工務店とのトラブル

HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 工務店とのトラブル

工務店から訴えられた時の対処の仕方についての相談

相談内容

  • 工務店と住宅建築でトラブルになっています。
  • ⇒工務店が工期を守らないのでトラブルになっています。
  • ⇒工務店が施工不良を是正しないのでトラブルになっています。
  • ⇒工務店が施工瑕疵を是正しないのでトラブルになっています。
  • 工務店との信頼関係が維持できなくなったため契約解除を申入れました。
  • しかし工務店に契約解除を申入れたら逆に工務店から訴えられました。
  • 工務店から訴えられた時の対処の仕方がわからなかったのでIJSに相談しました。

 

IJSの対応

  • IJSが工務店から訴えられた状況等を確認しました。
  • ⇒IJSが訴えられた状況を確認しました。
  • ⇒IJSが訴えられた原因を確認しました。
  • ⇒IJSが訴えられた内容を確認しました。
  • ⇒IJSが訴えられて求められた賠償金額を確認しました。
  • ⇒IJSが訴えられて求められた賠償金額妥当性を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「訴えられた状況の責任が発注者側にあるか否か?」を確認しました。
  • IJSが「訴えられた原因の責任が発注者側にあるか否か?」を確認しました。
  • IJSが「訴えられた内容の責任が発注者側にあるか否か?」を確認しました。
  • IJSが「賠償の責任が発注者側にあるか否か?」を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが、工務店の訴えに対する準備を支援しました。
  • ⇒「工務店が訴えで主張している状況が事実と異なる」を立証する準備をしました。
  • ⇒「工務店が訴えで主張している原因が事実と異なる」を立証する準備をしました。
  • ⇒「工務店が訴えで主張している内容が事実と異なる」を立証する準備をしました。
  • ⇒「工務店が訴えで主張している賠償金額が不適切である」を立証する準備をしました。
  • ⇒「工務店が訴えは事実と異なり、発注者側には責任がない」を立証する準備をしました。
  • IJSの準備にもとづいて弁護士に訴訟対応の準備を進めてもらいました。
  • IJSに準備を支援してもらったことで、弁論の準備をスムーズに進めることができました。
  • IJSの準備を支援してもらったことで、工務店の主張にきちんと反論することができました。

 

*IJSは訴えられた時の訴訟対処の準備を支援します。

*IJSは訴えられた時の訴訟の弁論準備を支援します。

工務店を訴える時の準備の仕方についての相談

相談内容

  • 工務店と住宅建築でトラブルになっています。
  • ⇒工務店が工期を守らなかったので損害を被ることになりました。
  • ⇒工務店の施工不良で損害を被ることになりました。
  • ⇒工務店の不当請求で損害を被ることになりました。
  • ⇒工務店の契約不遵守で損害を被ることになりました。
  • 工務店に損害の対処を求めましたが応じてくれません。
  • このような工務店への対処方法がわからないのでIJSに相談しました。

 

IJSの対応

  • IJSが工務店から被った損害を確認しました。
  • ⇒IJSが損害の状況を確認しました。
  • ⇒IJSが損害の原因を確認しました。
  • ⇒IJSが損害の内容を確認しました。
  • ⇒IJSが損害の金額(損害額)を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「損害の責任は工務店にある」と確認しました。
  • IJSが「損害の原因は工務店にある」と確認しました。
  • IJSが「損害の内容が工務店によるものである」と確認しました。
  • IJSが「損害の金額(被害額)を工務店に賠償請求することが妥当である」と確認しました。
  • IJSが「工務店が損害賠償の請求に応じない場合、弁護士に委任をして法的に対処することが妥当である」と確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが工務店を訴える準備を支援しました。
  • ⇒工務店に対して「何を訴えるか?」の準備をしました。
  • ⇒工務店に対して「何を原因として訴えるのか?」の準備をしました。
  • ⇒工務店に対して「誰に対して訴えるのか?」の準備をしました。
  • ⇒工務店に対して「どれくらいの対価(損害額)で訴えるのか?」の準備をしました。
  • IJSが工務店を訴えるのに必要な客観的な証拠の準備を支援しました。
  • IJSが工務店を訴えるのに必要な客観的な立証の準備を支援しました。
  • IJSの準備にもとづいて弁護士が法的手続き(訴訟)により損害賠償の請求を進めました。
  • 弁護士の法的手続き(訴訟)によって損害賠償を請求できました。

