建築トラブルご相談事例

HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例

建築トラブルの原因についての相談

相談内容

  • 建築業者と建築トラブルになりました。
  • 建築業者の対応には疑問があります。
  • 建築業者との曖昧な契約がトラブルの原因だと思います。
  • ⇒建築業者は契約前に言っていたことを遵守していません。
  • ⇒建築業者が契約前に言っていたことを遵守しないのでトラブルになっています。
  • ⇒建築業者に契約前に言っていたことを遵守するように求めても応じてくれません。
  • 「建築業者に騙された」と感じています。
  • 建築トラブルの原因について教えて下さい。
  • 建築業者に騙されてトラブルになった時の対処の仕方を教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが騙された状況を確認しました。
  • ⇒IJSが契約の状況を確認しました。
  • ⇒IJSが契約不履行の状況を確認しました。
  • ⇒IJSが騙しの状況を確認しました。
  • ⇒IJSが騙しの原因を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが騙された状況からトラブルの原因を立証しました。
  • ⇒IJSが契約の状況からトラブルの原因を立証しました。
  • ⇒IJSが契約不履行の状況からトラブルの原因を立証しました。
  • ⇒IJSが騙しの状況からトラブルの原因を立証しました。
  • ⇒IJSが騙しの原因から業者の悪質性を立証しました。
  • IJSが建築トラブルの原因から業者の債務不履行を立証しました。

 

IJSの成果

  • IJSの調査・確認で建築トラブルの原因がわかりました。
  • ⇒「建築業者の義務不履行が原因である」とわかりました。
  • ⇒「建築業者の法令違反が原因である」とわかりました。
  • ⇒「建築業者の債務不履行(契約違反)が原因である」とわかりました。
  • 上記の事実より「契約解除ができる」とわかりました。
  • 上記の事実より「出来高精算成果物精算ができる」とわかりました。
  • 上記の事実より「損害賠償請求ができる」とわかりました。
  • IJSの調査・確認・立証にもとづき、建築業者に建築トラブルの原因を通知しました。
  • IJSの調査・確認・立証にもとづき、建築業者にトラブルの是正を求めました。
  • しかし建築業者は是正に応じませんでした。
  • 建築業者が是正に応じなかったため、弁護士に委任して契約解除出来高精算成果物精算損害賠償請求を進めてもらいました。

 

*IJSは建築トラブルの原因調査を支援します。

*IJSは建築トラブルの解決を支援します。

施工トラブルの原因についての相談

相談内容

  • 施工者(工務店)とトラブルになりました。
  • 施工者が勝手な施工をするのでトラブルになりました。
  • ⇒施工者は設計図の通りに施工していません。
  • ⇒施工者は仕様書の通りに施工していません。
  • ⇒施工者は打合せの通りに施工していません。
  • 施工者に「勝手な施工をしないように」と求めましたが応じてくれません。
  • 施工者に「どうして勝手な施工をするのか?」と原因を尋ねても応えてくれません。
  • 施工者は「大きな問題ではない」と勝手なことを言っています。
  • しかし施工者が勝手な施工をするのには原因があると思います。
  • 施工者が勝手な施工をする原因を教えて下さい。
  • 施工者が勝手な施工をした時の対処を教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが勝手な施工の状況を確認しました。
  • ⇒IJSが設計図通りの施工ではない状況を確認しました。
  • ⇒IJSが仕様書通りの施工ではない状況を確認しました。
  • ⇒IJSが打合せ通りの施工ではない状況を確認しました。
  • IJSが状況から原因を調査しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが施工業務の履行状況を調査しました。
  • IJSが設計図と相違した施工状況を調査しました。
  • IJSが仕様書と相違した施工状況を調査しました。
  • IJSが打合せと相違した施工状況を調査しました。
  • IJSが工事請負契約工事請負契約約款を確認しました。
  • IJSが「契約を遵守した施工状況であるか否か?」を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSの調査・確認で勝手な施工によるトラブルの原因が分かりました。
  • ⇒「施工者(工務店)が設計者の指示を受けず、勝手な施工をしている」とわかりました。
  • ⇒「施工者(工務店)が監理者の指示を受けず、勝手な施工をしている」とわかりました。
  • ⇒「施工者(工務店)が工事請負契約を遵守せず、勝手な施工をしている」とわかりました。
  • ⇒「施工者(工務店)が工事請負契約約款を遵守せず、勝手な施工をしている」とわかりました。
  • 上記の事実より「施工トラブルは施工者の義務不履行が原因である」とわかりました。
  • 上記の事実より「施工トラブルは施工者の工事請負契約契約違反が原因である」とわかりました。
  • IJSの調査・確認にもとづき、施工者(工務店)に適切な施工業務の履行を求めました。
  • また施工者(工務店)に「適切な施工業務の履行に応じない場合には契約解除を求める」と通知しました。

