HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 建築士との『設計監理業務委託契約』のトラ...

建築士との『設計監理業務委託契約』のトラブルについての相談

相談内容

  • 建築士と設計監理業務委託契約後にトラブルになりました。
  • 契約時に予算オーバーの設計でトラブルになりました。
  • 着工後に設計ミスでトラブルになりました。
  • 完了時に工事監理ミスでトラブルになりました。
  • 建築士は設計監理業務委託契約後に発生したトラブルを認めません。
  • 現在、建築士と設計監理業務委託契約の残金300万円の支払でトラブルにもなっています。
  • 建築士との設計監理業務委託契約のトラブルの解決方法を教えて下さい。

ご相談へのIJSの回答

  • 建築士と設計監理業務委託契約でトラブルとなった場合は設計監理業務委託契約約款に従い解決することが原則です。
  • 建築士との設計監理業務委託契約のトラブルを設計監理業務委託契約約款にしたがい解決ができない場合にはトラブルの原因を調査して解決することが一般的です。
  • この場合、トラブルの原因調査は建築トラブルの専門家に相談することが必要です。
  • トラブルの調査には建築の専門性の知識が必要となるからです。

 

IJSの解決策

  • IJSが設計監理業務委託契約設計監理業務委託契約約款に従いトラブルの解決ができる状況にあるか否かを調査しました。
  • IJSがトラブルの原因も調査しました。
  • IJSがトラブルの原因を調査して予算オーバーの設計の原因が建築士にあることを確認しました。
  • IJSがトラブルの原因を調査して設計ミスの原因が建築士にあることを確認しました。
  • IJSがトラブルの原因を調査して工事監理ミスの原因が建築士にあることを確認しました。
  • IJSの調査により建築士の問題点を洗い出すことができました。

 

IJSの成果

  • IJSの調査にもとづいて弁護士から建築士に是正を求める通知を送付してもらい解決ができました。
  • 弁護士から予算オーバーの設計の是正を求めてもらいました。
  • 弁護士から設計ミスの是正を求めてもらいました。
  • 弁護士から工事監理ミスの是正を求めてもらいました。
  • 弁護士に依頼したことで残金精算のトラブルも解決ができました。

 

*IJSは建築士との設計監理業務委託契約のトラブルの解決を原因調査から支援します。

*IJSは建築士との設計監理業務委託契約のトラブルの解決を現場調査から支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話