建築トラブルご相談事例

HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例

建築士の名義貸しによるトラブルの対処についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし工事途中に設計のトラブルが生じました。
  • ⇒実施設計図面の提示なしで工事を進められ、設計のトラブルが生じました。
  • ⇒実施設計図面の説明なしで工事を進められ、設計のトラブルが生じました。
  • 希望の設計通りの施工になっていないのでトラブルになりました。
  • 希望の設計仕様になっていないのでトラブルになりました。
  • 工務店に希望の設計内容に是正するよう求めても応じてくれません。
  • 工務店に希望の設計仕様に是正するよう求めても応じてくれません。
  • このような工務店にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「工務店との設計のトラブルには原因がある」とお教えしました。
  • 「今回のトラブルは工務店と建築士の間でおこなわれた名義貸しに原因がある」とお教えしました。
  • 「建築士が工務店に名義を貸し、建築士が設計監理業務をおこなっているかのように装うことを名義貸しと言う」とお教えしました。
  • 名義貸しによってどのような状況が生じるか」をお教えしました。
  • 実施設計図面の未提示による設計内容が未確認・未承認の設計業務義務違反の状況。
  • 実施設計図面の未提示による設計仕様が未確認・未承認の設計業務義務違反の状況。
  • 工事監理者不在による工事監理者の監理業務義務違反の状況。
  • 名義貸しは建築士法違反に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが名義貸しの実態を確認しました。
  • ⇒建築士と工務店の間で名義貸しがおこなわれていた事実を確認しました。
  • ⇒建築士が注文者に実施設計図面の提示をしていない事実を確認しました。
  • ⇒建築士が注文者に実施設計図面の設計内容の説明をしていない事実を確認しました。
  • ⇒建築士が注文者に実施設計図面の設計仕様の説明をしていない事実を確認しました。
  • ⇒建築士が工事の監理業務を履行していない事実を確認しました。

 

IJSの成果

  • 工務店と建築士に名義貸しを止めるように申入れました。
  • 建築士に「名義貸しが原因で設計のトラブルが生じている」と告知しました。
  • 建築士に「名義貸しが原因で仕様のトラブルが生じている」と告知しました。
  • 建築士に「名義貸しが原因で監理のトラブルが生じている」と告知しました。
  • 建築士に適切な設計業務を履行するように申し入れました。
  • 建築士に適切な監理業務を履行するように申し入れました。
  • 建築士と工務店に希望通りの設計内容希望通りの仕様内容に是正するように申し入れました。
  • 建築士と工務店が是正に応じなかったため、IJSの名義貸しの実態調査にもとづいて弁護士により是正費用を請求してもらいました。

 

*IJSは名義貸しの実態調査を支援します。

*IJSは名義貸しのトラブル解決を支援します。

請負者(元請)の丸投げトラブルの対処についての相談

相談内容

  • 工務店と工事請負契約を締結し、住宅建築を依頼しました。
  • しかし工事現場で工務店の社員を見かけないので違和感を覚えました。
  • ⇒工務店が工事を丸投げ(一括下請負)していました。
  • 工務店に工事の丸投げ(一括下請負)を止めるよう求めました。
  • しかし工務店は「工事の丸投げ(一括下請負)は一般的なことなので特に問題ない」と言って逆に開き直っています。
  • このような工務店にどう対処したらいいかがわかりません。
  • このような工務店の丸投げ(一括下請負)にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「請負者(元請工務店)の丸投げ(一括下請負)が法令で禁じられている」とお教えしました。
  • 「請負者(元請工務店)の丸投げ(一括下請負)が建設業法22条で禁じられている」とお教えしました。
  • 「建設業法22条で丸投げ(一括下請負)が禁じられている理由」をお教えしました。
  • ⇒工事の品質確保が疎かになるため。
  • ⇒工事の労務管理が疎かになるため。
  • 「請負者の丸投げ(一括下請負)は違法行為である」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが工務店(請負者)の丸投げ(一括下請負)の実態を確認しました。
  • ⇒工務店が特定の業者に工事を一括で発注している事実を確認しました。
  • ⇒工務店の現場管理者の未選任を確認しました。
  • ⇒工務店の建築士の設計者としての責任不履行を確認しました。
  • ⇒工務店の建築士の監理者としての責任不履行を確認しました。

