消費者保護につながる住宅業界の非公開情報

HOME > 消費者保護につながる住宅業界の非公開情報

設計事務所は建築費を考えずに図面作成をしているのを知っていますか。

2013.07.09

設計事務所は建築費を考えずに図面作成をしているのを知っていますか。

 

設計事務所は建築費を考えずに図面作成をしています

 設計事務所は依頼者の希望を図面化することが仕事だと思っています。

建築費を考慮せずに図面を作成します。

依頼者は希望が図面化されると設計事務所と契約します。

依頼者は希望が図面化された住宅の建築費がいくらになるかを知らされる前に設計事務所と契約をして設計事務所にお金を支払います。

 

設計事務所は契約をして図面作成をして依頼者からお金の支払があった後に、工務店に建築費の見積を依頼します。

工務店から提示をされた見積額は「高額で依頼者の予算に合わない見積額」となります。

 

ここで、依頼者と設計事務所のトラブルが発生します。 >>続きを読む

「地盤調査の報告書は疑わしい」ことを知っていますか。

2013.06.25

「地盤調査の報告書は疑わしいこと」を知っていますか。

 

住宅建築に先立って地盤の地耐力調査が義務付けられています

住宅建築に先立って行われる地盤の地耐力調査は、設計事務所に義務付けられています。

設計事務所は複数の調査会社に地耐力調査の依頼をすることはありません。常に取引関係にある特定の調査会社に依頼をします。

地盤調査費用は3万円程度です。

 

設計事務所は地盤調査の報告書に疑いを持つことはありません。

地盤調査の結果「杭工事等の地盤改良が必要」との判定をされた場合、その報告書を鵜呑みにします。

再度、他の調査会社に調査依頼をして検証することはほとんどありません。

 

地盤改良工事を地盤調査会社が行っていることを知っていますか

>>続きを読む

「モラルの低い設計事務所の営業の手口」を知っていますか。

2013.06.19

「モラルの低い設計事務所の営業の手口」を知っていますか。

モラルの低い設計事務所の営業には特徴があります

  >>続きを読む

「設計価格の意味」を知っていますか。

2013.06.15

「設計価格の意味」を知っていますか。
→住宅材料(住宅設備機器、窓等)の価格を設計価格といいます。

 設計価格は住宅材料メーカーが設定をした定価のことです。

住宅業界ではこの定価のことを上代価格ということもあります。

 

住宅材料メーカーが設計価格を設定することには理由があります。 >>続きを読む

「倒産しそうな工務店・設計事務所の見分け方」を知っていますか。

2013.05.17

「倒産しそうな工務店・設計事務所の見分け方」を知っていますか。

倒産しそうな工務店・設計事務所には3つの典型的な特徴があります

「最初の営業時の言動」に特徴があります。 >>続きを読む

「設計事務所に住宅建築を依頼すると高額になる」を知っていますか。

2013.01.20

「設計事務所に住宅建築を依頼すると高額になる」のを知っていますか。

「設計事務所の住宅建築」が高額になる理由は主に3つです

>>続きを読む

「住宅の見積書の読み方」を知っていますか。

2013.01.06

「住宅の見積書の読み方」を知っていますか。

住宅の見積書には、建築業者・設計事務所のモラルが現れています

この読み取り方をお教えします。読み取り方は非常に簡単です。 >>続きを読む

「住宅営業の手口」を知っていますか。

2013.01.06

「住宅営業」の手口を知っていますか。

「住宅営業」の手口には3つの危ないパターンがあります

この3つの危ないパターンを知っていれば住宅営業に騙されることはありません。失敗しません。 >>続きを読む

「住宅完成見学会(内覧会)の本当の目的」を知っていますか。

2012.12.06

「住宅完成見学会(内覧会)の本当の目的」を知っていますか。

「住宅完成見学会(内覧会)の本当の目的」は完成した住宅を見てもらうことではありません

具体的に住宅建築を検討し、住宅完成見学会(内覧会)に参加をしたことのある方なら気づいているかもしれません。

住宅完成見学会(内覧会)の会場で最初に何をしましたか。

思い出して下さい。 >>続きを読む

「住宅展示場の本当の目的」を知っていますか。

2012.11.18

「住宅展示場の本当の目的」を知っていますか。

住宅展示場の本当の目的は、住宅を見てもらうことではありません

>>続きを読む

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話