消費者保護につながる住宅業界の非公開情報

HOME > 消費者保護につながる住宅業界の非公開情報

施工不良の時効を止める方法を知っていますか?

2022.12.06

よくある施工不良のトラブルを知っていますか?

  • 施工不良でトラブルになりやすい工程は以下の通りです。
  1. 外壁仕上げ
  2. 内装仕上げ
  3. 建具取付け
  4. 床仕上げ
  5. 塗装仕上げ
  • これらは職人による施工不良です。

 

施工不良になる原因を知っていますか?

  • 上記の施工不良は人為的な原因により生じています。
  • ⇒職人の不注意が原因で生じています。
  • ⇒職人の技量不足が原因で生じています。
  • ⇒職人のモラル不足が原因で生じています。
  • ⇒元請業者の管理不足が原因で生じています。
  • 上記の施工不良はすべて人為的な不注意に起因しています。

 

施工不良の時効を止める方法を知っていますか?

  • 施工不良時効は、住宅の引渡を受けてから1年です。
  • 施工不良は住宅引渡後から1年以内に是正を求めなければ時効となり、業者負担による是正を求められなくなります。
  • 施工不良を放置すると時効になってしまうため、気が付いたらすぐに時効を止めるための対処をする必要があります。
  • 施工不良時効を止めるための対処は難しくありません。
  • 施工不良の是正を時効前の日付記載の文書で通知するだけです。
  • この文書で是正を求めると施工不良時効を止めることが可能となります。

建築士から訴えられた時の対処の仕方を知っていますか?

2022.12.06

建築士は一方的な理由で訴えてくることを知っていますか?

  • 建築士は以下のように主張して一方的に訴えを起こします。
  1. トラブルの状況は委託者の責任である。
  2. トラブルの原因は委託者の責任である。
  3. トラブルの内容は委託者の責任である。
  4. トラブルの賠償は委託者の責任である。
  • 建築士は「トラブルの責任がすべて委託者にある」と主張して訴えを起こします。

 

建築士から訴えられた時に確認をすべきことを知っていますか?

  • 建築士から訴えられた時に確認をすべきことは以下の通りです。
  1. 訴えられた状況
  2. 訴えられた原因
  3. 訴えられた内容
  4. 訴えられて求められた賠償金額
  5. 訴えられて求められた賠償金額の妥当性

 

建築士から訴えられた時の対処の仕方を知っていますか?

  • 建築士の訴えが「事実と異なる」と立証するための準備が必要です。
  • ⇒「訴えられた状況が事実と異なる」と立証するための準備が必要です。
  • ⇒「訴えられた原因が事実と異なる」と立証するための準備が必要です。
  • ⇒「訴えられた内容が事実と異なる」と立証するための準備が必要です。
  • ⇒「訴えられて求められた賠償金額に妥当性がない」と立証するための準備が必要です。
  • この立証の準備が建築士から訴えられた時の対処の仕方になります。

建築士を訴える時の準備の仕方を知っていますか?

2022.11.22

建築士を訴えるには前提が必要になることを知っていますか?

  • 建築士を訴える場合には前提として以下を立証する必要があります。
  1. 建築士の設計監理業務委託契約の契約違反
  2. 建築士の義務不履行による契約違反
  3. 建築士の法令違反による契約違反
  4. 建築士の責による設計ミス・監理ミス
  5. 建築士の責による設計瑕疵・監理瑕疵

 

上記の前提を立証するための具体的な方法を知っていますか?

  • 建築士を訴える場合には以下を具体的に立証する必要があります。
  1. 損害の状況
  2. 損害の原因
  3. 損害の内容
  4. 損害の金額(損害額)

 

建築士を訴えても思い通りの結果に成らない場合には必ず理由があることを知っていますか?