 

IJSの成果

  • 工務店に「工事の運営が丸投げ(一括下請負)に当たる」と告知しました。
  • 工務店に「工事の運営が建設業法22条一括下請負禁止に抵触している」と告知しました。
  • 工務店に「丸投げ(一括下請負)が違法行為に当たる」と告知しました。
  • 工務店に丸投げ(一括下請負)が工事請負契約の違反に当たるので、是正をするまで工事中断をするよう求めました。
  • ⇒しかし工務店は丸投げ(一括下請負)の是正にも応じませんでした。
  • ⇒しかし工務店は工事中断の申入れにも応じませんでした。
  • やむを得ずIJSの調査による丸投げ(一括下請負)の立証証拠にもとづき、弁護士から契約解除を求めてもらいました。
  • 弁護士による契約解除ではIJSの出来高評価にもとづき、出来高精算として返金(500万円)も求めてもらいました。
  • IJSに相談をしたことで弁護士に対処してもらえ、納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは丸投げ(一括下請負)の状況調査を支援します。

*IJSは丸投げ(一括下請負)のトラブル解決を支援します。

建築士事務所から業務中断を告知された時の対処についての相談

相談内容

  • 建築士事務所に住宅の設計を依頼しました。
  • しかし建築士事務所と設計の途中でトラブルになりました。
  • ⇒建築士事務所から突然業務中断の告知を受けました。
  • ⇒建築士事務所から「設計監理業務委託契約も中断する」と言われました。
  • 建築士事務所からの業務中断の告知にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「建築士事務所が業務中断を告知する時には理由が必要である」とお教えしました。
  • 「建築士事務所が業務中断を告知する時には設計監理業務委託契約約款業務中断条項によらなければならない」とお教えしました。
  • 「建築士事務所は自己都合で業務中断ができない」とお教えしました。
  • 「建築士事務所が自己都合で業務中断を告知した場合、一方的な不当な業務中断に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが、建築士事務所からの業務中断理由を確認しました。
  • IJSが、建築士事務所からの業務中断理由設計監理業務委託契約約款業務中断条項によるものかを確認しました。
  • IJSが、建築士事務所からの業務中断が建築士事務所の自己都合に当たるか否かを確認しました。
  • IJSが、建築士事務所からの業務中断一方的で不当な行為に当たるか否かを確認しました。
  • IJSが、建築士事務所からの業務中断の告知に応じなければならないか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 「建築士事務所側から業務中断を告知できるのは委託者側に債務不履行があった時」という規定を確認しました。
  • IJSの調査により、委託者側に債務不履行がないことを確認しました。
  • IJSの調査により、建築士事務所側が業務中断を告知できるケースには当たらないことを確認しました。
  • IJSの調査により、建築士事務所からの業務中断の告知が一方的な不当な行為に当たることを確認しました。
  • IJSの調査により、建築士事務所からの業務中断に応じる必要がないことを確認しました。
  • 建築士事務所に対して「契約違反の一方的で不当な業務中断に当たる」と逆に告知し、是正を求めました。
  • しかし建築士事務所は是正に応じませんでした。
  • やむを得ず弁護士から「契約違反の一方的で不当な業務中断に当たる」を理由として契約解除の手続きを進めてもらいました。
  • 弁護士による契約解除手続きで、IJSの成果物評価にもとづいて250万円の返金請求をしてもらいました。
  • IJSの調査と弁護士による手続きのおかげで納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは業務中断トラブルの状況調査を支援します。

