建築トラブルご相談事例

HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例

【工事監理】不履行による損害の対処についての相談

相談内容

  • 施工が工事請負契約で約された図面通り建物配置になっていません。
  • 施工が工事請負契約で約された図面通り天井高さになっていません。
  • 施工が工事請負契約で約された図面通り窓の仕様になっていません。
  • 施工が工事請負契約で約された図面通り床材仕様になっていません。
  • 施工が工事請負契約で約された図面通り壁材仕様になっていません。
  • 施工が工事請負契約で約された図面通り設備仕様になっていません。
  • 上記が理由で工務店とトラブルになっています。

 

IJSの対応

  • 工事請負契約で約された図面通りの施工になっていない状況を確認しました。
  • 建物配置図面通りになっていないことを確認しました。
  • 天井高さ図面通りになっていないことを確認しました。
  • 窓の仕様図面通りになっていないことを確認しました。
  • 床材仕様図面通りになっていないことを確認しました。
  • 壁材仕様図面通りになっていないことを確認しました。
  • 設備仕様図面通りになっていないことを確認しました。

 

IJSの解決策

  • 工事請負契約で約された図面通りの施工になっていない原因を確認しました。
  • ⇒工事請負契約に際して建築士から設計内容の説明を受けた経緯が無いことが分りました。
  • ⇒工事請負契約に際して建築士から確認申請内容の説明を受けた経緯が無いことが分りました。
  • ⇒工事着手後に建築士から工事監理内容の説明を受けた経緯が無いことが分りました。
  • ⇒建築士が工事監理を行った事実が無いことを確認しました。

 

IJSの成果

  • 工事請負契約で約された図面通りの施工になっていない原因が名義貸しに起因していることを確認しました。
  • 工務店と建築士による名義貸しにより、工事監理者(建築士)は名義を貸しているだけで工事監理を行っていなかったことを確認しました。
  • 工事監理者を置かず、工務店が設計図面通りの施工を行っていなかった事実を確認しました。
  • 工事監理者を置かない工事運営が違法行為に当たることを確認しました。
  • 工事監理者を置かずに工務店が図面通りの施工を行っていなかったことが原因で損害を被っていました。
  • 工事監理を行っていなかった工事監理者(建築士)に是正を求めました。
  • 名義貸しを主導的に行った工務店に是正を求めました。
  • 名義を貸した建築士と工務店が是正に応じないことから弁護士に依頼をし、法的手続きで解決を図りました。

 

*IJSは工事監理トラブルの原因調査を支援します。

*IJSは工事監理トラブルの解決を支援します。

名義貸し行為の見極め方についての相談

相談内容

  • 工務店が勝手に建築確認申請を進めていました。
  • 工務店が勝手に設計業務を進めていました。
  • 工務店は私の知らない建築士建築確認申請を依頼していました。
  • 工務店は私の知らない建築士設計業務を依頼していました。
  • 工務店が勝手に建築確認申請を進めたのでトラブルになっています。
  • 工務店が勝手に設計業務を進めたのでトラブルになっています。
  • しかしトラブルの対処の仕方が分かりません。
  • トラブルの対処の仕方を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 工務店が勝手に建築確認申請を進めた状況を確認しました。
  • 工務店が勝手に建築確認申請を進めたトラブルの状況を確認しました。
  • 工務店が勝手に設計業務を進めた状況を確認しました。
  • 工務店が勝手に設計業務を進めたトラブルの状況を確認しました。

 

IJSの解決策

  • 工務店が勝手に建築確認申請を進めたことが名義貸しに起因しているか否かを確認しました。
  • 工務店が勝手に建築確認申請を進めたことが誰の義務不履行に当たるかを確認しました。
  • 工務店が勝手に建築確認申請を進めたことがどのような法令違反に当たるかを確認しました。
  • 工務店が勝手に設計業務を進めたことが名義貸しに起因しているか否かを確認しました。
  • 工務店が勝手に設計業務を進めたことが誰の義務不履行に当たるかを確認しました。
  • 工務店が勝手に設計業務を進めたことがどのような法令違反に当たるかを確認しました。