  • 建築士を訴えても思い通りの結果にならない場合には必ず原因・理由があります。
  • 損害の状況の立証が不十分だと思い通りの結果になりません。
  • 損害の原因の立証が不十分だと思い通りの結果になりません。
  • 損害の内容の立証が不十分だと思い通りの結果になりません。
  • 損害の金額(損害額)の立証が不十分だと思い通りの結果になりません。
  • 建築士を訴える時に必要な準備は以下の通りです。
  1. 建築士の設計監理業務委託契約の債務不履行(契約違反)を立証する準備。
  2. 建築士から被った損害の状況損害の原因損害の内容損害の金額(損害額)を立証する準備。
  • この立証の準備が不十分だと、建築士を訴えても思い通りの結果にならない場合があります。
  • この立証の準備が不十分だと、建築士を訴えても敗訴となる場合があります。

工務店から訴えられた時の対処の仕方を知っていますか?

2022.11.22

工務店は一方的な理由で訴えてくることを知っていますか?

  • 工務店は以下をすべて「注文者に責任がある」と主張して一方的に訴えを起こします。
  1. トラブルの状況
  2. トラブルの原因
  3. トラブルの内容
  4. トラブルの賠償

 

工務店から訴えられた時に確認するべきことを知っていますか?

  • 工務店から訴えられた時に確認するべきことは以下の通りです。
  1. 訴えられた状況
  2. 訴えられた原因
  3. 訴えられた内容
  4. 訴えられて求められた賠償金額
  5. 訴えられて求められた賠償金額の妥当性

 

工務店から訴えられた時の対処の仕方を知っていますか?

  • 以下の準備を通して工務店の訴えが事実と異なることを立証する必要があります。
  1. 「工務店に訴えられた状況が事実と異なる」を立証する準備。
  2. 「工務店に訴えられた原因が事実と異なる」を立証する準備。
  3. 「工務店に訴えられた内容が事実と異なる」を立証する準備。
  4. 「工務店に求められた賠償金額に妥当性がない」を立証する準備
  • この立証の準備が工務店から訴えられた時の対処の仕方になります。

工務店を訴える時の準備の仕方を知っていますか?

2022.11.07

工務店を訴えるには前提が必要になることを知っていますか?

  • 工務店を訴える場合には前提として以下を立証する必要があります。
  1. 工務店の工事請負契約の契約違反
  2. 工務店の義務不履行による契約違反
  3. 工務店の法令違反による契約違反
  4. 工務店の責による施工不良
  5. 工務店の責による施工瑕疵

 

上記の前提を立証するための具体的な方法を知っていますか?

  • 工務店を訴える場合には以下を具体的に立証する必要があります。
  1. 損害の状況
  2. 損害の原因
  3. 損害の内容
  4. 損害の金額(損害額)

 

工務店を訴えても思い通りの結果に成らない場合には必ず理由があることを知っていますか?

  • 工務店を訴えても思い通りの結果にならない場合には必ず原因・理由があります。
  • 損害の状況の立証が不十分だと思い通りの結果になりません。
  • 損害の原因の立証が不十分だと思い通りの結果になりません。
  • 損害の内容の立証が不十分だと思い通りの結果になりません。
  • 損害の金額(損害額)の立証が不十分だと思い通りの結果になりません。
  • 工務店を訴える時に必要な準備は以下の通りです。
  1. 工務店の工事請負契約の債務不履行(契約違反)を立証する準備。
  2. 工務店から被った損害の状況損害の原因損害の内容損害の金額(損害額)を立証する準備。
  • この立証の準備が不十分だと、工務店を訴えても思い通りの結果にならない場合があります。
  • この立証の準備が不十分だと、工務店を訴えても敗訴となる場合があります。

建築トラブルで慰謝料請求が認められない理由を知っていますか?

2022.11.07

建築トラブルではよく慰謝料が請求されることを知っていますか?

  • 建築トラブルでは以下を理由とした慰謝料の請求がよくあります。
  1. 建築トラブルの対処で長期間を費やすことになった。
  2. 建築トラブルで嫌な思いをすることになった。
  3. 建築トラブルで仕事に影響を及ぼすことになった。
  4. 建築トラブルで体調不良になった。
  5. 建築トラブルで誹謗中傷された。

 

建築トラブルでも慰謝料が認められる場合があることを知っていますか?

