられた調停の内容は事実と相違しています。
  • 申立てられた調停の内容は業者に都合のいいことしか書かれていません。
  • 調停で損害賠償も求められています。
  • しかし業者から調停を申立てられた時の対処の仕方がわかりません。
  • 業者から調停を申立てられた時の対処の仕方を教えて下さい。

 

IJSの対処

  • 建築トラブルで調停を申立てられても、慌てないことが重要です。
  • 建築トラブルで調停を申立てられても、ひとりで悩まないことが重要です。
  • 建築トラブルで調停を申立てられたら、専門家に相談することが重要です。
  • 建築トラブルで調停を申立てられたら、申立ての内容を確認することが重要です。
  • 調停には強制力があるわけではないため、落ち着いて対処する必要があります。
  • 調停は調停委員を介して話合いをするだけです。
  • 調停の出頭は義務ではありません。
  • 調停に絶対応じなければいけないわけではません。
  • そもそも調停で建築トラブルが解決することはほとんどありません。

 

IJSの解決策

  • IJSが調停申立の内容を確認しました。
  • ⇒調停申立の経緯を確認しました。
  • ⇒調停申立の原因を確認しました。
  • ⇒調停申立の請求内容を確認しました。
  • IJSが「調停に応じる必要はあるか?」を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが「調停の申立て内容に妥当性がない」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「調停の申立て内容に偽りがある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「建築トラブルの原因が申立人側にある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「調停に応じる必要がない」と判断しました。
  • IJSが「調停に応じる意味がない」と判断しました。
  • IJSが「調停に応じず不調とすることが適当である」と判断しました。
  • IJSが「調停に応じず訴訟で対処することが適当である」と判断しました。
  • IJSの判断を弁護士に確認してもらいました。
  • IJSの判断にもとづき、弁護士に契約解除の手続きを進めてもらいました。
  • IJSの判断にもとづき、弁護士に訴訟での対処を進めてもらいました。
  • 結果として業者からの調停申立の拒否は適切な判断でした。
  • 結果として訴訟での対処は適切な判断でした。

 

*IJSは調停を申立てられた時の対処を支援します。

*IJSは調停を拒否して訴訟で対処する準備を支援します。

設計者から訴訟を起こされた時の対処についての相談

相談内容

  • 設計者から訴訟を起こされました。
  • ⇒訴状の内容は事実と相違しています。
  • ⇒訴状の内容は設計者に都合のいいことだけです。
  • ⇒そもそも設計者から損害賠償を求められる道理もありません。
  • しかし工務店からの訴訟にどう対処したらいいかがわかりません。
  • どうしたらいいかがわからないので慌ててしまっています。
  • どうしたらいいかがわからないので困ってしまっています。
  • 設計者からの訴訟にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対処

  • 設計者から訴訟を起こされた時は、慌てないことが重要です。
  • 設計者から訴訟を起こされた時は、ひとりで悩まないことが重要です。
  • 設計者から訴訟を起こされた時は、専門家に相談することが重要です。
  • 設計者から訴訟を起こされた時は、訴状の内容を確認することが重要です。
  • 一般的に設計者は設計業務費用の支払い請求を目的に訴訟を起こします。
  • 「設計者の設計業務費用の支払い請求が事実と相違していないか?」を専門家に相談して確認する必要があります。

 

IJSの解決策

  • IJSが訴状の請求内容を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の経緯を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の原因を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の金額を確認しました。
  • IJSが訴状の請求内容に関する証拠を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の経緯の証拠を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の原因の証拠を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の金額の証拠を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが「訴状の請求内容に妥当性がない」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「訴状の請求内容に虚偽がある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「訴訟の原因が設計者の義務不履行にある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「訴訟の原因が設計者の法令違反にある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「訴訟の原因が設計者の債務不履行にある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「設計者の義務不履行法令違反債務不履行により、逆に損害を被っている」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「設計者が設計業務費用の支払い請求をできる契約になっていない」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「設計者の成果物精算の請求には規定がある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSの立証にもとづいて弁護士に訴訟の対処を進めてもらいました。
  • IJSの立証にもとづいて弁護士に反訴の対処を進めてもらいました。
  • IJSと弁護士に相談したことで適切に設計者からの訴訟に対処ができました。

