HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 工務店から訴訟を起こされた時の対処につい...

工務店から訴訟を起こされた時の対処についての相談

相談内容

  • 工務店と工事請負契約を締結して住宅建築を進めました。
  • 建築工事完成時になって工務店とトラブルになりました。
  • 工務店から不当な追加工事費用の請求をされました。
  • 工務店から不当な理由による残金請求をされました。
  • 工務店から不当な理由による建物引渡拒否をされました。
  • 工務店に不当な請求には応じられない旨を申入れました。
  • 工務店に不当な建物引渡拒否には応じられない旨を申入れました。
  • 申入れをしたところ工務店から訴訟を起こされました。
  • 訴訟の対処方が分からず困っています。
  • 訴訟の対処方を教えて下さい。

IJSの対応

  • 工務店からの不当な追加工事費用の請求には応じる必要がないことをお教えしました。
  • 工務店からの不当な理由による残金請求には応じる必要がないことをお教えしました。
  • 工務店からの不当な理由による建物引渡拒否には応じる必要がないことをお教えしました。

 

IJSの解決策

  • 訴訟理由の妥当性を確認しました。
  • 訴訟に至った原因を確認しました。
  • 追加工事費用の内訳を具体的に検証しました。
  • 残金請求の妥当性を具体的に検証しました。
  • 建物引渡拒否の妥当性を具体的に検証しました。
  • 工事請負契約約款建築関係法令にもとづき検証しました。

 

IJSの成果

  • 追加工事費用の請求に正当性が無いことを確認しました。
  • 残金請求の手順仕方に正当性が無いことを確認しました。
  • 建物引渡拒否の理由に正当性が無いことを確認しました。
  • 工事請負契約約款を工務店が履行していないことからも正当性が無いことを評価しました。
  • 建築関係法令を工務店が履行していないことからも正当性が無いことを評価しました。
  • IJSの確認と評価をもとに弁護士に訴訟対応をしてもらいました。

 

*IJSは訴訟理由の妥当性の確認評価を支援します。

*IJSは訴訟に至った原因の確認評価を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話