 

IJSの成果

  • 工務店が勝手に建築確認申請設計業務を進めたことが名義貸しに当たることを確認しました。
  • 工務店建築士に依頼をして勝手に建築確認申請設計業務を進めたことが建築士の義務不履行に当たることを確認しました。
  • 工務店が建築士に依頼をして勝手に設計業務を進めたことが工務店と建築士の法令違反に当たることを確認しました。
  • 工務店と建築士が勝手に建築確認申請設計業務を進めることを名義貸と言います。
  • 工務店と建築士が勝手に建築確認申請設計業務を進める名義貸し希望通りではない建物を建てられることになります。
  • 要注意です。
  • このような名義貸しによるトラブルは少なくありません。
  • 以下のような場合は名義貸しを疑うべきです。
  1. 建築士との面識がなく工事請負契約を締結している場合。
  2. 建築士と設計打ち合わせをしていない場合。
  • 名義貸しに気が付いた場合、契約を中断して法令遵守による建築手続きを強く求めて下さい。
  • 名義貸しの是正を求めても業者が是正に応じない場合は契約解除を検討する必要があります。

 

*IJSは名義貸しの調査を支援します。

*IJSは名義貸しの対処を支援します。

設計事務所から訴訟を起こされた時の対処方法についての相談

相談内容

  • 設計事務所から訴訟を起こされて困っています。
  • 設計事務所と追加設計費用が原因でトラブルになり、その結果訴訟になりました。
  • 設計事務所から追加設計費用を不当に請求されました。
  • 設計事務所に「不当な追加設計費用の請求には応じない」と伝えました。
  • その結果、突然設計事務所から訴訟を起こされました。
  • 設計事務所の対応には納得ができません。
  • 設計事務所の不誠実な対応に怒りを感じています。
  • 設計事務所の身勝手な対応に怒りを感じています。
  • しかし設計事務所から起こされた訴訟にどう対処したらいいかが分かりません。
  • 設計事務所から起こされた訴訟に対処する方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 設計事務所から起こされた訴訟の訴訟内容を確認しました。
  • 訴状請求趣旨を事実に照らして確認しました。
  • 訴状請求原因を事実に照らして確認しました。
  • ⇒設計事務所の訴状での主張が事実と相異しているか否かを確認しました。
  • ⇒設計事務所の訴状での主張が事実にもとづいた証拠によるものか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • 設計事務所から起こされた訴訟の訴状内容の問題点を検証しました。
  • 請求趣旨に事実にもとづいていない点があることを検証しました。
  • 請求原因に事実にもとづいていない点があることを検証しました。
  • ⇒設計事務所の訴状での主張が事実と相異していることを検証しました。
  • ⇒設計事務所の訴状での主張が事実にもとづいておらず、客観的な証拠によらないことを検証しました。

 

IJSの成果

  • 設計事務所から起こされた訴訟の訴状内容の問題点を具体的に立証しました。
  • 設計事務所から起こされた訴訟の訴状内容の問題点を争点毎に証拠にもとづいて立証しました。
  • 設計事務所の主張が設計監理業務委託契約設計監理業務委託契約約款設計業務委託書監理業務委託書にもとづいていないことを確認しました。
  • 上記の立証結果を客観的事実客観的証拠にもとづいて弁護士に報告する準備を進めました。
  • 上記の立証結果を弁護士に報告しました。
  • 上記の立証結果にもとづいて弁護士に訴訟の対処を進めてもらいました。

 