*IJSは業務中断トラブルの解決を支援します。

工務店から工事中断を告知された時の対処方法についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし工務店と工事途中にトラブルになりました。
  • ⇒工務店から突然工事中断の告知を受けました。
  • ⇒工務店から「工事請負契約も中断する」と言われました。
  • 工務店からの工事中断の告知にどう対処したらいいでしょうか?
  • 工務店からの工事中断の告知にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「工務店が工事中断を告知する時には理由が必要である」とお教えしました。
  • 「工務店が工事中断を告知する時には工事請負契約約款工事中断規定によらなければならない」とお教えしました。
  • 「工務店は自己都合で工事中断ができない」とお教えしました。
  • 「工務店が自己都合で工事中断を告知した場合、契約違反一方的で不当な中断に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが、工務店からの工事中断理由を確認しました。
  • IJSが、工務店からの工事中断理由工事請負契約約款工事中断規定によるものかを確認しました。
  • IJSが、工務店からの工事中断が工務店の自己都合に当たるか否かを確認しました。
  • IJSが、工務店からの工事中断一方的で不当な中断に当たるか否かを確認しました。
  • IJSが、工務店からの工事中断に応じなければならないか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 「工務店側から工事中断を告知できるのは注文者側に債務不履行があった時」という規定を確認しました。
  • IJSの調査により、注文者側に債務不履行がないことを確認しました。
  • IJSの調査により、工務店側が工事中断を告知できるケースには当たらないことを確認しました。
  • IJSの調査により、工務店からの工事中断の告知が一方的で不当な中断に当たることを確認しました。
  • IJSの調査により、工務店からの工事中断に応じる必要がないことを確認しました。
  • 工務店に対して「契約違反の一方的で不当な工事中断に当たる」と逆に告知し、是正を求めました。
  • しかし工務店は是正に応じませんでした。
  • やむを得ず弁護士から「契約違反の一方的で不当な工事中断にあたる」を理由として契約解除の手続きを進めてもらいました。
  • 弁護士による契約解除手続きでは、IJSの出来高評価にもとづいて700万円の返金請求をしてもらいました。
  • IJSの調査と弁護士による手続きにより、納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは工事中断トラブルの状況調査を支援します。

*IJSは工事中断のトラブル解決を支援します。

建築士事務所から契約解除を告知された時の対処方法についての相談

相談内容

  • 建築士事務所と設計監理業務委託契約を締結し、住宅の設計を依頼しました。
  • しかし建築士事務所と設計途中でトラブルになりました。
  • ⇒建築士事務所から突然契約解除の告知を受けました。
  • ⇒建築士事務所から「設計監理業務委託契約の継続ができない」と言われました。
  • 建築士事務所からの契約解除の告知にどう対処したらいいでしょうか?
  • 建築士事務所からの契約解除の告知にどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「建築士事務所が契約解除を告知する時には理由が必要である」とお教えしました。
  • 「建築士事務所が契約解除を告知する時には設計監理業務委託契約約款によらなければならない」とお教えしました。
  • 「建築士事務所は自己都合で契約解除ができない」とお教えしました。
  • 「建築士事務所が自己都合で契約解除を告知した場合、契約違反一方的で不当な解約に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが、建築士事務所からの契約解除理由を確認しました。
  • IJSが、建築士事務所からの契約解除理由設計監理業務委託契約約款解約条項によるものかを確認しました。
  • IJSが、建築士事務所からの契約解除建築士事務所自己都合当たるか否かを確認しました。
  • IJSが、建築士事務所からの契約解除一方的で不当な解約に当たるか否かを確認しました。
  • IJSが、建築士事務所からの契約解除に応じなければならないか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 「建築士事務所側から契約解除を告知できるのは委託者側に債務不履行があった時」という規定を確認しました。
  • IJSの調査により、委託者側に債務不履行がないことを確認しました。
  • IJSの調査により、建築士事務所側が契約解除を告知できるケースには当たらないことを確認しました。
  • IJSの調査により、建築士事務所からの契約解除の告知が一方的で不当な解約に当たることを確認しました。
  • IJSの調査により、建築士事務所からの契約解除に応じる必要がないことを確認しました。
  • 建築士事務所に対して「契約違反の一方的で不当な解約に当たる」と告知をし、逆に弁護士により契約解除の手続きを進めてもらいました。
  • 建築士事務所に対して「契約違反の一方的で不当な解約に当たる」を理由とし、逆に弁護士からIJSの成果物評価にもとづいて300万円の返金請求をしてもらいました。
  • IJSの調査と弁護士の解約手続きにより、納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは契約解除トラブルの状況調査を支援します。

*IJSは契約解除トラブルの解決を支援します。

工務店から契約解除を告知された時の対処方法についての相談

相談内容

  • 工務店に住宅建築を依頼しました。
  • しかし工務店と工事の途中でトラブルになりました。
  • 工務店から突然契約解除の告知を受けました。
  • 工務店から「工事請負契約を継続する意思はない」と言われました。
  • しかし工務店からの一方的な契約解除の告知は承諾できません。
  • このような工務店からの契約解除の告知にどう対処したらいいでしょうか?

