HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 施工不良を業者が認めない時の対処について...

施工不良を業者が認めない時の対処についての相談(静岡県)

相談内容

  • 施工不良を工務店が認めず対処もしてくれません。
  • 工務店の施工不良であるにもかかわらず、対処は有料と言われています。
  • 施工不良のまま住宅を引き渡され、残金支払を強要されています。
  • 工務店は非を認めません。
  • 残金支払を留保した場合には、法的手続きを執ると言われています。

ご相談へのIJSの回答

  • 施工不良の検証が必要です。
  • 施工不良が工務店側の責によることを検証します。
  • 工務店の違法行為が施工不良の原因であることを検証します。
  • 検証のうえ施工不良の責が工務店にあることを立証できれば、法的手続きで解決します。
  • 検証できるまでは、残金支払に応じる必要はありません。

IJSの解決策

  • 施工不良が工務店の責によることを検証しました。
  • 施工不良が工務店の違法行為によることを立証しました。
  • 工務店に損害賠償請求、慰謝料請求の訴訟を起こしました。
  • 訴訟が結審するまで、残金支払を留保する手続きを執りました。

解決策の成果

  • 訴訟により、施工不良が工務店の責によることが認められました。
  • 訴訟により、工務店の違法行為が認定されました。
  • 訴訟により、損害賠償請求、慰謝料請求が認められました。
  • 施工不良の手直し工事をIJSの提携工務店が担当しました。
  • 施工不良の手直し工事費用は、損害賠償金で賄う事ができました。
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話