 

*IJSは施工トラブルの原因調査を支援します。

*IJSは施工トラブルの解決を支援します。

設計トラブルの原因についての相談

相談内容

  • 設計者とトラブルになりました。
  • 設計者が作成した設計図書が希望通りの設計になっていません。
  • 設計が希望通りになっていません。
  • 仕様が希望通りになっていません。
  • 予算が希望通りになっていません。
  • 設計者に希望通りの設計にならなかった原因を尋ねても応えてくれません。
  • 設計者は「希望通りの設計を行った」と言っています。
  • 希望通りの設計にならなかった原因があると思います。
  • 希望通りの設計にならなかった原因を教えて下さい。
  • 希望通りの設計にならなかった時の対処を教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが設計図書が希望通りになっていない状況を確認しました。
  • IJSが設計内容が希望通りになっていない状況を確認しました。
  • IJSが設計仕様が希望通りになっていない状況を確認しました。
  • IJSが予算が希望通りになっていない状況を確認しました。
  • IJSが状況から原因を調査しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが設計業務の履行状況を調査しました。
  • IJSが設計内容を確認する調査企画業務の履行状況を調査しました。
  • IJSが仕様内容を確認する調査企画業務の履行状況を調査しました。
  • IJSが予算を確認する調査企画業務の履行状況を調査しました。
  • IJSが調査企画業務の確認の有無を調査しました。
  • IJSが調査企画業務の承諾の有無を調査しました。
  • IJSが設計者の調査企画業務が適切であったか否か調査しました。

 

IJSの成果

  • IJSの調査で設計トラブルの原因が分かりました。
  • 設計者が調査企画業務において建設意図要求条件(希望と条件)確認して承諾を得た事実が無いことが分かりました。
  • ⇒設計者が設計内容確認して承諾を得ていないことが分かりました。
  • ⇒設計者が仕様内容確認して承諾を得ていないことが分かりました。
  • ⇒設計者が予算確認して承諾を得ていないことが分かりました。
  • 上記の事実より、設計トラブルの原因が設計者の義務不履行にあることが分かりました。
  • 上記の事実より、設計トラブルの原因が設計業務に於ける調査企画業務の不履行にあることが分かりました。
  • IJSの調査にもとづき、設計者に適切な設計業務の履行を求めました。
  • また設計者が適切な設計業務の履行に応じない場合には契約解除を求める旨を通知しました。

 

*IJSは設計トラブルの原因調査を支援します。

*IJSは設計トラブルの解決を支援します。

監理瑕疵への対処についての相談

相談内容

  • 監理瑕疵に気が付きましたが。
  • しかし監理瑕疵への対処の仕方がわかりません。
  • 監理瑕疵にどのように対処したらいいでしょうか?
  • 監理瑕疵は誰に対処を求めたらいいでしょうか?
  • 監理瑕疵はいつ対処を求めたらいいでしょうか?
  • 監理瑕疵はいつまでに対処を求めなければいけないでしょうか?
  • 監理瑕疵は損害として対処を求められるでしょうか?
  • 監理瑕疵の対処の相談に応じてくれるところはあるでしょうか?
  • 監理瑕疵の解決をお願いできるところはあるでしょうか?