 

*IJSは設計者から訴訟を起こされた時の対処の準備を支援します。

*IJSは設計者から訴訟を起こされた時の不安の解決を支援します。

工務店から訴訟を起こされた時の対処についての相談

相談内容

  • 工務店から訴訟を起こされました。
  • ⇒訴状の内容は事実と相違しています。
  • ⇒訴状の内容は工務店に都合のいいことだけです。
  • ⇒そもそも工務店から損害賠償を求められる道理もありません。
  • しかし工務店からの訴訟にどう対処したらいいかがわかりません。
  • どうしたらいいかがわからないので慌ててしまっています。
  • どうしたらいいかがわからないので困ってしまっています。
  • 工務店からの訴訟にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対処

  • 工務店から訴訟を起こされた時は、慌てないことが重要です。
  • 工務店から訴訟を起こされた時は、ひとりで悩まないことが重要です。
  • 工務店から訴訟を起こされた時は、専門家に相談することが重要です。
  • 工務店から訴訟を起こされた時は、訴状の内容を確認することが重要です。
  • 一般的に工務店は工事費用の支払い請求を目的に訴訟を起こします。
  • 「工務店の工事費用の支払い請求が事実と相違していないか?」を専門家に相談して確認する必要があります。

 

IJSの解決策

  • IJSが訴状の請求内容を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の経緯を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の原因を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の金額を確認しました。
  • IJSが訴状の請求内容に関連する証拠を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の経緯の証拠を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の原因の証拠を確認しました。
  • ⇒IJSが請求の金額の証拠を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが「訴状の請求内容に妥当性がない」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「訴状の請求内容に虚偽がある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「訴訟の原因が工務店の義務不履行にある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「訴訟の原因が工務店の法令違反にある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「訴訟の原因が工務店の債務不履行にある」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSが「工務店の義務不履行法令違反債務不履行により、逆に損害を被っている」と証拠にもとづいて立証しました。
  • IJSの立証にもとづいて弁護士に訴訟の対処を進めてもらいました。
  • IJSと弁護士に相談したことで適切に工務店からの訴訟に対処ができました。

 

*IJSは工務店から訴訟を起こされた時の対処の準備を支援します。

*IJSは工務店から訴訟を起こされた時の不安解決を支援します。

弁護士に建築トラブルを説明する方法についての相談

相談内容

  • 建築トラブルを弁護士に相談をしたいと思っています。
  • しかし弁護士との法律相談で「何を説明すればいいか?」がわかりません。
  • ⇒弁護士との法律相談で「どのように説明すればいいか?」がわかりません。
  • ⇒弁護士との法律相談で「何にもとづいて説明すればいいか?」がわかりません。
  • ⇒弁護士との法律相談で「何を準備して説明すればいいか?」がわかりません。
  • 弁護士との法律相談で建築トラブルを手際よく説明する方法を教えてください。

 

IJSの対処

  • IJSが「法律相談で何を説明すればいいか?」をお教えしました。
  • IJSが「法律相談でどのように説明すればいいか?」をお教えしました。
  • IJSが「法律相談で何にもとづいて説明すればいいか?」をお教えしました。
  • IJSが「法律相談の説明のために何を準備すればいいか?」をお教えしました。
  • IJSが法律相談での説明の仕方をお教えしました。
  • IJSが法律相談で建築トラブルを手際のよく説明する方法をお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが建築トラブルを弁護士に説明する時に必要となる証拠資料をお教えしました。
  1. 建築トラブルの状況
  2. 建築トラブルの原因
  3. 建築トラブルの責任の所在
  4. 建築トラブルの実損(損害)
  5. 建築トラブルの実損額(被害額)
  • 上記が建築トラブルを弁護士に説明する時に必要となる準備です。

