消費者保護につながる住宅業界の非公開情報

HOME > 消費者保護につながる住宅業界の非公開情報

設計事務所のセールストークを知っていますか?

2020.03.15

設計事務所には契約を取る為のセールストークがあります。 

  • 設計事務所には契約を取る為の定番のセールストークがあります。
  • 設計事務所は「予算に合った設計ができる」と必ず言います。
  • 設計事務所は「契約後に設計変更ができる」と必ず言います。
  • 設計事務者は具体的な打合せをしていないのに「○○できる」と言います。

>>続きを読む

『建築トラブルに強い弁護士』がいないことを知っていますか?

2019.11.18

『建築トラブルに強い弁護士』はほとんどいません。

  • 建築トラブルに強い弁護士はほとんどいません。
  • 建築トラブルの和解を取り扱う弁護士は多数いると思います。
  • 建築トラブルの調停を取り扱う弁護士は多数いると思います。
  • 建築トラブルの裁判を取り扱う弁護士は多数いると思います。
  • しかし建築トラブルを取り扱うこと建築トラブルに強いことは関係がありません

>>続きを読む

『名義貸し』が建築トラブルの原因になっていることを知っていますか?

2019.10.29

名義貸し行為とは?

  • 建築士が代理業務を委託者の了解を得ずに勝手に行う行為です。
  • 建築士が設計業務を委託者に説明をせずに勝手に行う行為です。
  • 建築士が監理業務を行わずに監理者の名前だけ使わせる行為です。
  • 代理業務設計業務監理業務において建築士が資格と名前を工務店に貸す行為のことです。

>>続きを読む

無許可でリフォーム工事を行う業者がいることを知っていますか?

2019.08.25

リフォーム工事には2種類があります。

  • 大規模模様替え工事大規模改修工事の2種類です。
  • 大規模模様替え工事は許可申請が必要ありません
  • 大規模改修工事は許可申請が必要です

>>続きを読む

工事監理の無い工事を行う工務店が多いことを知っていますか?

2019.06.22

建築工事には工事監理が義務付けられています。

  • 建築工事を行う場合、工事監理者が工事監理を行わなければなりません。
  • 建築工事を行う場合、工事監理の義務は建築基準法で定められています。
  • 建築工事を行う場合、工事監理の無い工事を行うことはできません。

>>続きを読む

無料相談と言いながら契約できないと違約金を請求する業者がいることを知っていますか?

2019.04.12

設計事務所は「無料の設計相談」をよく行います。

  • 設計事務所は無料の設計相談PLAN図面(平面図・立面図)概算見積書を作成してくれます。
  • 設計事務所は当然契約を前提として無料設計相談を行います。
  • 設計事務所は「無料の設計相談後に契約を義務付けることはない」と言い相談を開始します。

>>続きを読む

工務店は『設計内容』を十分に説明せずに契約を急ぐことを知っていますか?

2018.08.26

工務店は工事請負契約に際して図面等を提示しなければなりません。

  •  工務店は工事請負契約に際して図面等を提示しなければなりません。
  • 工務店より提示された図面等により工事請負契約の設計内容と工事費用を定めることになります。
  • 工務店が工事請負契約に際して契約時に提示しなければならない図面等は設計図書仕様書工事費内訳明細書になります。
  • この提示の義務は契約内容を約す工事請負契約約款の第1条総則に明記されていることが一般的です。

>>続きを読む

建築士には設計内容についての義務が課されていることを知っていますか。

2018.05.09

建築士には設計内容についての義務が課されています。

  • 建築士は委託者の建設意図と要求条件にもとづいて設計業務を履行しなければなりません。
  • 建築士は委託者の建設意図と要求条件にもとづいた設計図書を作成しなければなりません。
  • 建築士は作成した設計図書が委託者の建設意図と要求条件を満たしているか否かの確認をしなければなりません。
  • 委託者の建設意図と要求条件は設計内容の説明により担保されなければなりません。
  • 委託者の建設意図と要求条件は設計内容の了承により担保されなければなりません。
  • 建築士には設計内容の説明をする義務が課されています。
  • 建築士には設計内容の了承を得る義務が課されています。

>>続きを読む

工事監理者より施工者の立場が強いことを知っていますか?

2018.04.09

工事監理者と施工者には業務遂行の義務が課されています。

  • 工事監理者(建築士)と施工者(工務店)は対等の立場でそれぞれに課された業務を遂行しなければなりません。
  • 工事監理者(建築士)には設計図面通りに施工されていることを確認する義務が課されています。
  • 施工者(工務店)には設計図面通りに施工をする義務が課されています。

>>続きを読む

勝手に設計図面を作成する建築士が多いことを知っていますか?

2018.02.19

建築士が勝手に設計図面を作成していることがよくあります。

  • 建築士には守らなければならない設計業務の指針があります。
  • 守らなければならない設計業務の指針とは設計図面の作成指針です。
  • この指針は設計業務委託契約で定められています。
  • この指針は設計業務委託契約約款で定められていることが一般的です。
  • この指針は建築士が勝手に設計図面を作成することを認めていません。
  • この指針を建築士が守らないことが原因でトラブルが発生しています。

>>続きを読む

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話