HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例 > 業者への支払いを留保する方法についての相...

業者への支払いを留保する方法についての相談

相談内容

  • 施工不良が原因で業者とトラブルになっています。
  • 業者が施工不良箇所を直してくれません。
  • 業者が施工不良箇所を施工不良と認めません。
  • 業者に施工不良箇所の是正をお願いしても応じてくれません。
  • 業者が施工不良箇所の是正に応じない場合は支払いを留保しても差し支えないでしょうか。
  • 業者への支払いを留保することで施工不良箇所の是正を求めたいと思います。
  • 業者への支払いを留保する方法を教えて下さい。

ご相談へのIJSの回答

  • 施工不良箇所の発生原因が業者側にあることを確認する必要があります。
  • 施工不良箇所の発生原因が業者側にある場合は施工不良の是正に応じないことを理由として支払を留保しても差し支えありません。
  • さらに業者に施工不良箇所の是正を条件に支払いをする旨を伝えておけば差し支えありません。
  • 施工不良の原因は施工ミスであることが一般的です。
  • よって施工ミスの是正を求めることを躊躇する必要はありません。
  • ただし、施工ミスをしたからといって支払義務がなくなる訳ではありません。
  • 業者には支払いを求める権利(工事出来高に対しての支払請求権)がありますので注意して下さい。
  • 支払留保によりトラブルが大きくなると業者が未払い残金請求訴訟を起こすこともありますので注意して下さい。
  • この訴訟はほとんど場合で業者の勝訴となりますので注意して下さい。

IJSの解決策

  • 施工不良の原因が業者側にあるか否かを検証しました。
  • 施工不良の原因が2つあることを特定しました。
  • 施工不良の原因は施工者の施工ミス工事監理者の義務違反でした。
  • 施工者に対して施工不良の原因が施工ミスであることを文書で通知して是正を求めました。
  • 工事監理者に対して施工不良の原因が工事監理義務違反によることを文書で通知して是正を求めました。
  • 施工不良の是正確認後に支払いを履行する旨を文書で通知しました。

IJSの成果

  • まず、支払を留保することを通知せずに支払を施工不良の是正後に履行することを通知しました。
  • 施工不良が発生した原因も業者に通知しました。
  • 施工不良が発生した責任当事者が誰になるかも業者に通知しました。
  • 施工不良の是正に業者が応じない場合の対処方法(法的手続き)についても通知しました。
  • この通知の仕方で業者が是正に応じました。

*IJSは施工不良の発生原因の調査を支援します。

*IJSは施工不良の責任当事者の調査を支援します。

*IJSは施工不良是正の手段としての支払留保の手続きを支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話