 

IJSの成果

  • IJSが弁護士に建築トラブルを説明する方法を支援しました。
  • ⇒建築トラブルの状況を説明する調査報告書を準備しました。
  • ⇒建築トラブルの原因を説明する調査報告書を準備しました。
  • ⇒建築トラブルの責任の所在を理解できる調査報告書を準備しました。
  • ⇒建築トラブルの実損(損害)を理解できる調査報告書を準備しました。
  • ⇒建築トラブルの実損額(被害額)を理解できる調査報告書を準備しました。
  • IJSの支援の結果、弁護士との法律相談で建築トラブルを手際よく説明することができました。
  • IJSの支援の結果、弁護士に建築トラブルを理解してもらうことができました。

 

*IJSは建築トラブルを弁護士に説明する準備を支援します。

*IJSは建築トラブルを弁護士に説明する調査報告書の作成を支援します。

弁護士との法律相談における事前準備についての相談

相談内容

  • 建築トラブルで弁護士に法律相談をしたいと思っています。
  • しかし弁護士に法律相談をする時の準備の仕方がわかりません。
  • ⇒「弁護士との法律相談で何を聞けばいいか?」がわかりません。
  • ⇒「弁護士との法律相談で何をすればいいか?」がわかりません。
  • ⇒「弁護士との法律相談をどう進めればいいか?」がわかりません。
  • ⇒「弁護士との法律相談で何を準備すればいいか?」がわかりません。
  • 弁護士との法律相談を手際よく進めるための準備の仕方を教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが「法律相談で何を聞けばいいか?」をお教えしました。
  • IJSが「法律相談で何をすればいいか?」をお教えしました。
  • IJSが「法律相談でどうすればいいか?」をお教えしました。
  • IJSが「法律相談で何を準備すればいいか?」をお教えしました。
  • IJSが弁護士との法律相談を手際よく進めるための準備の仕方をお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが建築トラブルで弁護士に相談する前に準備しておくべきことをお教えしました。
  1. 建築トラブルの状況
  2. 建築トラブルの原因
  3. 建築トラブルの責任の所在
  4. 建築トラブルの実損(損害)
  5. 建築トラブルの実損額(被害額)
  • 上記が建築トラブルで弁護士に相談する前に準備しなければならないことです。

 

IJSの成果

  • IJSが弁護士との法律相談で準備するべきことを支援しました。
  • 建築トラブルの状況を理解するのに必要な報告書の準備を支援しました。
  • 建築トラブルの原因を理解するのに必要な報告書の準備を支援しました。
  • 建築トラブルの責任の所在を理解するのに必要な報告書の準備を支援しました。
  • 建築トラブルの実損(損害)を理解するのに必要な報告書の準備を支援しました。
  • 建築トラブルの実損額(被害額)を理解するのに必要な報告書の準備を支援しました。
  • IJSが弁護士との法律相談で必要となる準備を支援したことで、法律相談を手際よく進めることができました。
  • IJSが弁護士との法律相談で必要となる報告書の準備を支援したことで、弁護士にいち早く問題解決の着手してもらうことができました。

 