 

*IJSは訴訟の証拠の準備を支援します。

*IJSは訴訟の立証の準備を支援します。

左官工事でよく起こるトラブルについての相談

相談内容

  • 工務店と左官工事でトラブルになりました。
  • 左官仕上げ面クラックが生じています
  • 左官仕上げ面剥離が生じています
  • 左官仕上げ面コテ跡が生じています
  • 左官仕上げ面色むらが生じています
  • 工務店に是正を求めましたが、応じてくれませんでした。

 

IJSの対応

  • IJSが左官工事におけるトラブルを確認しました。
  • 左官仕上げ面クラックを確認しました。
  • 左官仕上げ面剥離を確認しました。
  • 左官仕上げ面コテ跡を確認しました。
  • 左官仕上げ面色むらを確認しました。
  • IJSが「左官工事における施工不良が施工瑕疵に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが左官工事の状況を評価しました。
  • ⇒「左官工事の施工不良の状況が施工瑕疵に当たる」と確認しました。
  • ⇒「工務店(施工者)が施工瑕疵の責任を負う立場にある」と確認しました。
  • ⇒「左官工事のクラック剥離の状況が施工瑕疵に当たる」と確認しました。
  • ⇒「左官工事のコテ跡色むらの状況が許容範囲を超えた施工瑕疵に当たる」と確認しました。
  • ⇒「工務店(施工者)の不適切な施工注意義務の不履行が原因でクラック・剥離コテ跡色むらが生じている」と確認しました。

 

IJSの成果

  • 工務店に施工瑕疵を是正するように求めました。
  • ⇒工務店は「施工瑕疵には当たらない」と主張して是正に応じませんでした。
  • ⇒工務店は「経年変化の許容範囲内である」と主張して是正に応じませんでした。
  • IJSは「クラック剥離左官下地モルタルの乾燥不足が原因の施工瑕疵である」と評価しました。
  • IJSは「コテ跡色むら左官材料の含水率が原因の施工瑕疵である」と評価しました。
  • 工務店が是正に応じなかったため、やむを得ず弁護士に法的手続きを依頼しました。
  • ⇒IJSの調査・評価にもとづき、弁護士に左官工事の修補是正費用の賠償請求の手続きを進めてもらいました。
  • IJSの調査による左官工事の瑕疵評価が証拠となり、法的手続きによって左官工事のトラブルを解決できました。

 

*IJSは左官工事の瑕疵評価を支援します。

*IJSは左官工事のトラブル解決を支援します。

基礎工事でよく起こるトラブルについての相談

相談内容

  • 工務店と基礎工事でトラブルになりました。
  • 掘削深さ図面通りになっていません
  • 基礎高さ図面通りになっていません
  • 基礎天端水平になっていません
  • 基礎立ち上がり部ジャンカが生じています
  • 基礎立ち上がり部構造クラックが生じています
  • コンクリートかぶり厚不足しています
  • 残土敷地内に放置されています
  • 工務店に是正を求めましたが、応じてくれませんでした。

 

IJSの対応

  • IJSが基礎工事におけるトラブルを確認しました。
  • 掘削深さ図面通りになっていない点を確認しました。
  • 基礎高さ図面通りになっていない点を確認しました。
  • 基礎天端水平になっていない点を確認しました。
  • 基礎立ち上がり部ジャンカが生じている点を確認しました。
  • 基礎立ち上がり部構造クラックが生じている点を確認しました。
  • コンクリートかぶり厚不足している点を確認しました。
  • 残土敷地内に放置されている点を確認しました。
  • IJSが「基礎工事における施工不良が施工瑕疵、並びに監理瑕疵に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが基礎工事の状況を評価しました。
  • ⇒「基礎工事の施工不良の状況が施工瑕疵に当たる」と確認しました。
  • ⇒「工務店(施工者)が施工瑕疵の責任を負う立場にある」と確認しました。
  • ⇒「基礎工事が図面通りになっていない状況が監理瑕疵に当たる」と確認しました。
  • ⇒「工事監理者の建築士が監理瑕疵の責任を負う立場にある」と確認しました。
  • IJSが「工務店と工事監理者(建築士)に是正を求めても差し支えない」とお教えしました。