  • 建築トラブルで慰謝料が認められるのは以下のような場合です。
  1. 建築トラブルが原因で病気になった」と立証できた場合。
  2. 建築トラブルが原因で仕事ができなくなった」と立証できた場合。

 

建築トラブルで慰謝料が認められない場合の理由を知っていますか?

  • 建築トラブルで慰謝料が認められないのは以下のような場合です。
  1. 建築トラブルと慰謝料の因果関係を立証できない場合。
  2. 建築トラブルによる慰謝料の妥当性を立証できない場合。
  3. 建築トラブルによる慰謝料の内訳明細が明確でない場合。
  • 建築トラブルで慰謝料が認められることはほとんどありません。
  • 建築トラブルでは慰謝料がほとんど認められないため、建築トラブルの解決を慰謝料の請求で図るべきではありません。
  • 建築トラブルでは慰謝料がほとんど認められないため、建築トラブルの解決は損害賠償の請求で図るべきです。

工事監理業務がどのような仕事なのかを知っていますか?

2022.10.24

工事監理業務工事管理業務の違いを知っていますか?

  • 工事監理業務では設計図書通りに施工されているかを確認します。
  • 工事監理業務は法令により義務付けられています。
  • 工事監理業務をおこなえるのは建築士の有資格者のみです。
  • 工事管理業務では工事の段取りをします。
  • 工事管理業務は任意で法令による義務がありません。
  • 工事管理業務は誰がおこなっても差し支えありません。

 

工事監理業務がどのような仕事なのかを知っていますか?

  • 工事監理業務は、設計図書通りに施工されていかを確認します。
  • 工事監理業務は、建築士の有資格者でなければおこなえません。
  • 工事監理業務は、工種ごとに現場で監理をおこなうことが義務付けられています。
  • 工事監理業務は、工事監理の終了時に監理報告をする義務を負っています。
  • 工事監理業務は、建築確認申請で申請をした監理者が義務を負っています。

 

工事監理業務で起きるトラブルとその対処方法を知っていますか?

  • 工事監理業務のトラブルの原因は設計図書通りに施工されていない監理瑕疵です。
  • 工事監理業務のトラブルの原因は監理者の監理業務の不履行です。
  • 工事監理業務のトラブルの原因は名義貸しです。
  • 工事監理業務のトラブルは設計図書通りに施行しないトラブルであるため、施工後に発覚します。
  • 工事監理業務のトラブルは施工後に発覚するため、修補・是正ができず深刻な問題へ波及する可能性が高いです。
  • 工事監理業務のトラブルが起きた場合、監理瑕疵の時効である5年以内に指摘是正要求賠償請求する必要があります。

施工不良と施工瑕疵の違いを知っていますか?

2022.10.14

住宅引渡の直後にどんなトラブルが起きるかを知っていますか?

  • 住宅引渡の直後に起きるトラブルは以下の2つです。
  1. 施工不良
  2. 施工瑕疵
  • 住宅引渡の直後に起きる施工不良のトラブルは不適切で下手な施工を指します。
  • 住宅引渡の直後に起きる施工瑕疵のトラブルは契約通りになっていない施工間違いを指します。

 

施工不良施工瑕疵の違いを知っていますか?

  • 住宅引渡の直後に起きる施工不良のトラブルは以下の通りです。
  1. 施工の不具合
  2. 施工忘れ
  3. 不適切な施工
  • 住宅引渡の直後に起きる施工瑕疵のトラブルは以下の通りです。
  1. 契約内容と異なる施工間違い

 

悪徳な工務店がトラブルの対処を引き延ばすことを知っていますか?

  • 悪徳な工務店は施工不良の対処にすぐに応じません。
  • 悪徳な工務店は施工不良の対処を住宅引渡の1年後まで引き延ばそうとします。
  • ⇒悪徳な工務店は施工不良時効1年であると知っているからです。
  • ⇒悪徳な工務店は時効になれば施工不良に対処しなくて済むことを知っているからです。
  • 悪徳な工務店は施行瑕疵の対処にすぐに応じません。
  • 悪徳な工務店は施工瑕疵の対処を住宅引渡の5年後まで引き延ばそうとします。
  • ⇒悪徳な工務店は施工瑕疵時効5年であると知っているからです。
  • ⇒悪徳な工務店は時効になれば施工瑕疵に対処しなくて済むことを知っているからです。
  • 住宅引渡後の施工不良の対処は時効になる前の1年以内が原則です。
  • 住宅引渡後の施工瑕疵の対処は時効になる前の5年以内が原則です。

建築トラブルには時効があることを知っていますか?