*IJSは建築トラブルの法律相談で必要となる報告書の作成を支援します。

*IJSは建築トラブルの法律相談に必要な準備を支援します。

建築業者から訴えられた時の対処についての相談

相談内容

  • 建築業者とトラブルになりました。
  • ⇒建築業者と工事費用でトラブルになりました。
  • ⇒建築業者とトラブル解決の協議が難しい状況になりました。
  • ⇒その結果、建築業者から突然訴えられました。
  • しかし建築業者から訴えられた時の対処の仕方がわかりません。
  • 建築業者から訴えられた時の対処を誰に相談すればいいかもわかりません。
  • 建築業者から訴えられた時はどうしたらいいでしょうか?。
  • 建築業者から訴えられた時の対処の仕方を教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが訴状の内容を確認しました。
  • ⇒IJSが訴状の請求内容を確認しました。
  • ⇒IJSが訴状の主張内容を確認しました。
  • ⇒IJSが訴状の証拠資料を確認しました。
  • ⇒IJSが「訴状の内容が事実にもとづいているか?」を確認しました。
  • IJSが弁護士に委任した場合の対処の仕方を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「訴状の内容が事実と相違している」と確認しました。
  • ⇒IJSが「訴状の請求内容が事実と相違している」と確認しました。
  • ⇒IJSが「訴状の主張内容が事実と相違している」と確認しました。
  • ⇒IJSが「訴状の証拠資料が事実と相違している」と確認しました。
  • ⇒IJSが「訴状の内容が事実にもとづいていない」と確認しました。
  • 上記を踏まえ、IJSが弁護士委任による対処の仕方をお教えしました。
  • 上記を踏まえ、IJSが弁護士選定の仕方をお教えしました。

 

IJSの成果

  • IJSが弁護士選定を支援しました。
  • IJSが弁護士委任を支援しました。
  • IJSが訴状の内容の問題点を指摘しました。
  • ⇒IJSが訴状の請求内容の問題点を指摘しました。
  • ⇒IJSが訴状の主張内容の問題点を指摘しました。
  • ⇒IJSが訴状の証拠資料の問題点を指摘しました。
  • IJSが「訴状の内容が事実にもとづいていない」と指摘しました。
  • IJSの支援により、弁護士と法律相談ができました。
  • IJSの支援により、弁護士の事実認識を得られました。
  • IJSの確認・支援・調査にもとづいて弁護士に訴訟への対処を進めてもらえました。
  • IJSに相談した結果、納得のいく形で対処を進めてもらえました。

 

*IJSは建築業者から訴えられた時の対処を支援します。

*IJSは建築業者から訴えられた時の弁護士選定を支援します。

設計事務所とのトラブル対処についての相談

相談内容

  • 設計事務所と契約直後にトラブルになりました。
  • ⇒契約直後、設計事務所は契約前の約束を履行しませんでした。
  • ⇒契約直後、設計事務所は契約前の約束を守りませんでした。
  • 設計事務所に騙されました。
  • しかし設計事務所に騙された時の対処の仕方がわかりません。
  • 設計事務所に騙された時は誰に相談すればいいでしょうか?
  • 設計事務所に騙された時は被った損害分の賠償請求をできるでしょうか?
  • 設計事務所に騙された時はどのように解決すればいいでしょうか?
  • 設計事務所に騙された時の対処を教えてください。

 

IJSの対処

  • IJSが騙された状況を確認しました。
  • ⇒IJSが契約前の約束を確認しました。
  • ⇒IJSが契約前の約束の履行状況を確認しました。
  • ⇒IJSが契約前の約束が約束できる内容か否かを確認しました。
  • ⇒IJSが契約前の約束があったか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが設計事務所に騙されたか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが設計事務所の「契約の後でも希望通りの設計にできる」という発言に裏付けがないことを確認しました。
  • IJSが設計事務所の「契約の後でも希望通りの仕様にできる」という発言に裏付けがないことを確認しました。
  • IJSが設計事務所の「契約の後でも希望通りの予算にできる」という発言に裏付けがないことを確認しました。
  • IJSの確認の結果、「設計事務所が契約を取るために契約前に裏付けがないことを言っていた」とわかりました。

 

