HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 建築士の設計内容の説明義務違反によるトラ...

建築士の設計内容の説明義務違反によるトラブルについての相談

相談内容

  • 建築士に設計を依頼しました。
  • 建築士に建設意図にもとづいた設計を依頼しました。
  • 建築士に要求条件にもとづいた設計を依頼しました。
  • 建築が完成した後に建築士とトラブルになりました。
  • 建築士の設計は依頼した建設意図と異なる設計になっていました。
  • 建築士の設計は依頼した要求条件と異なる設計になっていました。
  • 建築士は建設意図を満たしていない設計になっていることを認めません。
  • 建築士は要求条件を満たしていない設計になっていることを認めません。
  • 建築士からは設計内容の説明を受けていませんでした。
  • 建築士に設計ミスの責任を認めさせることはできるでしょうか。

ご相談へのIJSの回答

  • 建築士の設計内容の説明義務を履行していないことがトラブルの原因になっていることが多々あります。
  • 建築士の設計内容の了承義務を履行していないことがトラブルの原因になっていることが多々あります。
  • 建築士には設計内容を説明する義務が課されています。
  • 建築士には設計内容の了承を得る義務が課されています。
  • 建築士の設計内容の説明義務履行状況がトラブルの原因になっているか否かの検証が必要です。
  • 建築士の設計内容の了承義務履行状況がトラブルの原因になっているか否かの検証が必要です。
  • 建築士の説明義務と了承義務の履行状況の検証により設計ミスを確認することになります。

 

IJSの解決策

  • IJSが建築士の設計業務の履行状況の調査検証を行いました。
  • 建築士の設計内容の説明義務の履行状況を調査検証しました。
  • 建築士の設計内容の了承義務の履行状況を調査検証しました。
  • トラブルが建築士の設計内容の説明義務の不履行、並びに設計内容の了承義務の不履行に起因していることを調査により確認しました。

 

IJSの成果

  • 建築士に設計ミスに該当する旨を通知しました。
  • 建築士に設計内容の説明義務の不履行が設計ミスの原因である旨を通知しました。
  • 建築士に設計内容の了承義務の不履行が設計ミスの原因である旨を通知しました。
  • 弁護士に委任をして法的手続きにより設計ミスの是正と設計ミスの賠償を求めてもらいました。

 

*IJSは建築士とのトラブルを設計内容の説明義務の履行状況の調査から支援します。

*IJSは建築士とのトラブルを設計内容の了承義務の履行状況の調査から支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話