消費者保護につながる住宅業界の非公開情報

HOME > 消費者保護につながる住宅業界の非公開情報

建築トラブルの訴訟は準備が重要であることを知っていますか?

2024.05.21

建築トラブルの訴訟の前に行うべきことを知っていますか?

  • 建築トラブルの当事者に以下を書面で告知をしておく必要があります。
  1. 建築トラブルの状況の告知
  2. 建築トラブルの是正の告知
  3. 建築トラブルの損害の告知
  4. 建築トラブルの損害額の告知
  • 告知をした上で応じない場合に備え、事実確認をしておく必要もあります。

 

建築トラブルの訴訟には準備が必要であることを知っていますか?

  • 建築トラブルの訴訟の準備は以下の通りです。
  1. 建築トラブルの当事者を明らかにする準備
  2. 建築トラブルの経緯を明らかにする準備
  3. 建築トラブルの状況を明らかにする準備
  4. 建築トラブルの原因を明らかにする準備
  5. 建築トラブルの損害を明らかにする準備
  6. 建築トラブルの損害額を明らかにする準備
  • 準備精度立証精度によって訴訟の優劣が決まります。

 

建築トラブルの訴訟は準備が重要であることを知っていますか?

  • 建築トラブルの訴訟は、訴訟を起こす者に立証責任が課されます。
  • 建築トラブルの訴訟は、訴訟を起こす者の立証精度によって優劣が決まります。
  • 建築トラブルの訴訟の準備では、建築トラブルの当事者経緯状況原因損害損害額を証拠にもとづいて立証しなければいけません。
  • ただし立証には建築の専門知識が必要です。
  • そのため建築トラブルの訴訟は弁護士に相談する前に建築の専門家に上記を立証をしてもらう必要があります。
  • この立証が訴訟の準備です。

建築トラブルは調停で解決できないことを知っていますか?

2024.05.05

調停では何をするかを知っていますか?

  • 調停では問題を解決するための話し合いを行います。
  • 調停の話し合いは裁判所で行います。
  • 調停の話し合いは調停委員を介して行います。
  • 調停の話し合いは調停委員とだけ行います。
  • 調停の話し合いは相手方とは行いません。
  • 調停の話し合いは問題の白黒をはっきりさせません。
  • 調停の話し合いは調停委員が無難な判断をするだけです。

 

調停には強制力がないことを知っていますか?

  • 調停強制力はありません。
  • 調停には必ずしも出頭する必要はありません。
  • 調停には必ずしも応じる必要はありません。
  • 調停委員に強制力のある権限はありません。
  • 調停委員に賠償等を命じる権限はありません。
  • 調停は裁判所で調停委員と任意の話し合いをするだけです。

 

調停では建築トラブルが解決しないことを知っていますか?

  • 調停で建築トラブルが解決することはほとんどありません。
  • 調停は調停委員と任意の話し合いをするだけだからです。
  • 調停強制力がある訳ではないからです。
  • ⇒調停委員に強制力のある権限がある訳ではないからです。
  • ⇒調停委員が強制力を持って白黒の判断をする訳ではないからです。
  • ⇒調停委員が賠償判断をする訳ではないからです。
  • ⇒調停委員は話し合いのなかで無難な判断をするだけだからです。
  • 調停は不調になることが一般的です。
  • そして調停が不調になると訴訟に至ることが一般的です。

設計者から訴訟を起こされた時の対処を知っていますか?

2024.04.20

設計者が何を訴えるか知っていますか?

  • 設計者はお金の支払いで訴訟を起こします。
  • ⇒設計者は設計業務報酬の支払いを求めて訴訟を起こします。
  • ⇒設計者は設計業務でかかった対価の支払いを求めて訴訟を起こします。
  • 基本的に設計者はお金の支払い以外で訴訟を起こすことはありません。
  • ちなみに設計者は設計費用を名目にして訴訟を起こします。
  • ちなみに設計者は申請費用を名目にして訴訟を起こします。
  • ちなみに設計者は監理費用を名目にして訴訟を起こします。
  • ちなみに設計者は設計業務の請求権を名目にして訴訟を起こします。

 

設計者から訴訟を起こされた時はどう対処したらいいかを知っていますか?

