建築トラブルご相談事例

HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例

基礎工事のトラブルについての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし基礎工事が不適切な施工状況になっていたことから工務店とトラブルになっています。
  • ⇒設計図面通りの基礎高さに施工されていないことがわかりました。
  • ⇒施工不良の構造クラックが多数あることがわかりました。
  • 工務店に設計図面通りの基礎高さに是正するよう求めていますが応じてくれません。
  • 工務店に構造クラックを是正するよう求めていますが応じてくれません。
  • このような工務店にどう対処したらいいかがわかりません。
  • このような工務店への対処方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「基礎工事のトラブルには原因がある」とお教えしました。
  • 「解決にはトラブルの原因の確認が必要である」とお教えしました。
  • 「基礎工事のトラブルの原因には3者が関わっている」とお教えしました。
  1. 施工者によるトラブル
  2. 設計者によるトラブル
  3. 工事監理者によるトラブル
  • 上記の3者が原因で基礎工事のトラブルは生じています。

 

IJSの解決策

  • IJSが基礎工事のトラブルの原因を調査・確認しました。
  • 基礎高さのトラブルの原因を調査しました。
  • 設計図面通りに掘削をしていないこと(掘削深さの不良)が原因であることを確認しました。
  • 構造クラックのトラブルの原因を調査しました。
  • コンクリート打設後の養生期間不足が原因であることを確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSの調査により、基礎工事におけるトラブルの責任を負う者を特定しました。
  • 設計図面通りの基礎高さに施工されていないトラブルの是正責任を負う者が2者になることを確認しました。
  • 施工瑕疵としての責任を施工者(工務店)が負わねばならないことを確認しました。
  • 監理瑕疵としての責任を工事監理者(建築士)が負わねばならないことを確認しました。
  • 施工不良の構造クラックのトラブルの是正責任を負う者が1者になることを確認しました。
  • 施工瑕疵としての責任を施工者(工務店)が負わねばならないことを確認しました。
  • 上記の確認にもとづき、施工者(工務店)と工事監理者(建築士)の2者に共同責任として是正を求めました。
  • 2者が是正に応じないことから、弁護士に依頼をして法的手続き(訴訟)で是正に必要となる費用の賠償を求めました。
  • IJSの原因調査が立証証拠とになり、法的手続き(訴訟)で主張が認められて解決ができました。

 

*IJSは基礎工事のトラブルの原因調査を支援します。

*IJSは基礎工事のトラブル解決を支援します。

増築工事のトラブルについての相談

相談内容

  • 住宅の増築工事を工務店に依頼しました。
  • しかし工務店と増築工事の途中でトラブルになりました。
  • ⇒工務店が打ち合わせした希望通りの工事をおこなっていなかったからです。
  • ⇒工務店が打ち合わせした設計通りの工事をおこなっていなかったからです。
  • ⇒工務店が打ち合わせした仕様通りの工事をおこなっていなかったからです。
  • ⇒工務店が勝手に追加工事費用の請求をしてきたからです。
  • 工務店に上記の是正を求めましたが応じてくれません。
  • このような工務店にどう対処したらいいかがわかりません。
  • このような工務店にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • IJSが「増築工事のトラブルには原因がある」とをお教えしました。
  • IJSが「増築工事のトラブルは不適切な契約の仕方に原因がある」とをお教えしました。
  • IJSが「増築工事のトラブルは下記のような不適切な契約の仕方に原因がある」とお教えしました。
  1. 設計図書にもとづいていない契約
  2. 仕様書にもとづいていない契約。
  3. 工事費内訳明細書にもとづいていない契約
  • IJSが「増築工事のトラブルは上記のような曖昧な契約にトラブルの原因がある」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが住宅の増築工事のトラブルの原因を確認しました。
  • 契約が原因であるか否かを確認しました。
  • 施工が原因であるか否かを確認しました。
  • 監理が原因であるか否かを確認しました。
  • 工務店がトラブルの対処に応じない理由を調査・検証・確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが調査によってトラブルの原因を特定しました。
  • 契約の仕方が原因であることを確認しました。
  • ⇒①設計図書がない状況での施工が原因であることを確認しました。
  • ⇒②仕様書がない状況での施工が原因であることを確認しました。
  • ⇒③工事費内訳明細書のない契約が原因であることを確認しました。
  • IJSが工務店の不適切な業務履行も特定しました。
  • 許認可未申請の無許可工事であることを確認しました。
  • 施工不良の事実を確認しました。
  • 設計監理不履行の事実を確認しました。
  • 不当な追加工事費用請求の事実を確認しました。
  • IJSが工務店に対し、原因調査にもとづいた修補是正を求めました。
  • IJSが工務店に対し、修補是正に応じない場合には解約損害賠償を求める旨も伝えました。
  • IJSに原因調査をお願いしたことでトラブルを早期に解決できました。