 

IJSの対処

  • IJSが監理瑕疵に気が付いた経緯を聞き取りました。
  • IJSが監理瑕疵と判断した経緯を聞き取りました。
  • IJSが監理瑕疵でトラブルに至った状況を聞き取りました。
  • IJSが「監理瑕疵を監理者が認めているか否か?」を聞き取りました。
  • IJSが監理瑕疵の損害の状況を聞き取りました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「監理瑕疵として立証できるか否か?」を確認しました。
  • IJSが監理瑕疵の状況を確認しました。
  • IJSが監理瑕疵の原因を確認しました。
  • IJSが監理瑕疵の責任者を確認しました。
  • IJSが監理瑕疵に気が付いた時期を確認しました。
  • IJSが監理瑕疵による被害状況を確認しました。
  • IJSが監理瑕疵の是正費用を確認しました。
  • IJSが監理瑕疵の賠償請求の可否を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが監理者に監理瑕疵の対処を求めました。
  • ⇒監理者に「監理瑕疵の原因が監理者にある」と通知しました。
  • ⇒監理者に「監理瑕疵の責任が監理者にある」と通知しました。
  • ⇒監理者に「監理瑕疵の責任をまだ求められる期限内である」と通知しました。
  • ⇒監理者に「監理瑕疵の賠償請求ができる事案である」と通知しました。
  • ⇒監理者に「監理瑕疵として立証できる」と通知しました。
  • ⇒監理者に「監理瑕疵を是正するように」と通知しました。
  • ⇒監理者に「監理瑕疵の是正に応じない場合には賠償請求する」と通知しました。
  • IJSが監理者に強く監理瑕疵の是正を求めた結果、監理者が監理瑕疵の是正に応じました。
  • IJSに相談したことで監理瑕疵に対処できました。

 

*IJSは監理瑕疵の状況調査を支援します。

*IJSは監理瑕疵の対処解決を支援します。

設計瑕疵への対処についての相談

相談内容

  • 設計瑕疵に気が付きました。
  • しかし設計瑕疵への対処の仕方がわかりません。
  • 設計瑕疵にはどのように対処したらいいでしょうか?
  • 設計瑕疵は誰に対処を求めたらいいでしょうか?
  • 設計瑕疵はいつ対処を求めたらいいでしょうか?
  • 設計瑕疵はいつまでに対処を求めなければいけないでしょうか?
  • 設計瑕疵は損害として対処を求められるでしょうか?
  • 設計瑕疵の対処の相談に応じてくれるところはあるでしょうか?
  • 設計瑕疵の解決をお願いできるところはあるでしょうか?

 

IJSの対処

  • IJSが設計瑕疵に気が付いた経緯を聞き取りました。
  • IJSが設計瑕疵と判断した経緯を聞き取りました。
  • IJSが設計瑕疵でトラブルに至った状況を聞き取りました。
  • IJSが「設計瑕疵を設計者が認めているか否か?」を聞き取りました。
  • IJSが設計瑕疵の損害の状況を聞き取りました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「設計瑕疵として立証できるか否か?」を確認しました。
  • IJSが設計瑕疵の状況を確認しました。
  • IJSが設計瑕疵の原因を確認しました。
  • IJSが設計瑕疵の責任者を確認しました。
  • IJSが設計瑕疵に気が付いた時期を確認しました。
  • IJSが設計瑕疵による被害状況を確認しました。
  • IJSが設計瑕疵の是正費用を確認しました。
  • IJSが設計瑕疵の賠償請求の可否を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが設計者に設計瑕疵の対処を求めました。
  • ⇒設計者に「設計瑕疵の原因が設計者にある」と通知しました。
  • ⇒設計者に「設計瑕疵の責任が設計者にある」と通知しました。
  • ⇒設計者に「設計瑕疵の責任をまだ求められる期限内である」と通知しました。
  • ⇒設計者に「設計瑕疵の賠償請求ができる事案である」と通知しました。
  • ⇒設計者に「設計瑕疵として立証できる」と通知しました。
  • ⇒設計者に「設計瑕疵を是正するように」と通知しました。
  • ⇒設計者に「設計瑕疵の是正に応じない場合には賠償請求する」と通知しました。
  • IJSが設計者に強く設計瑕疵の是正を求めた結果、設計者が設計瑕疵の是正に応じました。
  • IJSに相談したことで設計瑕疵に対処できました。

