HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 工務店の顧問弁護士から内容証明での通知が...

工務店の顧問弁護士から内容証明での通知が来た時の対処についての相談

相談内容

  • 工務店とトラブルになりました。
  • 工務店と追加工事費用の残金精算についてトラブルになりました。
  • 工務店と施工瑕疵(施工不良、欠陥)についてトラブルになりました。
  • 工務店が残工事を履行せず契約解除を求めてきたのでトラブルになりました。
  • 工務店の対応に納得ができず感情的なトラブルに至りました。
  • 工務店の対応を拒否をしたところ工務店の顧問弁護士より内容証明の通知が送られてきました。
  • 内容証明では未払い残金の支払督促の通知施工瑕疵が無い旨の通知残工事を行わずに契約解除をする旨の通知が一方的に記載されていました。
  • 内容証明には通知に応じない場合、法的手続き(訴訟)を執る旨の主張が記載されていました。
  • どのように対応したら良いか分からず困っています。
  • どのように対応したら良いか教えて下さい。

ご相談へのIJSの回答

  • 工務店の顧問弁護士から内容証明の通知が来ても慌てないことです。
  • 内容証明の通知の内容は工務店の言い分になります。
  • 工務店の顧問弁護士が工務店から聞いたことを通知文書にしているだけのことです。
  • 工務店の言い分を検証してから対処方法を判断することが必要です。

 

IJSの解決策

  • 工務店の言い分を客観的に検証調査しました。
  • 工務店の言い分を事実関係にもとづいて検証調査しました。
  • 工務店の言い分を工事請負契約の整合性から検証調査しました。
  • 工務店の言い分を建築関連法規の整合性から検証調査しました。
  • 工務店の言い分を現場の施工状況確認から瑕疵に当たるか否かを検証調査しました。
  • 工務店の言い分を客観的に判断する為の検証調査を行いました。

 

IJSの成果

  • 工務店の言い分の検証調査で以下を確認することができました。
  • 工務店の言い分が事実にもとづいていないことを確認しました。
  • 工務店の言い分が工事請負契約に整合していないことを確認しました。
  • 工務店の言い分が建築関連法規に整合していないことを確認しました。
  • 工務店の言い分が主張に反して瑕疵に当たることを確認しました。
  • 工務店の言い分に客観性が無いことを確認しました。
  • 上記の事実確認がトラブルの解決につながりました。

 

*IJSは内容証明の通知内容の検証調査を支援します。

*IJSは内容証明の通知内容の客観的な事実関係の判断を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話