HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 請負者への「支払留保」についての相談

請負者への「支払留保」についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • 住宅建築の不具合に気が付きました。
  • 不具合は施工不良です。
  • 瑕疵に当たると思います。
  • 不具合は設計図面通りではない施工です。
  • 瑕疵に当たると思います。
  • 工務店は「瑕疵には当たらない」と主張しています。
  • 工務店に瑕疵の是正を求めましたが応じてくれません。
  • 工務店が瑕疵の是正に応じないので支払留保の対応を取りました。
  • 工務店は支払留保が契約違反に当たるとして弁護士を立てて来ました。
  • どのように対処したら良いかが分かりません。
  • 対処方法を教えて下さい。

IJSの対応

  • 不具合の施工不良が瑕疵に当たるか否かを確認しました。
  • 設計図面通りではない施工が瑕疵に当たるか否かを確認しました。
  • 是正を求めることができる瑕疵に当たるか否かを確認しました。
  • 支払留保が契約違反に当たるか否かを確認しました。
  • トラブルの経緯を確認しました。
  • トラブルの原因が工務店にあったか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • 不具合の施工不良が瑕疵に当たることの立証が必要です。
  • 設計図面通りではない施工が瑕疵に当たることの立証が必要です。
  • 是正を求めることができる瑕疵に当たることの立証が必要です。
  • 支払留保が契約違反に当たるか否かの立証が必要です。
  • トラブルの経緯から工務店の契約違反義務不履行法令違反の事実確認等の立証が必要です。
  • トラブルの原因が工務店にあったことの立証が必要です。

 

IJSの成果

  • 不具合の施工不良が施工基準を満たしていない瑕疵に当たることを確認しました。
  • 設計図面通りではない施工が工事監理義務違反を原因とした瑕疵に当たることを確認しました。
  • 上記より是正を求めることができる瑕疵に当たることを確認しました。
  • トラブルの経緯からトラブルの原因が工務店の契約違反義務不履行法令違反に起因していることを確認しました。
  • 支払留保工事請負契約約款に違反していないことを確認しました。
  • 公的事由による支払留保に当たることを確認しました。
  • 工務店と瑕疵の是正後に支払を実施することで解決ができました。
  • (※公的事由によらない支払留保は契約違反に当たる場合がありますので注意が必要です)

 

*IJSは支払留保のトラブル解決を支援します。

*IJSは支払留保のトラブル対応を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話