  • 設計者から訴訟を起こされても慌てないことです。
  • 設計者から訴訟を起こされてもひとりで悩まないことです。
  • 設計者から訴訟を起こされたら、建築の専門家に相談する必要があります。
  • 設計者から訴訟を起こされたら、「何を請求しているか?」を確認する必要があります。
  • 設計者から訴訟を起こされたら、「何にもとづいて請求しているか?」を確認する必要があります。
  • 設計者から訴訟を起こされたら、請求理由の事実確認をする必要があります。
  • 設計者から訴訟を起こされたら「請求が契約にもとづいているか?」を確認する必要があります。

 

設計者から訴訟を起こされた時の対処を知っていますか?

  • 請求の経緯が事実と異なる」を立証します。
  • 請求の原因が事実と異なる」を立証します。
  • 請求の金額が事実と異なり、不当請求である」を立証します。
  • これらの立証にもとづいて反論の準備をする必要があります。
  • ただしこれらの立証には専門知識が必要であるため、建築業務の専門家に依頼をして立証してもらう必要があります。
  • ⇒建築業夢の専門家に証拠にもとづいて「請求の経緯が事実と相違している」と立証してもらう必要があります。
  • ⇒建築業夢の専門家に証拠にもとづいて「請求の原因が事実と相違している」と立証してもらう必要があります。
  • ⇒建築業夢の専門家に証拠にもとづいて「請求の金額が事実と相違しており、不当請求である」と立証してもらう必要があります。
  • これらの立証が設計者から訴訟を起こされた時の対処の仕方になります。

工務店から訴訟を起こされた時の対処の仕方を知っていますか?

2024.04.13

工務店が何を訴えるかを知っていますか?

  • 工務店はお金の支払いで訴訟を起こします。
  • ⇒工務店は未払い残金の支払いを求めて訴訟を起こします。
  • ⇒工務店は追加工事費用の支払いを求めて訴訟を起こします。
  • 基本的に工務店はお金の支払い以外で訴訟を起こすことはありません。
  • 工務店は工事の出来高にもとづいて訴訟を起こします。
  • 工務店は出来高の請求権にもとづいて訴訟を起こします。

 

工務店から訴訟を起こされた時はどう対処したらいいかを知っていますか?

  • 工務店から訴訟を起こされても慌てないことです。
  • 工務店から訴訟を起こされてもひとりで悩まないことです。
  • 工務店から訴訟を起こされたら、建築の専門家に相談する必要があります。
  • 工務店から訴訟を起こされたら、「何を請求しているか?」を確認する必要があります。
  • 工務店から訴訟を起こされたら、「何にもとづいて請求しているか?」を確認する必要があります。
  • 工務店から訴訟を起こされたら、請求理由の事実確認をする必要があります。
  • 工務店から訴訟を起こされたら「請求が契約にもとづいているか?」を確認する必要があります。

 

工務店から訴訟を起こされた時の対処の仕方を知っていますか?

  • 請求の経緯が事実と異なる」を立証します。
  • 請求の原因が事実と異なる」を立証します。
  • 請求の金額が事実と異なり、不当請求である」を立証します。
  • これらの立証にもとづいて反論の準備をする必要があります。
  • ただしこれらの立証には専門知識が必要であるため、建築実務の専門家に依頼をして立証してもらう必要があります。
  • ⇒建築実務の専門家に証拠にもとづいて「請求の経緯が事実と相違している」と立証してもらう必要があります。
  • ⇒建築実務の専門家に証拠にもとづいて「請求の原因が事実と相違している」と立証してもらう必要があります。
  • ⇒建築実務の専門家に証拠にもとづいて「請求の金額が事実と相違しており、不当請求である」と立証してもらう必要があります。
  • これらの立証が工務店から訴訟を起こされた時の対処の仕方になります。

建築トラブルを弁護士にどのように相談すればよいか知っていますか?