 

IJSの対応

  • 「工務店から契約解除を告知された時には、契約解除の理由を確認する必要がある」とお教えしました。
  • 「工務店から契約解除を告知された時には、工事請負契約約款の解約条項に該当するかを確認する必要がある」とお教えしました。
  • 「工務店は自己都合で契約解除をできない」とお教えしました。
  • 「工務店が自己都合で契約解除を告知した時には、一方的で不当な解約に当たる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSが工務店からの契約解除理由を確認しました。
  • ⇒IJSが工務店からの契約解除理由が、工事請負契約約款の解約条項に該当するか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが工務店からの契約解除が、工務店の自己都合による契約解除に該当するか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが工務店からの契約解除が、一方的な不当な契約解除に該当するか否かを確認しました。
  • IJSが工務店からの契約解除の要求に応じなければならないか否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • まず「工務店側が自己都合で契約解除を告知できるのは注文者側の債務不履行があった場合のみ」と規定されていることを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、注文者側に債務不履行がないことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店側が契約解除の告知ができるケースには該当しないことを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店側からの契約解除の告知が一方的で不当な解約に該当することを確認しました。
  • ⇒IJSの調査により、工務店側からの契約解除の要求に応じる必要がないことを確認しました。
  • 工務店に対して「契約違反の一方的で不当な解約に当たる」と告知し、逆に弁護士に契約解除の手続きを進めてもらいました。
  • 弁護士にIJSの調査にもとづき、出来高精算による500万円の返金も求めてもらいました。
  • IJSの調査と弁護士の解約手続きによって納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは契約解除トラブルの状況調査を支援します。

*IJSは契約解除トラブルの解決を支援します。

実施設計時におけるトラブルへの対処方法についての相談

相談内容

  • 建築士に住宅建築の設計を依頼しました。
  • しかし実施設計で合意ができずに困っています。
  • 実施設計時の内容が基本設計の内容と異なっているため合意ができません。
  • 基本設計時の設計内容を建築士が勝手に変更しています。
  • 基本設計時の予算を大幅にオーバーした工事費用になっています。
  • 建築士は今になって「希望通りにできない」と言い出しています。
  • 建築士は今になって「予算内での設計はできない」と言い出しています。
  • 建築士と実施設計の段階で合意ができないためトラブルになっています。
  • しかしこのような建築士にどう対処したらいいかがわかりません。
  • このような建築士との実施設計におけるトラブルの対処方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「実施設計において合意ができないトラブルには原因がある」とお教えしました。
  • 「実施設計において合意ができないトラブルは原因の確認が必要である」とお教えしました。
  • ⇒基本設計時の設計内容を勝手に変更した原因が、建築士の設計業務の義務不履行によるものかの確認が必要です。
  • ⇒基本設計時の予算を大幅にオーバーした原因が、建築士の設計業務の義務不履行によるものかの確認が必要です。
  • 「原因の確認が実施設計に合意ができないトラブルの対処方法である」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSがトラブルの原因を確認しました。
  • ⇒基本設計時の設計内容を勝手に変更した原因が、建築士の義務不履行によるものかの確認をしました。
  • ⇒基本設計時の予算を大幅にオーバーした原因が、建築士の義務不履行によるものかの確認をしました。
  • 上記により建築士が義務を履行していなかったことを確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが調査によりトラブルの原因を確認しました。
  • 実施設計時に基本設計の設計内容を勝手に変更したこと基本設計の予算を大幅にオーバーしたことの原因を特定しました。
  • ⇒建築士の基本設計時における設計内容の説明設計内容の承諾の業務不履行に起因することを特定しました。
  • 建築士に建築士法が定める義務の履行を求めました。
  • 建築士に建築士法が定める義務の履行に応じない場合には解約する旨を申し入れました。
  • しかし建築士は建築士法が定める義務の履行には応じませんでした。
  • IJSの調査で確認した内容にもとづき、建築士の義務不履行法令違反に起因した債務不履行を理由として弁護士から契約解除成果物精算を求めてもらいました。
  • IJSの調査と弁護士の解約手続きにより解決ができました。