 

*IJSは設計瑕疵の状況調査を支援します。

*IJSは設計瑕疵の対処解決を支援します。

施工瑕疵への対処についての相談

相談内容

  • 施工瑕疵に気が付きました。
  • しかし施工瑕疵への対処の仕方がわかりません。
  • 施工瑕疵にはどのように対処したらいいでしょうか?
  • 施工瑕疵は誰に対処を求めたらいいでしょうか?
  • 施工瑕疵はいつ対処を求めたらいいでしょうか?
  • 施工瑕疵はいつまでに対処を求めなければいけないでしょうか?
  • 施工瑕疵は損害として対処を求められるでしょうか?
  • 施工瑕疵の対処の相談に応じてくれるところはあるでしょうか?
  • 施工瑕疵の解決をお願いできるところはあるでしょうか?

 

IJSの対処

  • IJSが施工瑕疵に気が付いた経緯を聞き取りました。
  • IJSが施工瑕疵と判断した経緯を聞き取りました。
  • IJSが施工瑕疵でトラブルに至った状況を聞き取りました。
  • IJSが「施工瑕疵を施工者が認めているか否か?」を聞き取りました。
  • IJSが施工瑕疵の損害の状況を聞き取りました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「施工瑕疵として立証ができるか否か?」を確認しました。
  • IJSが施工瑕疵の状況を確認しました。
  • IJSが施工瑕疵の原因を確認しました。
  • IJSが施工瑕疵の責任者を確認しました。
  • IJSが施工瑕疵に気が付いた時期を確認しました。
  • IJSが施工瑕疵による被害状況を確認しました。
  • IJSが施工瑕疵の是正費用を確認しました。
  • IJSが施工瑕疵の賠償請求の可否を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが施工者に施工瑕疵の対処を求めました。
  • ⇒IJSが施工者に「施工瑕疵の原因が施工者にある」と通知しました。
  • ⇒IJSが施工者に「施工瑕疵の責任が施工者にある」と通知しました。
  • ⇒IJSが施工者に「施工瑕疵の責任をまだ求められる期限内である」と通知しました。
  • ⇒IJSが施工者に「施工瑕疵の賠償請求ができる事案である」と通知しました。
  • ⇒IJSが施工者に「施工瑕疵として立証ができる」と通知しました。
  • ⇒IJSが施工者に「施工瑕疵を是正するように」と通知しました。
  • ⇒IJSが施工者に「施工瑕疵の是正に応じない場合には賠償請求する」と通知しました。
  • IJSが施工者に強く施工瑕疵の是正を求めた結果、施工者が施工瑕疵の是正に応じました。
  • IJSに相談したことで施工瑕疵に対処できました。

 

*IJSは施工瑕疵の状況調査を支援します。

*IJSは施工瑕疵の対処解決を支援します。

リフォーム業者に騙された時の対処についての相談

相談内容

  • リフォーム業者に騙されて深刻なトラブルになりました。
  • リフォーム業者に騙された時の対処がわかりません。
  • ⇒リフォーム業者に契約内容で騙されました。
  • ⇒リフォーム業者に仕様内容で騙されました。
  • ⇒リフォーム業者に追加工事費用で騙されました。
  • ⇒リフォーム業者に完成引渡時期で騙されました。
  • ⇒リフォーム業者に施工で騙されました。
  • ⇒リフォーム業者に設計で騙されました。
  • リフォーム業者に騙されたので希望のリフォームができませんでした。
  • リフォーム業者に騙されたので希望の予算内の工事ができませんでした。
  • リフォーム業者に騙されたので希望の完成時期の工事ができませんでした。