 

*IJSは増築工事のトラブルの原因調査を支援します。

*IJSは増築工事のトラブル解決を支援します。

パラペットからの漏水についての相談

相談内容

  • 住宅の完成引渡後、3か月で屋根からの漏水が起きています。
  • 屋根のパラペットから漏水が生じているようです。
  • 屋根のパラペットの直下で漏水が生じています。
  • 工務店にパラペットからの漏水を指摘していますが対処をしてくれません。
  • 設計者にパラペットからの漏水を指摘していますが対処をしてくれません。
  • 工務店は「設計者の責任」と主張して対処をしてくれません。
  • 設計者は「工務店の責任」と主張して対処をしてくれません。
  • この問題にどう対処をしたらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • パラペットからの漏水には原因があることをお教えしました。
  • ⇒「パラペットからの漏水は設計に原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「パラペットからの漏水は監理に原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「パラペットからの漏水は施工に原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「パラペットからの漏水の対処には原因の確認が必要である」とお教えしました。
  • ⇒「パラペットからの漏水の原因を確認すると対処方針も決まる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSがパラペットからの漏水の原因を確認しました。
  • 設計瑕疵が原因であるか否かを確認しました。
  • 監理瑕疵が原因であるか否かを確認しました。
  • 施工瑕疵が原因であるか否かを確認しました。
  • 工務店がパラペットからの漏水の対処に応じない理由を調査・検証しました。
  • 設計者がパラペットからの漏水の対処に応じない理由を調査・検証しました。

 

IJSの成果

  • IJSの原因調査により、パラペットからの漏水設計瑕疵に起因していることを確認しました。
  • IJSの原因調査により、パラペットの高さが国土交通省の定める高さ基準250mmを満たしていないことを確認しました。
  • IJSの原因調査により、パラペットからの漏水施工瑕疵に起因していることを確認しました。
  • IJSの原因調査により、パラペット上部の笠部の施工不良が原因となっていることを確認しました。
  • パラペットからの漏水設計瑕疵施工瑕疵に当たることを確認したため、設計者と工務店に修補是正を求めました。
  • IJSの原因調査にもとづいて修補是正を求めたことで、設計者と工務店は修補是正に応じました。
  • IJSの原因調査にもとづいての対処で解決ができました。

 

*IJSはパラペットからの漏水原因調査を支援します。

*IJSはパラペットからの漏水トラブル解決を支援します。

設計業務委託書を確認する重要性についての相談

相談内容

  • 設計事務所に住宅建築の設計業務監理業務を依頼しました。
  • しかし設計事務所と設計業務の途中でトラブルになりました。
  • ⇒設計事務所が希望内容の設計をしてくれないからです。
  • ⇒設計事務所が希望予算の設計をしてくれないからです。
  • ⇒設計事務所が承認を得ていない勝手な設計を進めるからです。
  • 設計事務所に是正を求めても応じてくれません。
  • このような設計事務所にどう対処したらいいか教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 設計事務所との設計業務途中のトラブルには原因があることをお教えしました。
  • ⇒「設計業務途中のトラブルは設計業務委託契約に原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「設計業務途中のトラブルは設計業務の手続きに原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「トラブルは原因調査からの対処が必要である」とお教えしました。
  • ⇒「原因調査をしなければトラブルの原因はわからない」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが設計業務途中のトラブルの原因を調査・確認しました。
  • 希望内容の設計にならなかった経緯を確認しました。
  • 希望内容の設計にならなかったトラブルの原因を調査しました。
  • 希望予算の設計にならなかった経緯を確認しました。
  • 希望予算の設計にならなかったトラブルの原因を調査しました。
  • 承認を得ていない勝手な設計を進めた経緯を確認しました。
  • 承認を得ていない勝手な設計を進めたトラブルの原因を調査しました。
  • その結果、設計事務所の契約違反を確認しました。