*IJSは設計事務所から起こされた訴状内容調査を支援します。

*IJSは設計事務所から起こされた訴訟訴訟準備を支援します。

工務店から訴訟を起こされた時の対処方法についての相談

相談内容

  • 工務店から訴訟を起こされて困っています。
  • 工務店と瑕疵是正が原因でトラブルになり、その結果訴訟を起こされました。
  • 工務店は瑕疵是正に応じませんでした。
  • 工務店が瑕疵是正に応じないので残金支払留保しました。
  • その結果、突然工務店から訴訟を起こされました。
  • 工務店の対応に納得ができません。
  • 工務店の不誠実な対応に怒りを感じています。
  • 工務店の身勝手な対応に怒りを感じています。
  • しかし工務店から起こされた訴訟にどう対処したらいいかが分かりません。
  • 工務店から起こされた訴訟に対処する方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 工務店に起こされた訴訟の訴状内容を確認しました。
  • 訴状請求趣旨を事実に照らして確認しました。
  • 訴状請求原因を事実に照らして確認しました。
  • ⇒工務店の訴状での主張が事実と相異しているか否かを確認しました。
  • ⇒工務店の訴状での主張が事実にもとづいた証拠によるものか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • 工務店から起こされた訴訟の訴状内容の問題点を検証しました。
  • 請求趣旨が事実にもとづいていないことを確認しました。
  • 請求原因が事実にもとづいていないことを確認しました。
  • ⇒工務店の訴状での主張が事実と相異していることを確認しました。
  • ⇒工務店の訴状での主張が事実にもとづかない客観的な証拠によらないことを確認しました。

 

IJSの成果

  • 工務店から起こされた訴訟の訴状内容の問題点を具体的に立証しました。
  • 工務店から起こされた訴訟の訴状内容の問題点を争点毎に証拠もとづいて立証しました。
  • 工務店の主張が工事請負契約工事請負契約約款設計図書仕様書工事費内訳明細書にもとづいていないことを立証しました。
  • 上記の立証結果を客観的事実客観的証拠にもとづいて弁護士に報告する準備を進めました。
  • 上記の立証結果を弁護士に報告しました。
  • 上記の立証結果にもとづいて弁護士に訴訟の対処を進めてもらいました。

 

*IJSは工務店から起こされた訴状内容調査を支援します。

*IJSは工務店から起こされた訴訟訴訟準備を支援します。

設計事務所からの不当な追加設計費用の請求についての相談

相談内容

  • 設計事務所から追加設計費用を請求されてトラブルになっています。
  • 設計事務所から承知をしていない追加設計費用を請求されて困っています。
  • 設計事務所から追加設計費用が生じることに関しては一切聞いていません。
  • 設計事務所は「追加設計費用を支払わないと設計業務を中断する」と言っています。
  • 設計事務所は「追加工事費用を支払わないと契約を解除する」と言っています。
  • 設計事務所は「追加設計費用を支払わないと損害賠償請求する」と言っています。
  • しかしこのような設計事務所への対応の仕方が分かりません。
  • このような設計事務所への対応の仕方を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 設計事務所との設計業務委託契約の契約内容を確認しました。
  • 設計事務所との設計業務委託契約約款の約定を確認しました。
  • 追加設計費用の請求手続きの規定の有無を確認しました。
  • 追加設計費用の請求の仕方の事実関係を確認しました。
  • 追加設計費用の請求の仕方が適切であるか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • 設計事務所が追加設計費用を請求する手続き方を具体的に確認しました。
  • 設計業務委託契約を遵守した追加設計費用の請求かを確認しました。
  • 設計業務委託契約約款を遵守した追加設計費用の請求かを確認しました。
  • ⇒追加設計費用の請求手続きが適切か否かを確認しました。
  • ⇒追加設計費用の請求が適切な成果物にもとづいているか否かを確認しました。
  • ⇒追加設計費用の請求が適切な説明にもとづいているか否かを確認しました。
  • ⇒追加設計費用の請求が委託者の承認を得たうえでの請求か否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 追加設計費用の請求が設計業務委託契約を遵守していない請求に当たる旨を設計事務所に文書で通知しました。
  • 追加設計費用の請求が設計業務委託契約約款を遵守していない請求に当たる旨を設計事務所に文書で通知しました。
  • 追加設計費用の請求が不適切な請求手続きでの請求に当たる旨を設計事務所に文書で通知しました。
  • 追加設計費用の請求が委託者未承認での請求に当たる旨を設計事務所に文書で通知しました。
  • それでも設計事務所が不適切な追加設計費用を請求する場合、契約違反追加設計費用の説明義務違反を理由として弁護士による契約解除手続きを進めることを文書で通知しました。
  • 文書で強く申し入れたことで、当事者間の協議で解決ができました。