 

*IJSは実施設計時のトラブルの原因調査を支援します。

*IJSは実施設計時のトラブル解決を支援します。

基本設計におけるトラブルの対処方法についての相談

相談内容

  • 建築士に住宅建築の設計を依頼しました。
  • しかし基本設計で合意ができずに困っています。
  • 基本設計の内容が希望と異なっているため合意ができません。
  • 設計内容が希望通りになっていません。
  • 工事費用が予算に合っていません。
  • 建築士はいまになって「希望通りにはできない」と言い出しました。
  • 建築士はいまになって「希望通りの基本設計には応じられない」と言い出しました。
  • 建築士と基本設計の段階で合意ができないためトラブルになっています。
  • しかしこのような建築士にどう対処したらいいかがわかりません。
  • このような建築士との基本設計におけるトラブルの対処方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「基本設計に合意ができないトラブルには原因がある」とお教えしました。
  • 「基本設計に合意ができないトラブルの解決には原因の確認が必要である」とお教えしました。
  • ⇒設計内容が希望通りになっていない原因が建築士の設計業務の義務不履行によるものかの確認が必要です。
  • ⇒工事費用が予算に合っていない原因が建築士の設計業務の義務不履行によるものかの確認が必要です。
  • 「原因の確認が基本設計に合意ができないトラブルの対処方法である」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSがトラブルの原因を確認しました。
  • ⇒設計内容が希望通りになっていない原因が、建築士の設計業務の手続き方法を定めた設計業務委託書の不履行によるものかを確認しました。
  • ⇒工事費用が予算に合っていない原因が、建築士の設計業務の手続き方法を定めた設計業務委託書の不履行によるものかを確認しました。
  • 上記により建築士が設計業務委託書の定める手続き方法の義務を履行していなかったことを確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが調査によりトラブルの原因を確認しました。
  • 基本設計における設計内容が希望通りになっていないトラブル工事費用が予算に合っていないトラブルの原因を特定しました。
  • ⇒建築士が設計業務委託書の定める基本設計業務前の企画調査業務において、委託者の設計内容の希望(建設意図と要求条件)の確認その承諾の手続き義務の不履行が原因でした。
  • 建築士に企画調査業務における建設意図と要求条件の確認その承諾手続きの義務の不履行を指摘し、義務にもとづいた設計業務を履行するよう求めました。
  • 建築士に「設計業務の義務を履行しない場合には、義務不履行を理由として解約する」と申し入れました。
  • 強く申し入れをしたことで建築士が義務の履行による希望通りの基本設計に応じるようになりました。

 