 

IJSの成果

  • 設計事務所の、設計監理業務委託契約設計監理業務委託契約約款の不遵守が原因であることを確認しました。
  • 設計事務所の、設計監理業務委託契約設計監理業務委託契約約款が定める設計業務委託書の非提示が原因であることを確認しました。
  • 設計事務所の、設計業務委託書が定める設計業務の手続きの不遵守が原因であることを確認しました。
  • 設計事務所が設計業務委託書が定める委託者(注文者)への建設意図要求条件確認をせず、さらに承認も得ずに設計業務を進めていたことがトラブルの原因であることを確認しました。
  • 上記からトラブルの原因が設計事務所の設計業務委託契約の違反によることが確認できました。
  • 契約後の設計業務のトラブルを回避する為には、契約時に設計業務委託書を確認しておくことが重要です。

 

*IJSは希望内容の設計になっていないトラブルの解決を支援します。

*IJSは希望予算の設計になっていないトラブルの解決を支援します。

仕様書を確認する重要性についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし工務店と建築途中にトラブルになりました。
  • ⇒工務店が希望と異なる仕様で工事をしていたからです。
  • ⇒工務店が約束と異なる仕様で工事をしていたからです。
  • 工務店に希望通りの仕様への是正を求めたところトラブルになりました。
  • 工務店に約束通りの仕様への是正を求めたところトラブルになりました。
  • 工務店は是正に一切応じてくれません。
  • このような工務店にどう対処したらいいか教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 工事途中の仕様の相異のトラブルには原因があることをお教えしました。
  • ⇒「仕様の確認の仕方に原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「仕様を確認する仕様書に原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「仕様書を確認せずに契約していることに原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「トラブルは原因調査からの対処が必要である」とお教えしました。
  • ⇒「トラブル調査をしなければトラブルの原因が分からない」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが工事途中の仕様の相異トラブルの原因を調査により確認しました。
  • 希望と異なる仕様で工事を行った経緯を確認しました。
  • 希望と異なる仕様でトラブルになった原因を調査しました。
  • 約束と異なる仕様で工事をおこなった経緯を確認しました。
  • 約束と異なる仕様でトラブルになった原因を調査しました。
  • 工務店が是正に応じない原因を確認しました。
  • 工務店が是正に応じない行為が、当該工事請負契約での契約違反に当たるか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 工務店の、工事請負契約工事請負契約約款の不遵守が原因であることを確認しました。
  • 工務店の、工事請負契約工事請負契約約款が定める設計図書の説明義務の不遵守が原因であることを確認しました。
  • 工務店の、工事請負契約工事請負契約約款が定める設計図書の仕様書の非提示が原因であることを確認しました。
  • 工務店が設計図書の仕様書を提示していなかったことから、発注者が希望の仕様約束の仕様の確認ができない状況になっていることを確認しました。
  • 上記の工務店の対応が契約違反に当たることを確認しました。
  • 上記の工務店の対応が法令違反に当たることを確認しました。
  • 工務店に対して、契約違反法令違反を理由として希望通りの仕様約束通りの仕様に是正を求めても差支えがないことを確認しました。
  • 建築途中の仕様相異のトラブルを回避する為には、契約前に設計図書の仕様書を確認しておくことが重要です。

 

