HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 工務店が工事監理を行わない時の対処につい...

工務店が工事監理を行わない時の対処についての相談

相談内容

  • 工務店と工事請負契約を締結して住宅建築を行っています。
  • 工務店は設計図面通りに工事を行いません。
  • 工務店は設計図面通りに工事ができない事はよくあることと言っています。
  • 工務店は設計図面通りの工事でなくても契約違反ではないと言っています。
  • 工務店は設計図面通りの工事でなくても問題ないと取り合ってくれません。
  • 工務店に設計図面通りに直すよう依頼しても取り合ってくれません。
  • 工務店は工事監理を全く履行していません。
  • 現場管理をしているので問題ないと言っています。
  • 工務店に工事監理を履行させて設計図面通りの工事をさせるにはどうしたら良いですか。

ご相談へのIJSの回答

  • 工務店との工事請負契約は設計図面・見積書明細書・契約約款によりその内容が約されています。
  • 工務店は工事請負契約により設計図面通りの工事が義務付けられています。
  • 工務店が設計図面通りの工事を行わないことは重大な契約違反となります。
  • 工事が設計図面通りに出来ているかを確認する作業のことを工事監理と言います。
  • 工事監理者を定めなければ工事を行うことはできません。
  • 工事監理者は一般的には設計事務所の建築士が担当します。
  • 工務店が担当するのは現場管理になります。
  • 工事監理と現場管理は全く別の業務です。
  • 工事監理は法律により工事監理業務委託契約を設計事務所の建築士と締結して委託することが義務付けられています。
  • 工務店は工事請負契約を締結するだけで工事監理業務委託契約を締結していなければ違法行為になります。

IJSの解決策

  • 工務店が工事請負契約とは別に法律の定めによる重要事項説明設計業務委託契約工事監理業務委託契約を締結したかを確認しました。
  • 工務店が建設業登録(建設業の資格)と建築士事務所登(設計事務所の登録)の資格を有しているかを確認しました。
  • 工務店が法律の定める工事監理義務を履行したか否かを検証しました。
  • 工務店のその他の工事監理に関わる法律の不履行と義務違反を検証しました。
  • 工務店が建築確認申請上違法行為となる設計と工事監理の名義貸し行為をおこなっているか否かを検証しました。

IJSの成果

  • 工務店に工事監理に関わる違法行為・法律の義務不履行を指摘して改善を求めました。
  • 設計図面通りの工事を行うように申入れを致しました。
  • 改善に応じない場合には工務店の違法行為を理由として契約解除をする旨を申入れました。
  • さらにその場合には損害賠償請求訴訟を提起することも申入れました。
  • IJSの指摘と申入れにより工事監理を履行させることができました。

*IJSは工務店が設計図面通りに工事を行わないお困り事を支援します。

*IJSは工務店が設計図面通りの工事を行わない違法行為を工事監理義務違反として正すことから支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話