 

IJSの対処

  • IJSが騙された内容を確認しました。
  • ⇒「誰に騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒「何を騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒「どのように騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒「いつ騙されたか?」を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが騙しの状況を確認しました。
  • IJSが騙しの証拠を確認しました。
  • ⇒IJSが「誰が騙したか?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「いつ騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「騙されたことによる被害の状況は?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「騙されたことによる損害額は?」を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSがリフォーム業者の騙しの手口を明らかにしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム業者が契約をするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム業者が工事費用を高額にするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム業者が工期を引き延ばすために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム業者が設計責任を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム業者が監理責任を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム業者が施工責任を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム業者が義務不履行を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム業者が法令違反を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム業者が債務不履行を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • IJSがリフォーム業者に騙されたことによる損害を証拠にもとづき客観的に評価しました。
  • IJSの評価にもとづいて弁護士に損害賠償請求訴訟を提起してもらい、法的に対処することができました。

 

*IJSはリフォーム業者の騙しの手口の調査を支援します。

*IJSはリフォーム業者の騙しの対処と解決を支援します。

建築士事務所に騙された時の対処についての相談

相談内容

  • 建築士事務所に騙された時の対処がわかりません。
  • ⇒建築士事務所に契約内容で騙されました。
  • ⇒建築士事務所に仕様内容で騙されました。
  • ⇒建築士事務所に追加設計費用で騙されました。
  • ⇒建築士事務所に業務完了期日で騙されました。
  • ⇒建築士事務所に設計業務で騙されました。
  • ⇒建築士事務所に監理業務で騙されました。
  • 建築士事務所に騙されたので希望の設計になりませんでした。
  • 建築士事務所に騙されたので希望の予算になりませんでした。
  • 建築士事務所に騙されたので約束の設計期間が守られませんでした。
  • 建築士事務所に騙されたので住宅設計の夢が叶いませんでした。

 

IJSの対処

  • IJSが騙された内容を確認しました。
  • ⇒「誰に騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒「何を騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒「どのように騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒「いつ騙されたか?」を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが騙しの状況を確認しました。
  • IJSが騙しの証拠を確認しました。
  • ⇒IJSが「誰が騙したか?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「いつ騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「騙されたことによる被害の状況は?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「騙されたことによる損害額は?」を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが建築士事務所の騙しの手口を明らかにしました。
  • ⇒IJSが「建築士事務所が契約をするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「建築士事務所が契約費用を高額にするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「建築士事務所が設計業務期間を延ばすために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「建築士事務所が設計責任を曖昧にするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「建築士事務所が監理責任を曖昧にするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「建築士事務所が調査業務を曖昧にするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「建築士事務所が義務不履行を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「建築士事務所が法令違反を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「建築士事務所が債務不履行を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • IJSが建築士事務所に騙されたことによる損害を証拠にもとづき客観的に評価しました。
  • IJSの評価にもとづいて弁護士に損害賠償請求訴訟を提起してもらい、法的に対処することができました。

 

*IJSは建築士事務所の騙しの手口の調査を支援します。

*IJSは建築士事務所の騙しの対処と解決を支援します。

工務店に騙された時の対処についての相談

相談内容

  • 工務店に騙された時の対処がわかりません。
  • ⇒工務店に契約の内容で騙されました。
  • ⇒工務店に仕様の内容で騙されました。
  • ⇒工務店に追加工事の費用で騙されました。
  • ⇒工務店に完成引渡の時期で騙されました。
  • ⇒工務店に施工で騙されました。
  • ⇒工務店に設計で騙されました。
  • 工務店に騙されたので希望の住宅の建築ができませんでした。
  • 工務店に騙されたので希望の予算内の建築ができませんでした。
  • 工務店に騙されたので希望の完成時期の建築ができませんでした。
  • 工務店に騙されたので住宅建築の夢が叶いませんでした。