*IJSは仕様相異トラブルの原因調査を支援します。

*IJSは仕様相異のトラブル解決を支援します。

工事費内訳明細書を確認する重要性についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし工務店と建築の途中でトラブルになりました。
  • ⇒工務店が「追加工事が発生している」と言い出したからです。
  • ⇒工務店が「追加工事費用を請求する」と言い出したからです。
  • ⇒工務店が「追加工事費用を支払わないと工事を中断する」と言い出したからです。
  • 工務店に「承知をしていない追加工事費用は支払えない」と通知した結果、深刻なトラブルになりました。
  • 工務店は工事を中断しました。
  • 工務店は一方的に「追加工事費用を支払え」と言うばかりです。
  • このような工務店にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「工事途中の追加工事費用のトラブルには必ず原因がある」とお教えしました。
  • 「工事費用の確認の仕方に原因がある」とお教えしました。
  • 「工事費用を確認する見積書に原因がある」とお教えしました。
  • 「工事費用を確認せず契約をしていることに原因がある」とお教えしました。
  • 「トラブルは原因を調査した上での対処が必要である」とお教えしました。
  • 「トラブルの調査をしなければトラブルの原因はわからない」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが工事途中の追加工事費用のトラブルの原因を調査しました。
  • 追加工事費用発生に至る経緯を調査しました。
  • 追加工事費用発生によるトラブルの原因を確認しました。
  • 追加工事費用請求に至る経緯を調査しました。
  • 追加工事費用請求によるトラブルの原因を確認しました。
  • ⇒工務店の工事中断に至る経緯を調査しました。
  • ⇒工務店の工事中断が契約違反に当たるか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 工務店が工事請負契約約款を遵守していないことが原因だと確認しました。
  • 工務店が工事請負契約約款が定める追加工事費用請求手続きを遵守していないことが原因だと確認しました。
  • 工務店が工事請負契約約款が定める工事費内訳明細書を提示していないことが原因だと確認しました。
  • 工務店が工事費内訳明細書を提示しておらず、契約時の工事費用の明細が曖昧であったことが原因だと確認しました。
  • 工務店が工事費内訳明細書を提示しておらず、発注者が工事費用の明細確認ができない状況になっていることを確認しました。
  • 上記の工務店の対応が法令違反に当たることを確認しました。
  • 工務店に対して法令違反を前提とした追加工事費用の撤回を求めて差支えがないことを確認しました。
  • 契約後の工事費用に関するトラブルを回避するためには、契約前に工事費内訳明細書を確認しておくことが重要です。

 

*IJSは工事費内訳明細書の確認からのトラブル解決を支援します。

*IJSは追加工事費用のトラブル解決を支援します。

建築士事務所登録の確認の重要性についての相談

相談内容

  • 個人の建築士に住宅の設計業務・監理業務を依頼しました。
  • 個人の建築士と設計業務の途中にトラブルになりました。
  • ⇒個人の建築士が希望の間取りの設計をしないのでトラブルになりました。
  • ⇒個人の建築士が希望の意匠の設計をしないのでトラブルになりました。
  • ⇒個人の建築士が希望予算内での設計をしないのでトラブルになりました。
  • ⇒個人の建築士が設計期間を守らないのでトラブルになりました。
  • 個人の建築士に是正を求めても対応をしてくれません。
  • このような個人の建築士にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 設計業務途中のトラブルには必ず原因があることをお教えしました。
  • ⇒希望間取りの設計をしないトラブルには原因があることをお教えしました。
  • ⇒希望意匠の設計をしないトラブルには原因があることをお教えしました。
  • ⇒希望予算内での設計をしないトラブルには原因があることをお教えしました。
  • ⇒設計期間を守らないトラブルには原因があることをお教えしました。
  • トラブルは原因調査に基づいた対処が必要であることをお教えしました。
  • トラブルの調査をしなければトラブルの原因がわからないことをお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが設計業務トラブルの原因を調査・確認しました。
  • ⇒希望間取りの設計をしていないトラブルの状況を確認しました。
  • ⇒希望間取りの設計をしていないトラブルの原因を調査しました。
  • ⇒希望意匠の設計をしていないトラブルの状況を確認しました。
  • ⇒希望意匠の設計をしていないトラブルの原因を調査しました。
  • ⇒希望予算内での設計をしないトラブルの状況を確認しました。
  • ⇒希望予算内での設計をしないトラブルの原因を調査しました。
  • ⇒設計期間を守らないトラブルの状況を確認しました。
  • ⇒設計期間を守らないトラブルの原因を調査しました。

 