 

*IJSは追加設計費用の請求内容調査を支援します。

*IJSは追加設計費用のトラブル解決を支援します。

工務店からの不当な追加工事費用請求についての相談

相談内容

  • 工務店から追加工事費用の請求をされてトラブルになっています。
  • 工務店から承知をしていない追加工事費用を請求されて困っています。
  • 工務店から追加工事費用の支払を求められています。
  • 工務店から追加工事費用があることは一切聞いていません。
  • 工務店は「追加工事費用を支払わないと工事を中断する」と言っています。
  • 工務店は「追加工事費用を支払わないと契約を解除する」とも言っています。
  • 工務店は「追加工事費用を支払わないと損害賠償請求をする」とも言っています。
  • しかしこのような工務店への対応の仕方が分かりません。
  • このような工務店への対応の仕方を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 工務店との工事請負契約の契約内容を確認しました。
  • 工務店との工事請負契約約款の約定を確認しました。
  • 追加工事費用の請求手続きの規定の有無を確認しました。
  • 追加工事費用の請求の仕方の事実関係を確認しました。
  • 追加工事費用の請求の仕方が適切であるか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • 工務店の追加工事費用の請求における手続きを具体的に確認しました。
  • 工事請負契約を遵守した追加工事費用の請求かを確認しました。
  • 工事請負契約約款を遵守した追加工事費用の請求かを確認しました。
  • ⇒追加工事費用の請求手続きが適切か否かを確認しました。
  • ⇒追加工事費用の請求が適切な成果物にもとづいているか否かを確認しました。
  • ⇒追加工事費用の請求が適切な説明にもとづいているか否かを確認しました。
  • ⇒追加工事費用の請求が発注者の承認を得たうえでの請求か否かを確認しました。

 

IJSの成果

  • 追加工事費用の請求が工事請負契約を遵守していない請求である旨を工務店に文書で通知しました。
  • 追加工事費用の請求が工事請負契約約款を遵守していない請求である旨を工務店に文書で通知しました。
  • 追加工事費用の請求が不適切な請求手続きでの請求に当たる旨を工務店に文書で通知しました。
  • 追加工事費用の請求が発注者未承認の請求に当たる旨を工務店に文書で通知しました。
  • 工務店が不適切な追加工事費用を請求する場合、契約違反追加工事費用の説明義務違反追加工事にかかわる法令違反を理由として弁護士による契約解除手続きを進めることを文書で通知しました。
  • 文書で強く申入れをしたことで、当事者間の協議で解決ができました。

 

*IJSは追加工事費用の請求内容調査を支援します。

*IJSは追加工事費用のトラブル解決を支援します。

大規模改修工事のトラブルについての相談

相談内容

  • 住宅の増改築工事でトラブルになりました。
  • 住宅の増改築工事の途中にトラブルになりました。
  • 住宅の増改築工事の途中に施工不良でトラブルになりました。
  • 住宅の増改築工事の途中に無断の設計変更でトラブルになりました。
  • 住宅の増改築工事の途中に無断の仕様変更でトラブルになりました。
  • 工務店に是正を求めていますが工務店は是正に応じてくれません。
  • このような工務店にどう対処したらいいかが分かりません。
  • このような工務店への対処方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 増改築工事のトラブルの状況を確認しました。
  • 施工不良の状況を確認しました。
  • 無断の設計変更の状況を確認しました。
  • 無断の仕様変更の状況を確認しました。
  • ⇒工務店の契約違反の有無を確認しました。
  • ⇒工務店の義務不履行法令違反の有無を確認しました。