 

IJSの成果

  • 工務店に施工瑕疵を是正するように求めました。
  • ⇒工務店は「工事監理者の監理瑕疵が原因である」と主張して是正に応じませんでした。
  • ⇒工務店は「施工不良による施工瑕疵には当たらない」とも主張し始めました。
  • 工事監理者に監理瑕疵を是正するように求めました。
  • ⇒工事監理者は「工務店の施工瑕疵が原因である」と主張して是正に応じませんでした。
  • ⇒工事監理者は「監理不履行による監理瑕疵には当たらない」とも主張し始めました。
  • 工務店も工事監理者も是正に応じなかったため、やむを得ず弁護士に法的手続きを依頼しました。
  • ⇒IJSの調査結果にもとづき、弁護士に基礎工事の修補是正費用の賠償請求の手続きを進めてもらいました。
  • IJSの調査による基礎工事の瑕疵評価が証拠となり、法的手続きによって基礎工事のトラブルを解決できました。

 

*IJSは基礎工事の瑕疵評価を支援します。

*IJSは基礎工事のトラブル解決を支援します。

契約後にトラブルを起こす悪質な工務店の見極め方についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築の依頼を検討しています。
  • しかし住宅建築を依頼する工務店が決められません。
  • とある工務店と住宅建築の依頼に関する相談をしていますが、不安を感じています。
  • ⇒工務店が図面の詳細を説明をしてくれません。
  • ⇒工務店が仕様の詳細を説明をしてくれません。
  • ⇒工務店が見積の詳細を説明をしてくれません。
  • 契約後に工務店とトラブルになりそうで不安です。
  • 契約後にトラブルを起こす工務店の見極め方があれば教えて下さい。

 

IJSの対応

  • IJSが「工務店に住宅建築を依頼する時に何を確認しなければいけないか?」をお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の範囲を確認する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の意匠を確認する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の内容を確認する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の費用を確認する必要がある」とお教えしました。
  • IJSが「契約前に上記の4項目を工務店に確認する必要がある」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「工務店に住宅建築を依頼する時に何を確認しなければいけないか?」をお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の範囲を、基本設計図面配置図平面図で確認する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の意匠を、基本設計図面立面図で確認する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の内容を、基本設計図面仕様書で確認する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の費用を、数量単価記載工事費内訳明細書で確認する必要がある」とお教えしました。
  • IJSが「契約前に上記の4項目を工務店に確認する必要がある」とお教えしました。

 

IJSの成果

  • 契約する前に契約要件を確認すると、契約後にトラブルを起こす工務店かどうかを見極められます。
  • 確認すべき契約要件は以下の4項目です。
  1. 工事の範囲を確認する基本設計図面配置図平面図
  2. 工事の意匠を確認する基本設計図面立面図
  3. 工事の仕様を確認する基本設計図面仕様書
  4. 工事の費用を確認する工事費内訳明細書数量単価記載
  • 契約要件を提示せず説明もしない工務店は、契約後にトラブルを起こします。
  • 契約要件を曖昧にして契約を急がせる工務店は、契約後にトラブルを起こします。
  • 契約する前に契約要件を確認して、契約後にトラブルを起こす悪質な工務店かどうかを見極める必要があります。

 