IJSの成果

  • 個人の建築士が建築士事務所登録を不所持の業者(モグリの業者)であることを確認しました。
  • 個人の建築士が建築士事務所登録を不所持の業者(モグリの業者)であり、設計業務を受託する能力がないことを確認しました。
  • 建築士に設計業務・監理業務を委託(依頼)する場合、その建築士が建築士事務所登録を所持する業者であるか否かを確認する必要があります。
  • 建築士が建築士事務所登録を不所持の業者である場合、その建築士は設計業務・監理業務を受託できません。
  • この点を確認しておくこと必要があります。

 

*IJSは建築士の法令遵守レベルの確認を支援します。

*IJSは建築士事務所登録をしているか否かの確認を支援します。

建設業登録の確認の重要性についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし工務店と工事の途中でトラブルになりました。
  • ⇒工務店が設計図通りに施工をしないのでトラブルになりました。
  • ⇒工務店が不当に追加費用を請求するのでトラブルになりました。
  • ⇒工務店が施工不良を是正しないのでトラブルになりました。
  • ⇒工務店が工期を守らないのでトラブルになりました。
  • 工務店に是正を求めても対応してくれません。
  • このような工務店にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • IJSが「工務店とのトラブルには必ず原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「設計図通りに施工をしないトラブルには原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「不当に追加費用を請求するトラブルには原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「施工不良を是正しないトラブルには原因がある」とお教えしました。
  • ⇒「工期を守らないトラブルには原因がある」とお教えしました。
  • IJSが「トラブルは原因調査に基づいた対処が必要である」とお教えしました。
  • IJSが「トラブルの調査をしなければ、トラブルの原因は分からない」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが工務店とのトラブルの原因を確認・調査しました。
  • 設計図通りに施工をしないトラブルの状況を確認しました。
  • 設計図通りに施工をしないトラブルの原因を調査しました。
  • 不当に追加費用を請求するトラブルの状況を確認しました。
  • 不当に追加費用を請求するトラブルの原因を調査しました。
  • 施工不良を是正しないトラブルの状況を確認しました。
  • 施工不良を是正しないトラブルの原因を調査しました。
  • 工期を守らないトラブルの状況を確認しました。
  • 工期を守らないトラブルの原因を調査しました。

 

IJSの成果

  • 工務店が建設業登録を不所持の業者(モグリの業者)であることを確認しました。
  • 工務店が建設業登録を不所持の業者(モグリの業者)であり、工事を請負う能力がないことを確認しました。
  • 工務店に工事を依頼する場合、工務店が建設業登録を所持する業者であるか否かを確認する必要があります。
  • 工務店が建設業登録を不所持の業者である場合、支配人資格(建設業の経営経験が7年以上の管理職)の常勤社員が在籍していません。
  • 工務店が建設業登録を不所持の業者である場合、専任技術者(建築士等)の常勤社員が在籍していません。
  • 工務店が建設業登録を不所持の業者である場合、工事を請負う能力がないことから工事請負契約の締結は認められていません。
  • この点を事前に確認しておくことが重要です。
  • IJSの調査によって工務店には工事請負契約を締結する資格がないとわかったため、契約解除損害賠償請求の手続きを弁護士に進めてもらいました。

 

*IJSは工務店の法令遵守レベルの確認を支援します。

*IJSは建設業登録をしているか否かの確認を支援します。

建築士事務所の契約解除権限についての相談

相談内容

  • 建築士事務所と設計業務途中にトラブルになりました。
  • 建築士事務所が一方的に設計業務を中断して約1ヶ月が過ぎました。
  • 建築士事務所から一方的に契約解除を告知されました。
  • 建築士事務所から一方的に損害が生じていると告知されました。
  • 建築士事務所から一方的に損害賠償を請求すると告知されました。
  • 建築士事務所から一方的に損害賠償に応じなければ損害賠償請求訴訟を起こすと告知されました。
  • 建築士事務所は一方的に契約解除をすることができるのか教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 設計監理業務委託契約の契約解除の概要をお教えしました。
  • ⇒設計監理業務委託契約の契約解除は設計監理業務委託契約によらなければなりません。
  • ⇒設計監理業務委託契約の契約解除は設計監理業務委託契約約款によらなければなりません。
  • ⇒設計監理業務委託契約の契約解除は設計監理業務委託契約約款で規定された事由によらなければなりません。
  • 故に建築士事務所の勝手な都合で一方的に設計監理業務委託契約の解除はできません。