2024.03.27

弁護士には建築知識がないことを知っていますか?

  • 弁護士は建築知識を持ち合わせていないため以下を理解できません。
  1. 施工業務
  2. 代理業務
  3. 設計業務
  4. 監理業務
  • 弁護士は建築の専門家ではないため、建築トラブルを相談する時は理解してもらうための準備が必要です。

 

弁護士に建築トラブルを相談する時に何を準備すればいいかを知っていますか?

  • 工務店との建築トラブルの場合は以下の準備が必要です。
  1. 工事請負契約書
  2. 工事請負契約約款
  3. 基本設計図面
  4. 実施設計図面
  5. 仕様書
  6. 工事費内訳明細書
  • 弁護士に工務店との建築トラブルを相談する時は上記の成果物を準備する必要があります。
  • 建築士事務所との建築トラブルの場合は以下の準備が必要です。
  1. 設計監理業務委託契約書
  2. 設計監理業務委託契約約款
  3. 設計業務委託書
  4. 監理業務委託書
  5. 申請書類
  6. 設計成果物
  7. 工事監理報告書
  • 弁護士に建築士事務所との建築トラブルを相談する時は上記の契約書類を準備する必要があります。

 

弁護士に建築トラブルを相談する時は何にもとづいて相談すればいいかを知っていますか?

  • 建築トラブルは以下にもとづいて相談する必要があります。
  1. 状況
  2. 原因
  3. 責任の所在
  4. 実損
  5. 実損額
  • 建築トラブルは上記を準備してから弁護士に相談する必要があります。
  • 上記を準備してから相談をしないと、弁護士は建築トラブルを適切に理解できません。
  • 上記を準備してから相談をしないと、弁護士は建築トラブルを適切に判断できません。
  • 上記を準備してから弁護士と相談して下さい。

建築トラブルを弁護士に相談する前にやっておくべきことを知っていますか?

2024.03.13

建築トラブルを弁護士に相談する時に聞く準備が必要なことを知っていますか?

  • 建築トラブルを弁護士に相談する時は聞く準備が必要です。
  • ⇒弁護士に「何をすれば希望通りの解決ができるか?」を聞く準備です。
  • 建築トラブルを弁護士に相談する場合には聞く準備をしておかないと聞きたいことが聞けません。

 

建築トラブルを弁護士に相談する時に何を準備すればいいかを知っていますか?

  • 建築トラブルを弁護士に相談する時は以下を準備する必要があります。
  1. 業者との契約書
  2. 設計図書等の成果物
  3. トラブルの経緯がわかる資料
  4. トラブルの状況がわかる資料
  • 建築トラブルを弁護士に相談する時は相談の準備が必要です。

 

建築トラブルを弁護士に相談する前にやっておくべきことを知っていますか?

  • 建築トラブルを弁護士に理解してもらうために以下の準備が必要です。
  1. 建築トラブルの状況を説明する準備
  2. 建築トラブルの原因を説明する準備
  3. 建築トラブルの責任の所在を説明する準備
  4. 建築トラブルの実損(被害)を説明する準備
  5. 建築トラブルの実損額(被害額)を説明する準備
  • 上記の準備をしてから相談しないと、弁護士に建築トラブルの内容を理解してもらえません。
  • 弁護士は建築実務の専門家ではありません。
  • 建築トラブルの内容をわかりやす説明して弁護士に理解してもらわないと、相談を進められません。
  • 上記の準備が建築トラブルを弁護士に相談する前にやっておくべきことです。

悪徳な建築業者とのトラブルに対処する方法を知っていますか?