*IJSは契約後にトラブルを起こす悪質な工務店の見極め方をお教えします。

*IJSは契約後に悪質な工務店とトラブルになった時の対処方法を支援します。

工事請負契約の契約要件についての相談

相談内容

  • 工務店から工事請負契約の締結を急かされています。
  • 工務店があまりにも契約を急がせるので心配です。
  • ⇒工務店からは2枚の簡単な図面を提示されただけです。
  • ⇒工務店からは1枚の簡単な一式見積書を提示されただけです。
  • ⇒工務店からは図面の詳しい説明を受けていません。
  • ⇒工務店からは見積書の詳しい説明を受けていません。
  • 工務店から提示された2枚の簡単な図面1枚の簡単な一式見積書だけで契約をしても大丈夫でしょうか?
  • 工務店と契約をする時に確認すべき項目があれば教えて下さい。

 

IJSの対応

  • IJSが「工事請負契約を締結する前に工務店と約束する必要のある項目」をお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事請負契約で契約前に工事の範囲を工務店と約束する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事請負契約で契約前に工事の意匠を工務店と約束する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事請負契約で契約前に工事の内容を工務店と約束する必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事請負契約で契約前に工事の費用を工務店と約束する必要がある」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「工事請負契約前の工務店との約束をどう確認するか?」をお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の範囲は、基本設計図面配置図平面図で確認する」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の意匠は、基本設計図面立面図で確認する」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の内容は、基本設計図面仕様書で確認する」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「工事の費用は、数量単価記載の工事費内訳明細書で確認する」とお教えしました。
  • IJSが「工事の範囲意匠内容費用の確認ができなければ工事請負契約を締結してはいけない」とお教えしました。

 

IJSの成果

  • 工務店に「2枚の簡単な図面では工事の範囲意匠内容が確認できない」と告知しました。
  • 工務店に「1枚の簡単な一式見積書では工事費用が確認できない」と告知しました。
  • 工務店に「以下の確認ができなければ工事請負契約の締結はできない」と告知しました。
  1. 基本設計図面平面図による工事の範囲の確認。
  2. 基本設計図面配置図による工事の範囲の確認。
  3. 基本設計図面立面図による工事の意匠の確認。
  4. 基本設計図面仕様書による工事の内容の確認。
  5. 工種ごとの数量単価が計上された工事費内訳明細書による工事の費用の確認。
  • 工務店は「工事請負契約を締結しないと基本設計図面(平面図・配置図・立面図・仕様書)(数量単価計上の)工事費内訳明細書の提示はできない」と言い出しました。
  • 工務店が基本設計図面工事費内訳明細書を提示しないため、工務店との工事請負契約の締結を止めました。
  • IJSから「基本設計図面工事費内訳明細書が工事請負契約の契約要件」と聞いていたため、契約要件未提示の状態での契約の締結には危険があると思いました。
  • 工事請負契約を急がせる工務店と契約をしないでよかったと思います。

 

*IJSは工事請負契約のトラブルの原因調査を支援します。

*IJSは工事請負契約のトラブル解決を支援します。

地盤調査におけるトラブルについての相談

相談内容

  • 工務店と地盤調査においてトラブルになりました。
  • ⇒工務店に地盤調査の結果の説明を求めても適切な対応をしてくれません。
  • しかし工務店との地盤調査のトラブルにどう対処したらいいかがわかりません。
  • 工務店との地盤調査のトラブルをどこに相談したらいいかもわかりません。
  • 工務店との地盤調査のトラブルはどこに相談したら良いですか?
  • 工務店との地盤調査のトラブルの対処の仕方を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 地盤調査のトラブルの原因をお教えしました。
  • ⇒「建築士は法令により地盤調査が義務づけられている」とお教えしました。
  • ⇒「法令で義務付けられているにも関わらず、建築士が地盤調査を怠るとトラブルが起きる」とお教えしました。
  • ⇒「工務店は地盤調査の調査義務者ではない」とお教えしました。
  • ⇒「地盤調査の調査義務者は建築士である」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが地盤調査のトラブルの相談と対処に応じました。
  • IJSが地盤調査のトラブルの原因を確認しました。
  • ⇒IJSが地盤調査の発注者を確認しました。
  • ⇒IJSが地盤調査の調査報告書の提示の有無を確認しました。
  • ⇒IJSが地盤調査の調査報告書の説明状況を確認しました。
  • ⇒IJSが地盤改良工事の説明が適切におこなわれたか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが地盤改良工事の説明を誰がおこなったかを確認しました。
  • ⇒IJSが法令遵守による地盤調査であったか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが地盤調査のトラブルの原因を調査・確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、法令遵守の地盤調査がおこなわれていなかったことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店が地盤調査をおこなっていたことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、地盤調査に建築士が関わっていなかったことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、建築士が地盤調査結果を建築主に説明していなかったことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、建築士が地盤調査結果にもとづいた基礎選定をしていなかったことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、建築士の国土交通省告示1347号違反を確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店と建築士で建築士法違反である名義貸しがおこなわれていたことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店と建築士の違法行為が原因による不適切な地盤改良工事の強要を確認・立証しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店と建築士の違法行為が原因による不必要な工事費用の過剰請求(200万円)を確認・立証しました。
  • 工務店と建築士に不当な工事費用の返金を求めましたが、両者とも返金に応じませんでした。
  • 工務店と建築士が返金に応じないため、IJSの立証証拠にもとづいて弁護士に依頼をして法的に返金を求めてもらいました。