 

IJSの解決策

  • IJSが契約解除事案の事実確認をおこないました。
  • ⇒建築士事務所が契約解除を求めた経緯を確認しました。
  • ⇒建築士事務所が契約解除を求めた状況を確認しました。
  • ⇒建築士事務所が契約解除を求めた理由を確認しました。
  • ⇒建築士事務所による契約解除の告知に問題があるか否かを確認しました。
  • ⇒建築士事務所による契約解除の告知が適切であったか否かを確認しました。
  • ⇒建築士事務所による契約解除の告知が設計監理業務委託契約によるか否かを確認しました。
  • ⇒建築士事務所による契約解除の告知が設計監理業務委託契約約款によるか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 建築士事務所による契約解除の告知設計監理業務委託契約にもとづかず不適切であることを確認しました。
  • 建築士事務所による契約解除の告知設計監理業務委託契約約款にもとづかず不適切であることを確認しました。
  • 建築士事務所による契約解除の告知理由契約解除理由に非該当であることを確認しました。
  • 建築士事務所による契約解除の告知契約違反であることを確認しました。
  • 建築士事務所による契約解除の告知不当な契約解除であることを確認しました。
  • 建築士事務所に「契約解除の告知権限がない」と通知しました。
  • 建築士事務所に「契約解除の告知に応じる理由がない」と通知しました。
  • 建築士事務所に「契約解除の権限がない」と通知しました。
  • 建築士事務所に「契約解除の場合、適切な契約解除手続きでの解約協議をするように」と求めました。

 

*IJSは契約解除権限行使の問題点の確認を支援します。

*IJSは契約解除権限行使の妥当性の確認を支援します。

工務店の契約解除権限についての相談

相談内容

  • 工務店と建築の途中でトラブルになりました。
  • 工務店が一方的に工事を中断して3ヶ月が過ぎました。
  • 工務店から一方的に「契約解除」を告知されました。
  • 工務店から一方的に「損害が生じている」と告知されました。
  • 工務店から一方的に「損害賠償を請求する」と告知されました。
  • 工務店から一方的に「損害賠償に応じなければ請求の訴訟を起こす」と告知されました。
  • 工務店は一方的に契約解除できるのかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 工事請負契約の契約解除の概要をお教えしました。
  • ⇒工事請負契約の契約解除は工事請負契約によらなければなりません。
  • ⇒工事請負契約の契約解除は工事請負契約約款によらなければなりません。
  • ⇒工事請負契約の契約解除は工事請負契約約款で規定された事由によらなければなりません。
  • 工務店の勝手な都合で一方的に工事請負契約の契約解除はできません。

 

IJSの解決策

  • IJSが工務店からの契約解除の事実関係を確認しました。
  • ⇒工務店が契約解除を求めた経緯を確認しました。
  • ⇒工務店が契約解除を求めた状況を確認しました。
  • ⇒工務店が契約解除を求めた理由を確認しました。
  • ⇒工務店による契約解除の告知に問題があるか否かを確認しました。
  • ⇒工務店による契約解除の告知が適切であったか否かを確認しました。
  • ⇒工務店による契約解除の告知が工事請負契約工事請負契約約款によるか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 工務店による契約解除の告知が工事請負契約にもとづいておらず、不適切な契約解除の告知に当たることを確認しました。
  • 工務店による契約解除の告知が工事請負契約約款にもとづいておらず、不適切な契約解除の告知に当たることを確認しました。
  • 工務店による契約解除の告知理由契約解除理由に当たらないことを確認しました。
  • 工務店による契約解除の告知契約違反に当たることを確認しました。
  • 工務店による契約解除の告知不当な契約解除に当たることを確認しました。
  • 工務店に契約解除の告知が不当であることを通知しました。
  • 工務店に契約解除の告知に応じないことを通知しました。
  • 工務店に契約解除の権限がないことを通知しました。
  • 工務店に工事請負契約を遵守するよう通知しました。

 

*IJSは契約解除権限行使の問題点の確認を支援します。

*IJSは契約解除権限行使の妥当性の確認を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話