HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 住宅建築の施工不良についての相談(愛知県...

住宅建築の施工不良についての相談(愛知県の方)

相談内容

  • 工務店が住宅建築の施工不良を認めず困っています。
  • 誰が見ても施工不良です。誰に聞いても契約内容とは異なっています。
  • 工務店が施工不良を認めないばかりか、施工不良の状態で建物の引渡を要求してきました。どうしたらよいでしょうか。
  • 引渡に応じない場合、法的手続きを執ると脅かされ困っています。

 

ご相談へのIJSの回答

  • 施工不良の証明、検証が必要です。(施工不良が許容範囲を超えているか否かの検証です。)
  • 施工不良が契約の建物仕様に違反しているかの検証が必要です。
  • 施工不良が明らかな場合、施工不良の手直し工事を工務店に求めるべきです。
  • 手直し工事は契約で定めた仕様にするように求めるべきです。
  • 施工不良の状態で引渡に応じるべきではありません。
  • 工務店から法的手続きを執られても慌てる必要はありません。対抗手段は簡単に取ることができます。

 

IJSの解決策

  • IJSが施工不良の検証をして、施工不良を証明しました。
  • IJSが工務店の違法行為も検証しました。
  • IJSの提携弁護士が法的手続きにより施工不良の改善を工務店に求めました。
  • IJSの提携弁護士が工務店に違約金の請求も行い解決しました。

 

解決策の成果

  • 施工不良を工務店に認めさせ、施工不良の改善を行わせました。
  • 施工不良に伴う違約金を工務店に請求し、工務店に違約金を支払わせました。

 

*施工不良の建築トラブルはよくあるトラブルです。一人で悩まずにIJSにご相談下さい。容易に解決できます。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話