 

IJSの解決策

  • 増改築工事のトラブルの事実の特定を行いました。
  • ⇒多数の施工不良箇所を確認しました。
  • ⇒5箇所の無断の設計変更の事実を確認しました。
  • ⇒8箇所の無断の仕様変更の事実を確認しました。
  • ⇒工務店の契約違反の事実を確認しました。
  • ⇒工務店の義務不履行法令違反の事実を確認しました。
  • 増改築工事が大規模改修工事に該当していることも上記の確認により特定しました。
  • 増改築工事のトラブルの原因も特定しました。

 

IJSの成果

  • 増改築工事が大規模改修工事に該当することを工務店に通知しました。
  • 「増改築工事が大規模改修工事に該当しているため許認可が必要になる」と工務店に通知しました。
  • 「増改築工事には建築確認申請が必要になる」と工務店に通知しました。
  • 法令遵守のうえ大規模改修工事を行うように工務店に通知しました。
  • 増改築工事の建物が不適格建物に該当していることも工務店に通知しました。
  • 上記にもとづいて当該増改築工事の大規模改修工事を適切に行うよう工務店に是正を求めました。
  • 工務店に法令遵守を求めました。
  • 工務店が是正に応じないことからIJSの調査にもとづき、弁護士に依頼をして契約解除損害賠償請求を法的手続きにより進めてもらいました。

 

*IJSは増改築工事のトラブルの原因調査を支援します。

*IJSは増改築工事のトラブル解決を支援します。

床の撓み(タワミ)トラブルについていの相談

相談内容

  • 注文住宅の完成直後に床の撓み(タワミ)に気が付きました。
  • 工務店と床の撓み(タワミ)でトラブルになっています。
  • 工務店に床の撓み(タワミ)を指摘しましたが取り合ってくれません。
  • 工務店は「床の撓み(タワミ)は許容範囲」と言って取り合ってくれません。
  • 工務店は「床の撓み(タワミ)は問題ない」と言うだけです。
  • このような工務店にどう対処したらいいかが分かりません。
  • このような工務店への対処方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 床の撓みトラブルの状況を確認しました。
  • 2つの基準にもとづいて撓みの状況を確認しました。
  • 構造基準にもとづき、床の撓みの状況を確認しました。
  • 性能基準にもとづき、床の撓みの状況を確認しました。
  • 2つの基準にもとづいた調査により、基準範囲以上の撓みが生じている事実を確認しました。

 

IJSの解決策

  • 床の撓みのトラブル原因を確認しました。
  • 2つの基準と照らし合わせて撓みの原因を確認しました。
  • 構造基準に照らし合わせた調査で、床の撓み量が基準量以上の状況になっていることを確認しました。
  • 性能基準に照らし合わせた調査で、床の撓み量が基準量以上の状況になっていることを確認しました。
  • 2つの基準に照らし合わせた調査で床の撓み量が基準以上の状況になっていることから、構造性能の双方の原因により撓みが生じていることを確認しました。

 

IJSの成果

  • 床の撓みの状況を工務店に通知しました。
  • 床の撓みの状況を2つの基準にもとづいて工務店に通知しました。
  • 構造基準の1/300以上の撓みが生じていることを通知しました。
  • 性能基準の3/1000以上の撓みが生じていることを通知しました。
  • 上記にもとづいて工務店に床の撓みの修補是正を求めました。
  • 工務店が床の撓みの修補是正に応じないことから、弁護士に依頼をして法的手続きにより解決を図りました。

 

