建築トラブルよくあるご質問

HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルよくあるご質問

工務店が図面通りの施工をしない場合はどうしたら良いですか?

躊躇せずに図面通りの施工をするように是正を求めて下さい。
設計図面は契約内容を定めるものですから、設計図面を無視した施工は契約違反となります。違法行為にもなります。
設計図面通りに施工するように建築関係の法律の定めもあります。
工務店が是正に応じない場合には、違法行為を理由として契約解除ができます。

手抜き工事を見つけた時にはどのように対処したら良いですか?

即刻、工事を中断して是正を求めて下さい。
手抜き工事はそのほとんどが違法行為です。
是正を求めても応じない場合には契約解除ができます。
契約解除には法的手続きの手順が必要となります。
法的手続きによる契約解除では損害賠償を求めることが可能です。

基礎工事の施工トラブルの対処はどうしたら良いですか?

基礎工事の施工トラブルは工務店が図面通りに施工を行わないことに起因することがほとんどです。
工務店に図面通りの施工を求めて下さい。
図面通りに施工しなければならないことが建築関係法規により義務付けられています。
工務店が図面通りの施工に応じない場合には法的手続きにより契約を解除するべきです。同時に損害賠償請求をするべきです。
図面通りに施工ができない工務店は必ず大きなトラブルを引き起こします。

リフォームの欠陥工事で業者に損害賠償請求できますか?

明らかに欠陥工事であることの証明が必要です。
欠陥工事の証明ができれば損害賠償請求は可能です。
リフォーム業には法的な登録・建築の資格等が必要ありませんのでモラルの低い業者が商売として営業をしていることが多々あります。
モラルの低いリフォーム業者との欠陥工事でお困りの場合には法的手続きでの解決をお進めします。

設計事務所が大幅に予算オーバーの設計をした時には契約解除ができますか?

契約解除は設計事務所との契約約款にもとづきます。
契約約款にもとづき、目標達成が不可能な場合には契約解除が可能です。
予算オーバーも目標達成が不可能な要件となります。
また、契約解除では既払い金の返還が争点になることがほとんどです。
設計事務所との契約解除は弁護士に依頼をして法的手続きをとることが必要です。

弁護士に建築トラブルの依頼をしましたが断られました。何故でしょうか?

建築トラブルは専門性が高いので弁護士は嫌がります。
建築トラブルでは建築現場でのトラブル事象の検証が必要となります。
弁護士は建築現場のことは分かりません。当然、建築現場でのトラブル事象の検証も自分ではできません。
建築トラブルは弁護士にとっては面倒な事件なので嫌がるということです。

IJSは日本全国どこでも対応してくれますか?

日本全国どこでも対応しています。
無料面談相談、調査の依頼は日本全国どこでも対応可能です。
建築トラブルに強い弁護士の紹介も日本全国どこでも対応可能です。
IJSにお気軽にご相談下さい。

工務店が工期(完成期日)を守りません。どうしたら良いですか?

工務店が工期(完成期日)を守らない理由の確認が必要です。
工務店が納得の行く理由もなく工期(完成期日)を守らない場合、工事請負契約の債務不履行となります。
工務店が一定の期間で工事を完成させる見込みがない場合、法的手続きにより工事請負契約は解除できます。
工事請負契約の解除において損害賠償請求・慰謝料請求が可能です。

工務店から残金支払の訴訟を起こされました。どうしたら良いですか?

慌てる必要はありません。
不当な支払請求の訴訟であれば支払に応じる必要はありません。
反訴にて争う事をお進めします。
反訴で逆に工務店に対して損害賠償を求めることも可能です。
IJSは反訴手続きの支援をしています。

IJSに依頼をすれば弁護士費用は安くなりますか?

IJSの提携弁護士は一般の弁護士よりかなり安い費用で対応しています。
弁護士費用は『内容証明作成費』『訴訟着手金』『訴訟報酬』『経費実費』となりますが、いずれの費用もかなり安い費用で対応をしています。
建築訴訟等で建築に強く安く対応してくれる弁護士をお探しの方は、IJSにご相談下さい。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話