HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 弁護士に断られた事案についての相談

弁護士に断られた事案についての相談

相談内容

  • 自分で弁護士に相談をしましたが断られました。
  • 相談をした弁護士は建築トラブルを引き受けたくないようでした。
  • 相談をした弁護士には建築トラブルは専門性が高いので難しいと言われました。
  • 自分で弁護士に相談しましたが断られ困っています。弁護士に断られた事案でも相談に乗ってもらえますか?

ご相談へのIJSの回答

  • 弁護士に断られた事案でもご相談ください。
  • 弁護士に難しい事案と言われてもあきらめずにご相談ください。
  • 一般的に弁護士は専門性の高い事案を嫌います。専門外の事案を嫌います。
  • IJSは解決の糸口を見つけ出す努力を惜しみません。
  • 弁護士に断られた事案でIJSが解決のお手伝いができた例は多数あります。

IJSの解決策

  • 事案の検証を詳細に行います。
  • 事案の検証とは「法令』・「図面」・「施工」・「被害実態」の検証です。
  • 「被害実態」が明らかな場合には、事案の検証により糸口を見つけ出すことが可能です。

IJSの成果

  • 弁護士に断られた事案の80%程度は解決ができました。
  • IJSと弁護士とでは事案解決の「切り口」・「ポイント」が異なります。この「切り口」・「ポイント」が異なることにより解決の糸口を見つけ出すことが可能になっています。
  • IJSは建築トラブル解決のプロとして弁護士とは異なるノウハウを持っています。
  • 弁護士に断られた事案でもIJSにご相談ください。決してあきらめないで下さい。
無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話