*IJSは床の撓みの原因調査を支援します。

*IJSは床の撓みのトラブル解決を支援します。

リフォーム工事のトラブル対処についての相談

相談内容

  • リフォーム工事でトラブルが生じてしまい、困っています。
  • 施工不良が原因でトラブルになっています。
  • 追加工事費用が原因でトラブルになっています。
  • 契約通りになっていない施工が原因でトラブルになっています。
  • リフォーム業者とどのように対処したらいいかが分かりません。
  • リフォーム業者とどのように対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • リフォーム工事におけるトラブルの状況を確認しました。
  • 施工不良の状況を確認しました。
  • 追加工事費用が不当請求に当たるか否かを確認しました。
  • 契約通りになっていない施工の状況を確認しました。
  • リフォーム業者の契約履行状況を確認しました。
  • 施工不良瑕疵欠陥に当たるか否かを確認しました。
  • 追加工事費用の請求が契約違反に当たるか否かを確認しました。
  • 契約通りになっていない施工契約違反に当たるか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • リフォーム工事のトラブルの原因を確認しました。
  • 施工不良のトラブルの原因が施行手順の間違い施工ミスに起因していることを確認しました。
  • 追加工事費用のトラブルの原因が契約不履行の契約違反に起因していることを確認しました。
  • 契約通りになっていない施工のトラブルの原因が契約違反に起因していることを確認しました。

 

IJSの成果

  • リフォーム工事のトラブルの原因を確認したうえで、リフォーム業者へ対処を求めました。
  • 施工不良の修補是正を求めました。
  • ⇒修補是正に応じない場合には施工不良の修補是正費用賠償請求する旨を通知しました。
  • 追加工事費用の不当請求金額について支払拒否を通知しました。
  • 契約通りになっていない施工への修補是正を求めました。
  • ⇒修補是正に応じない場合には契約通りの施工に直す工事費用賠償請求する旨を通知しました。
  • リフォーム業者が修補是正等に応じなかったため、弁護士に依頼をして法的手続きで解決を図りました。

 

*IJSはリフォーム工事のトラブルの原因調査を支援します。

*IJSはリフォーム工事のトラブル解決を支援します。

工事途中に設計事務所が倒産した時の対処についての相談

相談内容

  • 設計事務所が設計監理業務の途中に倒産しました。
  • 設計事務所が設計監理業務の工事途中に倒産したので設計が中断しました。
  • 設計事務所が設計監理業務の途中に倒産したので設計が完成できません。
  • これからどうしたらいいかが分かりません。
  • これからの対処の仕方が分かりません。
  • これからどのように対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • 設計監理業務費用の支払状況を確認しました。
  • 設計事務所から提示をされている成果物を確認しました。
  • 設計監理業務の設計出来高申請出来高監理出来高を確認しました。
  • 設計監理業務の残業務内容を確認しました。
  • 裁判所が選任した破産管財人を確認しました。

 

IJSの解決策

  • 設計監理業務費用の支払状況80%支払済であることを確認しました。
  • 設計事務所から提示をされている成果物(設計成果物・申請成果物・監理成果物)が不十分であることを確認しました。
  • 設計監理業務の出来高50%であることを確認しました。
  • 設計監理業務の残業務内容を確認しました。
  • 裁判所が選任した破産管財人の連絡先を確認しました。

 

IJSの成果

  • ①裁判所が選任した破産管財人に以下を求めました。
  • 契約解除を求めました。
  • 契約解除にともない、未提示設計成果物の提示を求めました。
  • 契約解除にともない、未提示申請成果物の提示を求めました。
  • 契約解除にともない、未提示監理成果物の提示を求めました。
  • ②設計事務所への支払が30%相当額の過払い」になっていることから、金融機関に対して過払い30%相当額の融資見直しの協議を求めました。
  • ③残業務を託す業者と残業務内容(設計業務・申請業務・監理業務)を確認しました。
  • ①~③の目途を立てて、設計事務所が倒産してから3か月後に設計監理業務の再開ができました。

 

*IJSは設計事務所が倒産した後の対処手続きを支援します。

*IJSは設計事務所が倒産した後の設計監理業務再開準備を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話