*IJSは基本設計におけるトラブルの原因調査を支援します。

*IJSは基本設計におけるトラブルの解決を支援します。

雨漏りトラブルの対処についての相談

相談内容

  • 住宅完成後、雨漏りで困っています。
  • ⇒住宅完成後、窓廻りからの雨漏り屋根からの雨漏りで困っています。
  • 工務店に雨漏りの是正を求めましたが、適切な対処をしてくれません。
  • 工務店は応急の修理をするだけで抜本的な雨漏りの是正をしてくれません。
  • 工務店に抜本的な雨漏りの是正を求めても応じてくれません。
  • 工務店に雨漏りの原因を尋ねても納得のいく回答がありません。
  • このような工務店に雨漏りの是正を求めたいのですが、どう対処したらいいかがわかりません。
  • このような工務店に雨漏りの是正を求める方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「住宅の雨漏りには原因がある」とお教えしました。
  • 「解決には雨漏りの原因を確認する必要がある」とお教えしました。
  • 窓廻りからの雨漏りの原因が施工瑕疵設計瑕疵監理瑕疵よるものかの確認。
  • 屋根からの雨漏りの原因が施工瑕疵設計瑕疵監理瑕疵によるものかの確認。
  • 「確認した原因の種類によって対処を求める先が異なる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSがトラブルの原因を確認しました。
  • 雨漏りの原因が施工不良による施工瑕疵に当たるか否かを確認しました。
  • 施工瑕疵の場合は施工者に是正を求めることになります。
  • 雨漏りの原因が設計ミスによる設計瑕疵に当たるか否かを確認しました。
  • 設計瑕疵の場合は設計者に是正を求めることになります。
  • 雨漏りの原因が監理ミスによる監理瑕疵に当たるか否かを確認しました。
  • 監理瑕疵の場合は監理者に是正を求めることになります。
  • 上記の確認により雨漏りの原因と、雨漏りの責任を負う者を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが調査によりトラブルの原因を特定しました。
  • 窓廻りからの雨漏り窓枠施工時の防水紙の施工不良が原因で生じた施工瑕疵に当たることを特定しました
  • 屋根からの雨漏り屋根下地ルーフィングの施工不良が原因で生じた施工瑕疵に当たることを特定しました。
  • 窓廻りからの雨漏り屋根からの雨漏りの責任を負う者が施工者(工務店)になることを特定しました。
  • 工務店に雨漏りの修補・是正をおこなうように求めました。
  • 工務店に住宅瑕疵担保保険を適用して窓廻りからの雨漏り屋根からの雨漏りの抜本的な修補・是正をおこなうように求めました。
  • 工務店に住宅瑕疵担保保険を適用した修補・是正をおこなうように強く求めたことで解決ができました。

 

*IJSは雨漏りの原因調査を支援します。

*IJSは雨漏りのトラブル解決を支援します。

結露のトラブルの対処方法についての相談

相談内容

  • 住宅完成後、結露がひどくて困っています。
  • 工務店に結露の是正を求めましたが、工務店は応じてくれません。
  • 工務店は「結露は住み方の問題であり、工務店の問題ではない」と言い、取り合ってくれません。
  • 工務店は「結露はよくあることで問題はない」と言い、取り合ってくれません。
  • 窓の窓枠とガラス面の全体がかなりひどい結露で困っています。
  • 窓のレール部に結露水がたまっている状況で困っています。
  • 壁紙が結露でひどく濡れた状況で困っています。
  • 天井が結露でひどく濡れた状況で困っています。
  • 住宅が「結露で腐ってしまうのではないか?」と心配です。
  • しかし工務店が取り合ってくれないのでどうしたらいいかわかりません。
  • このような工務店に対して結露の対処を求める方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 「住宅の結露トラブルには原因がある」とお教えしました。
  • 「解決には結露の原因の確認が必要である」とお教えしました。
  • ⇒「結露の原因が施工瑕疵によるものかどうかの確認が必要である」とお教えしました。
  • ⇒「結露の原因が設計瑕疵によるものかどうかの確認が必要である」とお教えしました。
  • ⇒「結露の原因が監理瑕疵によるものかどうかの確認が必要である」とお教えしました。
  • 結露トラブルの原因によって対処の求め先が異なる」とお教えしました。

 

IJSの解決策

  • IJSがトラブルの原因を確認しました。
  • 結露の原因が断熱材の施工不良によるものか否かを確認しました。
  • 結露の原因が断熱材の能力不足によるものか否かを確認しました。
  • ⇒結露の責任を負う者が施工者であるか否かを確認しました。
  • ⇒結露の責任を負う者が設計者であるか否かを確認しました。
  • ⇒結露の責任を負う者が監理者であるか否かを確認しました。
  • 上記より結露原因結露責任を負う者を確認しました。

 

IJSの成果

  • IJSが調査によりトラブルの原因を特定しました。
  • 断熱材の施工不良が結露の原因であることを特定しました。
  • 断熱材の能力不足が結露の原因であることを特定しました。
  • 施工者が結露の責任を負う者であることを特定しました。
  • 設計者が結露の責任を負う者であることを特定しました。
  • 監理者が結露の責任を負う者であることを特定しました。
  • 工務店(施工者)と 建築士事務所(設計者・監理者)に結露の修補・是正を求めました。
  • 工務店(施工者)と 建築士事務所(設計者・監理者)が結露の修補・是正に応じないことから、弁護士に依頼をして法的手続きにより修補是正の工事費用を損害費用として賠償請求してもらいました。

 

*IJSは結露の原因調査を支援します。

*IJSは結露のトラブル解決を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話