HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 工務店と建築士の「名義貸し」のトラブルに...

工務店と建築士の「名義貸し」のトラブルについての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • 住宅建築が進むなかで工務店と以下のトラブルになりました。
  1. 工務店と申請手続きでトラブルになりました。
  2. 工務店と設計の仕様についてトラブルになりました。
  3. 工務店と設計図と異なる施工についてトラブルになりました。
  • 申請手続きのミスで補助金の取得ができなくなりました。
  • 設計の仕様を工務店が勝手に変更していました。
  • 設計図と異なる施工を工務店が勝手に行っていました。
  • 工務店にはトラブルの責任を負う意思がありません。
  • 工務店にはトラブルを解決する意思も全くありません。
  • 対応の仕方が分かりません。
  • 対応の仕方を教えて下さい。

ご相談へのIJSの回答

  • 工務店とのトラブルの原因を確認することが必要です。
  • 申請手続きのトラブルの原因を確認することが必要です。
  • 設計の仕様のトラブルの原因を確認することが必要です。
  • 設計図と異なる施工のトラブルの原因を確認することが必要です。

 

IJSの解決策

  • 申請手続きのトラブルの責任を負う者を調査により確認しました。
  • 当該トラブルの客観的な状況確認調査も行いました。
  • 設計の仕様のトラブルの責任を負う者を調査により確認しました。
  • 当該トラブルの客観的な状況確認調査も行いました。
  • 設計図書と異なる施工のトラブルの責任を負う者を調査により確認しました。
  • 当該トラブルの客観的な状況確認調査も行いました。

IJSの成果

  • 申請手続きのトラブルの原因が名義貸しにあることを確認しました。
  • 名義貸しにより代理者(申請代理者)が申請内容を建築主に説明して了承を得ていないことがトラブルの原因であることを確認しました。
  • 設計の仕様のトラブルの原因が名義貸しにあることを確認しました。
  • 名義貸しにより設計者が設計内容を建築主に説明して了承を得ていないことがトラブルの原因であることを確認しました。
  • 設計図と異なる施工のトラブルの原因が名義貸しにあることを確認しました。
  • 名義貸しにより工事監理者が設計図面通りの施工になっていることを確認する工事監理業務を行っていなかったことがトラブルの原因であることを確認しました。
  • 名義貸しを行った工務店と建築士に是正等の対応を求めました。
  • 名義貸しを行った工務店と建築士に名義貸しは法令で禁じられた行為にあたることを通知したことが解決につながりました。

 

*IJSは名義貸しによるトラブルの原因調査を支援します。
*IJSは名義貸しによるトラブルの状況確認調査を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話