 

*IJSは地盤調査トラブルの原因確認を支援します。

*IJSは地盤調査トラブルの解決を支援します。

建築士の名義貸しによるトラブルの対処についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし工事途中に設計のトラブルが生じました。
  • ⇒実施設計図面の提示なしで工事を進められ、設計のトラブルが生じました。
  • ⇒実施設計図面の説明なしで工事を進められ、設計のトラブルが生じました。
  • 希望の設計通りの施工になっていないのでトラブルになりました。
  • 希望の設計仕様になっていないのでトラブルになりました。
  • 工務店に希望の設計内容に是正するよう求めても応じてくれません。
  • 工務店に希望の設計仕様に是正するよう求めても応じてくれません。
  • このような工務店にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「工務店との設計のトラブルには原因がある」とお教えしました。
  • 「今回のトラブルは工務店と建築士の間でおこなわれた名義貸しに原因がある」とお教えしました。
  • 「建築士が工務店に名義を貸し、建築士が設計監理業務をおこなっているかのように装うことを名義貸しと言う」とお教えしました。
  • 名義貸しによってどのような状況が生じるか」をお教えしました。
  • 実施設計図面の未提示による設計内容が未確認・未承認の設計業務義務違反の状況。
  • 実施設計図面の未提示による設計仕様が未確認・未承認の設計業務義務違反の状況。
  • 工事監理者不在による工事監理者の監理業務義務違反の状況。
  • 名義貸しは建築士法違反に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが名義貸しの実態を確認しました。
  • ⇒建築士と工務店の間で名義貸しがおこなわれていた事実を確認しました。
  • ⇒建築士が注文者に実施設計図面の提示をしていない事実を確認しました。
  • ⇒建築士が注文者に実施設計図面の設計内容の説明をしていない事実を確認しました。
  • ⇒建築士が注文者に実施設計図面の設計仕様の説明をしていない事実を確認しました。
  • ⇒建築士が工事の監理業務を履行していない事実を確認しました。

 

IJSの成果

  • 工務店と建築士に名義貸しを止めるように申入れました。
  • 建築士に「名義貸しが原因で設計のトラブルが生じている」と告知しました。
  • 建築士に「名義貸しが原因で仕様のトラブルが生じている」と告知しました。
  • 建築士に「名義貸しが原因で監理のトラブルが生じている」と告知しました。
  • 建築士に適切な設計業務を履行するように申し入れました。
  • 建築士に適切な監理業務を履行するように申し入れました。
  • 建築士と工務店に希望通りの設計内容希望通りの仕様内容に是正するように申し入れました。
  • 建築士と工務店が是正に応じなかったため、IJSの名義貸しの実態調査にもとづいて弁護士により是正費用を請求してもらいました。

 