IJSの成果

  • IJSの確認の結果、「設計事務所に騙された」とわかりました。
  • IJSの確認の結果、「設計事務所が契約前の約束を守っていない」とわかりました。
  • 設計事務所は建築設計監理業務委託契約約款を提示せずに契約を急がせていました。
  • 設計事務所は設計業務委託書を提示せずに契約を急がせていました。
  • 設計事務所は監理業務委託書を提示せずに契約を急がせていました。
  • 設計事務所は契約内容や契約業務の手続きがわからないようにしていました。
  • 設計事務所が「約束を守らなくても問題にならないような契約の中身にしていた」とわかりました。
  • ⇒その結果、希望の設計になっていませんでした。
  • ⇒その結果、希望の仕様になっていませんでした。
  • ⇒その結果、希望の予算になっていませんでした。
  • IJSの確認により、「希望が盛り込まれていない不適切な契約になっており、設計事務所に騙された」とわかりました。
  • IJSの確認により、「設計事務所の義務不履行法令違反による契約違反(債務不履行)が多々ある」とわかりました。
  • IJSの調査にもとづき、弁護士に委任をして契約解除成果物精算による契約金の返還請求を進めてもらいました。

 

*IJSは設計事務所に騙された時の状況調査を支援します。

*IJSは設計事務所に騙された時のトラブル解決を支援します。

工務店とのトラブルの対処についての相談

相談内容

  • 工務店と契約直後にトラブルになりました。
  • ⇒契約直後、工務店は契約前の約束を履行しませんでした。
  • ⇒契約直後、工務店は契約前の約束を守りませんでした。
  • 工務店に騙されました。
  • しかし工務店に騙された時の対処の仕方がわかりません。
  • 工務店に騙された時は誰に相談すればいいでしょうか?
  • 工務店に騙された時は被った損害分の賠償請求をできるでしょうか?
  • 工務店に騙された時はどのように解決すればいいでしょうか?
  • 工務店に騙された時の対処を教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが騙された状況を確認しました。
  • ⇒IJSが契約前の約束を確認しました。
  • ⇒IJSが契約前の約束の履行状況を確認しました。
  • ⇒IJSが契約前の約束が約束できる内容か否かを確認しました。
  • ⇒IJSが契約前の約束があったか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが工務店に騙されたか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが工務店の「いま契約すれば〇〇万円安くできる」という発言に裏付けがないことを確認しました。
  • IJSが工務店の「いまならキャンペーンで〇〇万円分のサービスできる」という発言に裏付けがないことを確認しました。
  • IJSが工務店の「いま契約しなければ安くできない」という発言に裏付けがないことを確認しました。
  • IJSが不適切な契約か否かを確認しました。
  • ⇒IJSの確認の結果、「不適切な契約である」とわかりました。

 

IJSの成果

  • IJSの確認の結果、「工務店に騙された」とわかりました。
  • IJSの確認の結果、「工務店が契約前の約束を守っていない」とわかりました。
  • ⇒工務店は基本説明図面を提示せずに契約を強要していました。
  • ⇒工務店は仕様書を提示せずに契約を強要していました。
  • ⇒工務店は工事費内訳明細書を提示せずに契約を強要していました。
  • 「工務店が基本設計図面仕様書工事費内訳明細書を提示していないため、当該工事請負契約の請負代金の内容がわからない状態で契約を強要している」とわかりました。
  • ⇒その結果、請負代金の妥当性がわからないようになっていました。
  • ⇒その結果、工務店の「〇〇万円安くする」という発言は嘘でした。
  • ⇒その結果、工務店の「〇〇万円分のサービスをする」という発言が嘘でした。
  • ⇒その結果、工務店の「お安くする」という発言が嘘でした。
  • IJSの調査により、「不適切な請負代金の契約で工務店に騙されている」とわかりました。
  • IJSの調査により、「工務店に不当利得の請求をされている」とわかりました。
  • IJSの調査にもとづき、弁護士に委任をして契約解除出来高精算による契約金の返還請求を進めてもらいました。

 

*IJSは工務店に騙された時の状況調査を支援します。

*IJSは工務店に騙された時のトラブル解決を支援します。

1 2 3 4 5 6 33
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話