2024.02.29

悪徳な建築業者がトラブル対処時にどんな言動をするかを知っていますか?

  • 悪徳な建築業者のトラブル対処時の言動には特徴があります。
  • ⇒悪徳な建築業者はトラブル対処時に「発注者側に原因がある」と言い出します。
  • ⇒悪徳な建築業者はトラブル対処時に「工事の継続ができない」と言い出します。
  • ⇒悪徳な建築業者はトラブル対処時に「契約を解除する」と言い出します。
  • ⇒悪徳な建築業者はトラブル対処時に「損害を被っている」と言い出します。
  • ⇒悪徳な建築業者はトラブル対処時に「代理人を立てる」とい言い出します。
  • ⇒悪徳な建築業者はトラブル対処時に「訴訟をする」と言い出します。

 

どのような建築業者が訴訟を起こすかを知っていますか?

  • 課された義務を履行しない建築業者です。
  • 課された法令を遵守しない建築業者です。
  • 課された契約を遵守しない建築業者です。
  • 契約前の約束を守らない建築業者です。
  • 契約後の打合せを守らない建築業者です。
  • 契約後に施工不良を起こす建築業者です。
  • 契約後に工事代金トラブルを起こす建築業者です。

 

悪徳な建築業者から訴訟を起こされた時の対処の仕方を知っていますか?

  • 訴状を確認した上で証拠にもとづいて反論することです。
  • ⇒訴状の主張内容を確認した上で証拠にもとづき「事実と相違している」と反論することです。
  • ⇒訴状の請求内容を確認した上で証拠にもとづき「事実と相違している」と反論することです。
  • ⇒訴状の証拠資料を確認した上で証拠にもとづき「事実と相違している」と反論することです。
  • 訴状を確認した上で「訴状の内容・主張・請求・証拠が事実にもとづいていない」と立証する必要があります。
  • トラブルを起こす悪徳な建築業者に対処する場合は訴訟になる可能性が高いです。
  • 上記にもとづいて客観的に対処する必要があります。

トラブルを起こす設計事務所の特徴を知っていますか?

2024.02.25

悪徳な設計事務所が契約前にする騙しの手口を知っていますか?

  • 悪徳な設計事務所は契約前にした口頭約束を守らずトラブルを起こします。
  • ⇒悪徳な設計事務所は契約前に口頭約束した設計内容を守りません。
  • ⇒悪徳な設計事務所は契約前に口頭約束した設計仕様を守りません。
  • ⇒悪徳な設計事務所は契約前に口頭約束した希望予算を守りません。
  • 悪徳な設計事務所は契約前にできもしない口頭約束をします。
  • 悪徳な設計事務所はできもしない口頭約束をした上で契約を急がせます。

 

悪徳な設計事務所が契約前にする口頭約束の特徴を知っていますか?

  • 悪徳な設計事務所は「いま契約すれば希望の設計内容にできる」と口頭で約束します。
  • 悪徳な設計事務所は「いま契約すれば希望の設計仕様にできる」と口頭で約束します。
  • 悪徳な設計事務所は「いま契約すれば希望の予算にできる」と口頭で約束します。
  • 悪徳な設計事務所は口頭約束をする時、裏付けとなる成果物を提示せずに契約を急がせます。
  • 逆に言うと悪徳な設計事務所は契約を急がせるために契約前に口頭約束をします。

 

悪徳な設計事務所が契約前にする口頭約束でどのようなトラブルが起きるかを知っていますか?

  • 契約後に「希望の設計内容になっていない」と発覚してトラブルになります。
  • 契約後に「希望の設計仕様になっていない」と発覚してトラブルになります。
  • 契約後に「希望の予算になっていない」と発覚してトラブルになります。
  • このトラブルの原因は以下の通りです。
  1. 悪徳な設計事務所が意図的に設計内容を約束する文書の確認を行わないから。
  2. 悪徳な設計事務所が意図的に設計仕様を約束する文書の確認を行わないから。
  3. 悪徳な設計事務所が意図的に希望予算を約束する文書の確認を行わないから。
  • 悪徳な設計事務所は約束を守る意思がないと意図的に文書の確認を行いません。
  • これが悪徳な設計事務所が契約前にする騙しの手口です。
  • 悪徳な設計事務所は契約前に文書の確認を行わないため注意が必要です。

トラブルを起こす工務店の特徴を知っていますか?