*IJSは名義貸しの実態調査を支援します。

*IJSは名義貸しのトラブル解決を支援します。

工務店から工事中断を告知された時の対処方法についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし工務店と工事途中にトラブルになりました。
  • ⇒工務店から突然工事中断の告知を受けました。
  • ⇒工務店から「工事請負契約も中断する」と言われました。
  • 工務店からの工事中断の告知にどう対処したらいいでしょうか?
  • 工務店からの工事中断の告知にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「工務店が工事中断を告知する時には理由が必要である」とお教えしました。
  • 「工務店が工事中断を告知する時には工事請負契約約款工事中断規定によらなければならない」とお教えしました。
  • 「工務店は自己都合で工事中断ができない」とお教えしました。
  • 「工務店が自己都合で工事中断を告知した場合、契約違反一方的で不当な中断に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが、工務店からの工事中断理由を確認しました。
  • IJSが、工務店からの工事中断理由工事請負契約約款工事中断規定によるものかを確認しました。
  • IJSが、工務店からの工事中断が工務店の自己都合に当たるか否かを確認しました。
  • IJSが、工務店からの工事中断一方的で不当な中断に当たるか否かを確認しました。
  • IJSが、工務店からの工事中断に応じなければならないか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 「工務店側から工事中断を告知できるのは注文者側に債務不履行があった時」という規定を確認しました。
  • IJSの調査により、注文者側に債務不履行がないことを確認しました。
  • IJSの調査により、工務店側が工事中断を告知できるケースには当たらないことを確認しました。
  • IJSの調査により、工務店からの工事中断の告知が一方的で不当な中断に当たることを確認しました。
  • IJSの調査により、工務店からの工事中断に応じる必要がないことを確認しました。
  • 工務店に対して「契約違反の一方的で不当な工事中断に当たる」と逆に告知し、是正を求めました。
  • しかし工務店は是正に応じませんでした。
  • やむを得ず弁護士から「契約違反の一方的で不当な工事中断にあたる」を理由として契約解除の手続きを進めてもらいました。
  • 弁護士による契約解除手続きでは、IJSの出来高評価にもとづいて700万円の返金請求をしてもらいました。
  • IJSの調査と弁護士による手続きにより、納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは工事中断トラブルの状況調査を支援します。

*IJSは工事中断のトラブル解決を支援します。

工務店から契約解除を告知された時の対処方法についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし工務店と工事の途中でトラブルになりました。
  • 工務店から突然契約解除の告知を受けました。
  • 工務店から「工事請負契約を継続する意思はない」と言われました。
  • しかし工務店からの一方的な契約解除の告知は承諾できません。
  • このような工務店からの契約解除の告知にどう対処したらいいでしょうか?

 

IJSの対応

  • 「工務店から契約解除を告知された時には、契約解除の理由を確認する必要がある」とお教えしました。
  • 「工務店から契約解除を告知された時には、工事請負契約約款の解約条項に該当するかを確認する必要がある」とお教えしました。
  • 「工務店は自己都合で契約解除をできない」とお教えしました。
  • 「工務店が自己都合で契約解除を告知した時には、一方的で不当な解約に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが工務店からの契約解除理由を確認しました。
  • ⇒IJSが工務店からの契約解除理由が、工事請負契約約款の解約条項に該当するか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが工務店からの契約解除が、工務店の自己都合による契約解除に該当するか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが工務店からの契約解除が、一方的な不当な契約解除に該当するか否かを確認しました。
  • IJSが工務店からの契約解除の要求に応じなければならないか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • まず「工務店側が自己都合で契約解除を告知できるのは注文者側の債務不履行があった場合のみ」と規定されていることを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、注文者側に債務不履行がないことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店側が契約解除の告知ができるケースには該当しないことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店側からの契約解除の告知が一方的で不当な解約に該当することを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店側からの契約解除の要求に応じる必要がないことを確認しました。
  • 工務店に対して「契約違反の一方的で不当な解約に当たる」と告知し、逆に弁護士に契約解除の手続きを進めてもらいました。
  • 弁護士にIJSの調査にもとづき、出来高精算による500万円の返金も求めてもらいました。
  • IJSの調査と弁護士の解約手続きによって納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは契約解除トラブルの状況調査を支援します。

*IJSは契約解除トラブルの解決を支援します。

1 2 3 4 5 6 21
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話