 

IJSの対処

  • IJSが騙された内容を確認しました。
  • ⇒「誰に騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒「何を騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒「どのように騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒「いつ騙されたか?」を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが騙しの状況を確認しました。
  • IJSが騙しの証拠を確認しました。
  • ⇒IJSが「誰が騙したか?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「いつ騙されたか?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「騙されたことによる被害の状況は?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「騙されたことによる損害額は?」を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが工務店の騙しの手口を明らかにしました。
  • ⇒IJSが「工務店が契約をするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「工務店が工事費用を高額にするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「工務店が工期を伸ばすために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「工務店が設計責任を曖昧にするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「工務店が監理責任を曖昧にするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「工務店が「施工責任を曖昧にするために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「工務店が「義務不履行を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「工務店が「法令違反を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • ⇒IJSが「工務店が「債務不履行を隠すために騙した」と明らかにしました。
  • IJSが工務店に騙されたことによる損害を証拠にもとづき客観的に評価しました。
  • IJSの評価にもとづいて弁護士に損害賠償請求訴訟を提起してもらい、法的に対処することができました。

 

*IJSは工務店の騙しの手口の調査を支援します。

*IJSは工務店の騙しの対処と解決を支援します。

リフォーム工事の契約で気を付けることについての相談

相談内容

  • リフォーム工事の契約で気を付けることがわかりません。
  • リフォーム工事の契約は「何で契約するのか?」がよくわかりません。
  • リフォーム工事の契約は「何にもとづいて契約するのか?」がよくわかりません。
  • リフォーム工事の契約は「何を確認して契約するのか?」がよくわかりません。
  • リフォーム工事の契約は「どのタイミングで契約したらいいか?」がよくわかりません。
  • リフォーム業者から言われるままに契約をすることが不安です。
  • どのように契約したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが「リフォーム工事の契約は何を契約するのか?」をお教えしました。
  • IJSが「リフォーム工事の契約は何にもとづいて契約するか?」をお教えしました。
  • IJSが「リフォーム工事の契約は何を確認して契約するか?」をお教えしました。
  • IJSが「リフォーム工事の契約はどのタイミングで契約するか?」をお教えしました。
  • IJSが「リフォーム工事の契約の心配をどう解決するのか?」をお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSがリフォーム工事の契約の前に確認しなければいけないことをお教えしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム工事の設計図書を確認しなければいけない」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム工事の仕様書を確認しなければいけない」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム工事の工事費内訳明細書を確認しなければいけない」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム工事の契約をする前に設計図書の説明を受け、承諾するが必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム工事の契約をする前に仕様書の説明を受け、承諾するが必要がある」とお教えしました。
  • ⇒IJSが「リフォーム工事の契約をする前に工事費内訳明細書の説明を受け、承諾するが必要がある」とお教えしました。
  • IJSが「上記の確認と承諾がないままでリフォーム工事の契約をしてはいけない」とお教えしました。

 

IJSの成果

  • IJSが「リフォーム工事の契約は成果物による施工契約である」とお教えしました。
  • IJSが「リフォーム工事の契約は成果物が定める範囲の施工契約である」とお教えしました。
  • IJSが「リフォーム工事の契約の成果物は以下の3つである」とお教えしました。
  1. 設計図書
  2. 仕様書
  3. 工事費内訳明細書
  • IJSが「上記の3つの成果物の説明・確認・承認があった上でリフォーム工事の契約を締結しなければいけない」とお教えしました。
  • IJSが「この手続きがリフォーム工事の契約の注意点である」とお教えしました。
  • IJSが「この手続きがリフォーム工事の契約のトラブル予防につながる」とお教えしました。

 

*IJSはリフォーム工事の契約のトラブルの原因調査を支援します。

*IJSはリフォーム工事の契約のトラブル解決を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話