2022.10.05

悪徳な業者がいたずらに建築トラブルの対処を引き延ばすことを知っていますか?

  • 悪徳な業者がいたずらに建築トラブルの対処を引き延ばすのには理由があります。
  • 悪徳な業者は対処を引き延ばして建築トラブルが時効になるのを待っています。
  • 悪徳な業者は建築トラブルが時効になれば対処をしなくて済みます。
  • ⇒時効になると建築トラブルの損害賠償を請求できなくなります。
  • ⇒時効になると建築トラブルの法的手続きを取れなくなります。
  • 悪徳な業者はいたずらに建築トラブルの対処を引き延ばし、その後に「時効になっているため対処はできない」と言い出します。
  • 注意が必要です。

 

建築トラブルの原因によって時効が異なることを知っていますか?

  • 施工不良による建築トラブルは建物引渡から1年で時効となります。
  • 不法行為による建築トラブルは建物引渡から3年で時効となります。
  • 瑕疵による建築トラブルは建物引渡から5年で時効となります。
  • 建築トラブルが時効になってしまうと、修補是正を求められなくなります。
  • 建築トラブルが時効になってしまうと、損害賠償を求められなくなります。
  • 建築トラブルが時効になってしまうと、法的対処を求められなくなります。
  • 注意が必要です。

 

時効を止められる場合があることを知っていますか?

  • 悪徳な業者がいたずらに対処を引き延ばしで建築トラブルを時効にしようとしている場合には対処が必要です。
  • 建築トラブルが時効になる前に時効を止める手続きを取る必要があります。
  • 建築トラブルが時効になる前に建築トラブルの修補是正を具体的に求めると時効は止まります。
  • 時効を止める手続きを取った上で建築トラブルの対処をすれば悪徳な業者も時効を理由に対処を拒めなくなります。

建物引渡時のトラブルの原因を知っていますか?

2022.09.28

建物引渡時にどんなトラブルが起きるかを知っていますか?

  • 建物引渡時に起きる代表的なトラブルは以下の通りです。
  1. 追加工事費用請求
  2. 建物引渡拒否
  3. 施工不良
  • 一般的に追加工事費用請求建物引渡拒否のトラブルは同時に起きます。

 

建物引渡時にトラブルが起きる原因を知っていますか?

  • 追加工事費用請求建物引渡拒否のトラブルは金銭が原因です。
  • 追加工事費用のトラブルは業者が請求手続きを適切に履行しないために生じます。
  • 建物引渡拒否のトラブルは業者が金銭を強引に請求するために生じます。
  • 一般的に上記のトラブルはルールを守らない業者側に問題があります。

 

建物引渡時に起きるトラブルの予防方法を知っていますか?

  • 建物引渡時に起きるトラブルのほとんどが最終資金決済時における金銭のトラブルです。
  • ⇒業者が不適切な追加工事費用を請求するために生じる金銭のトラブルです。
  • 建物引渡時に起きるトラブルの予防方法は簡単です。
  • 建物引渡時に起きるトラブルの予防方法は以下の通りです。
  1. 都度、業者に追加工事費用の工事費用明細の提示を求める。
  2. 都度、業者に追加工事費用の工事費用明細の内容を確かめる。
  3. 都度、業者に書面で工事費用変更の報告を求める。
  • 追加工事費用請求のトラブルが生じた場合、追加工事費用の説明事実承諾事実を争点に解決を図るのが一般的です。
  • 建物引渡拒否のトラブルが生じた場合、工事請負契約違反を理由とした契約解除で解決を図るのが一般的です。
  • 建物引渡時に起きるトラブルは一般的には金銭のトラブルです。
  • なるべく早い段階で建築トラブルの専門家と弁護士に相談して解決を図る必要があります。
1 2 3 4 5 6 13
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話