HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 建築士が設計ミスを認めないトラブルについ...

建築士が設計ミスを認めないトラブルについての相談

相談内容

  • 住宅の完成引渡後に設計ミスに気が付きました。
  • 適切な仕様になっていない設計ミスに気が付きました。
  • 適切な寸法になっていない設計ミスに気が付きました。
  • 適切な構造になっていない設計ミスに気が付きました。
  • 設計をした建築士に是正を求めましたが応じてくれません。
  • 設計をした建築士に是正を求める方法を教えて下さい。
  • 設計をした建築士は設計ミスであることを認めません。
  • 設計をした建築士に設計ミスを認めさせる方法を教えて下さい。

ご相談へのIJSの回答

  • 住宅の完成引渡後にミスに気が付いた場合、それが設計ミスであるか否かの検証が必要です。
  • 設計をした建築士がミスを認めない場合、それが設計ミスであるか否かの検証が必要です。
  • 検証では設計ミスの検証設計手続き義務の履行状況の検証が必要です。
  • 設計ミスは建築士が設計手続き義務を履行していない場合に発生していることがほとんどです。
  • 設計ミスが建築士の設計手続き義務の不履行により発生していることが確認できれば是正等は求め安くなります。

 

IJSの解決策

  • IJSが設計ミスの検証を行いました。
  • 設計ミスに該当するか否かを検証しました。
  • 設計ミスに該当することを確認しました。
  • 設計手続き義務の履行状況を検証しました。
  • 設計手続き義務の不履行に該当していることを確認しました。
  • 設計ミスの原因が設計手続き義務の不履行に起因していることを検証により確認しました。

 

IJSの成果

  • 設計をした建築士に設計ミスに該当している旨を通知しました。
  • 設計をした建築士に設計手続き義務の不履行の状況になっている旨を通知しました。
  • 設計をした建築士に設計ミス設計手続き義務の不履行に起因している旨を通知しました。
  • 設計をした建築士に設計ミスの是正を求めました。
  • 設計をした建築士に建築家賠償保険を適用して設計ミスの是正を行うことを求めました。
  • 設計をした建築士が設計ミス設計手続き義務の不履行を認め、建築家賠償保険を利用して是正に応じてくれたことで解決ができました。

 

*IJSは設計ミスの調査を支援します。

*IJSは設計手続き義務の履行状況の調査を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話