2024.02.18

悪徳な工務店が契約前にする騙しの手口を知っていますか?

  • 悪徳な工務店は契約前にした口頭約束を守らずにトラブルを起こします。
  • ⇒悪徳な工務店は契約前の設計内容の口頭約束を守りません。
  • ⇒悪徳な工務店は契約前の仕様内容の口頭約束を守りません。
  • ⇒悪徳な工務店は契約前の工事金額の口頭約束を守りません。
  • 悪徳な工務店は契約前にできもしない口頭約束をします。
  • 悪徳な工務店はできもしない口頭約束をした上で契約を急がせます。

 

悪徳な工務店が契約前にする口頭約束の特徴を知っていますか?

  • 悪徳な工務店は「いま契約すれば〇〇万円安くできる」と口頭で約束します。
  • 悪徳な工務店は「いま契約すれば〇〇万円分のサービスができる」と口頭で約束します。
  • 悪徳な工務店は「いま契約すればキャンペーン中でお得です」と口頭で約束します。
  • 悪徳な工務店は口頭約束をする時、裏付けとなる成果物(書類等)を提示せずに契約を急がせます。
  • 逆に言うと悪徳な工務店は契約を急がせるために契約前に口頭約束をします。

 

悪徳な工務店が契約前にする口頭約束でどのようなトラブルが起きるかを知っていますか?

  • 契約後に「〇〇万円安くなっていない」と発覚してトラブルになります。
  • 契約後に「〇〇万円分のサービスがない」と発覚してトラブルになります。
  • 契約後に「キャンペーンがなく、お得になっていない」と発覚してトラブルになります。
  • このトラブルの原因は以下の通りです。
  1. 悪徳な工務店が意図的に基本設計図面にもとづいた契約をしないから。
  2. 悪徳な工務店が意図的に仕様書にもとづいた契約をしないから。
  3. 悪徳な工務店が意図的に工事費内訳明細書にもとづいた契約をしないから。
  • 悪徳な工務店は意図的に基本設計図面仕様書工事費内訳明細書にもとづいた契約をしないので、契約の内容明細がわかりません。
  • その結果、契約後に見覚えのない追加料金を請求されます。
  • これが悪徳な工務店が契約前にする騙しの手口です。

建築トラブルの原因を知っていますか。

2024.02.02

よく起きる建築トラブルを知っていますか?

  • 代表的な建築トラブルは以下の通りです。
  1. 建築業者が契約を守らない。
  2. 建築業者が契約前の約束を守らない。
  3. 建築業者が打合せ内容を守らない。
  • 悪徳な建築業者は上記3つを「建築トラブルである」と認識していません。
  • 悪徳な建築業者は上記3つを「普通のことである」と認識しています。

 

よく起きる建築トラブルの事象を知っていますか?

  • 設計契約・請負契約の違反に起因した代表的なトラブルの事象は以下の通りです。
  1. 設計図通りでない施工
  2. 仕様書通りでない施工
  3. 工事費用の追加
  4. 工期の遅延

建築トラブルの根本的な原因を知っていますか?

  • 建築トラブルの根本的な原因は以下の3つです。
  1. 建築業者の義務不履行
  2. 建築業者の法令違反
  3. 建築業者の債務不履行(契約違反)
  • 根本的な原因を立証できれば契約解除出来高精算成果物精算損害賠償請求で対処ができます。
  • また上記の対処をする場合は弁護士に委任するべきです。
1 2 3 4 5 6 19
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話