建築トラブルご相談事例

HOME > 建築トラブル解決 > 建築トラブルご相談事例

名義貸しの建築士とのトラブルの対処についての相談

相談内容

  • 設計者と設計瑕疵でトラブルになりました。
  • 設計者による設計瑕疵のトラブルが多々生じているので困っています。
  • 監理者と監理瑕疵でトラブルになりました。
  • 監理者による監理瑕疵のトラブルが多々生じているので困っています。
  • 代理者と申請でトラブルになりました。
  • 代理者による申請のトラブルが多々生じているので困っています。
  • しかし設計者・監理者・代理者とのトラブルにどう対処したらいいかがわかりません。
  • 設計者・監理者・代理者とのトラブルにどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが設計者による設計瑕疵のトラブルの状況を確認しました。
  • IJSが設計者による設計瑕疵のトラブルの原因も確認しました。
  • IJSが監理者による監理瑕疵のトラブルの状況を確認しました。
  • IJSが監理者による監理瑕疵のトラブルの原因も確認しました。
  • IJSが代理者による申請のトラブルの状況を確認しました。
  • IJSが代理者による申請のトラブルの原因も確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「設計瑕疵のトラブルの原因が名義貸しの建築士(設計者)にある」と確認しました。
  • IJSが「監理瑕疵のトラブルの原因が名義貸しの建築士(監理者)にある」と確認しました。
  • IJSが「申請のトラブルの原因が名義貸しの建築士(代理者)にある」と確認しました。
  • 上記のトラブルの原因がすべて「名義貸しの建築士(代理者)による」と立証しました。

 

IJSの成果

  • IJSの調査・検証により「建築士が違法行為である名義貸しを行なっており、それがトラブルの原因である」と特定しました。
  • IJSの調査・検証により「建築士の名義貸しが原因で設計瑕疵監理瑕疵申請のトラブルが起きている」と特定しました。
  • IJSの調査・検証により「建築士の名義貸しが原因のトラブルの是正には多額の費用と時間を要する」と確認しました。
  • 上記の対処を弁護士に依頼しました。
  • 弁護士に依頼した結果、契約解除出来高精算損害賠償請求による解決ができました。
  • IJSの調査・検証が立証証拠になり、解決ができました。

 

*IJSは名義貸しの建築士によるトラブルの状況確認を支援します。

*IJSは名義貸しの建築士とのトラブル解決を支援します。

建設業未登録業者とのトラブル対処についての相談

相談内容

  • 工務店とトラブルになりました。
  • ⇒工務店と施工瑕疵でトラブルになりました。
  • ⇒工務店と設計瑕疵でトラブルになりました。
  • ⇒工務店と監理瑕疵でトラブルになりました。
  • ⇒工務店と追加工事費用請求でトラブルになりました。
  • ⇒工務店と工期遅延でトラブルになりました。
  • 工務店が多々のトラブルを起こすので困っています。
  • しかし工務店が起こす多々のトラブルにどう対処したらいいかがわかりません。
  • 工務店が起こす多々のトラブルにどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが施工瑕疵の状況を確認しました。
  • IJSが設計瑕疵の状況を確認しました。
  • IJSが監理瑕疵の状況を確認しました。
  • IJSが追加工事費用請求の状況を確認しました。
  • IJSが工期遅延の状況を確認しました。
  • IJSが上記の原因を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「施工瑕疵の原因が工務店にある」と立証しました。
  • IJSが「設計瑕疵の原因が工務店にある」と立証しました。
  • IJSが「監理瑕疵の原因が工務店にある」と立証しました。
  • IJSが「追加工事費用請求の原因が工務店にある」と立証しました。
  • IJSが「工期遅延の原因が工務店にある」と立証しました。
  • IJSが「工務店に施工設計監理の能力がない」と特定しました。
  • IJSが「工務店に建設業の管理運営の能力がない」と特定しました。

 

IJSの成果

  • IJSの調査・検証により「工務店が建設業未登録業者で、建設業法違反行為に当たる」と特定しました。
  • IJSの調査・検証により「工務店が建設業未登録業者で、1500万円以上の工事請負ができない業者である」と特定しました。
  • IJSの調査・検証により「工務店による施工瑕疵設計瑕疵監理瑕疵の是正に多額の費用がかかる」と確認しました。
  • IJSの調査・検証により「工務店からの追加工事費用請求に応じる必要がない」と確認しました。
  • IJSの調査・検証により「工務店の工期遅延に対して賠償請求が可能である」と確認しました。
  • 上記の対処を弁護士に依頼しました。
  • 弁護士に依頼した結果、契約解除出来高精算損害賠償請求による解決ができました。
  • IJSの調査・検証が立証証拠になり、解決ができました。

 

*IJSは建設業未登録業者によるトラブルの状況確認を支援します。

*IJSは建設業未登録業者とのトラブル解決を支援します。

設計瑕疵への対処についての相談

相談内容

  • 建物の引き渡しを受けた後に設計瑕疵に気が付き、設計者に是正を求めました。
  • ⇒設計者は設計瑕疵の是正に応じませんでした。
  • ⇒設計者は設計瑕疵を認めませんでした。
  • ⇒設計者は「設計瑕疵には当たらない」と開き直っています。
  • 設計者と設計瑕疵が原因でトラブルになっています。
  • しかし設計者との設計瑕疵のトラブルにどう対処したらいいかがわかりません。
  • 設計者との設計瑕疵のトラブルにどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが設計瑕疵に該当するか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが設計瑕疵の状況を確認しました。
  • ⇒IJSが設計瑕疵の原因を確認しました。
  • ⇒IJSが設計瑕疵の責任の所在を確認しました。
  • ⇒IJSが設計瑕疵として設計者に是正を求められるか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが設計瑕疵として設計者に賠償を求められるか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「設計瑕疵に該当する」と立証しました。
  • IJSが「設計瑕疵の原因は何か?」を特定しました。
  • IJSが「設計瑕疵の責任が設計者にあるか?」を特定しました。
  • IJSが上記の立証と特定から「設計瑕疵として設計者に是正を求めても差し支えがない」と評価しました。
  • IJSが上記の立証と特定から「設計瑕疵として設計者に賠償を求めても差し支えがない」と評価しました。

 

IJSの成果

  • IJSによる客観的な評価を設計者に通知しました。
  • 設計者に「設計瑕疵に該当する」と証拠にもとづき通知しました。
  • 設計者に「設計瑕疵の原因が何か?」を証拠にもとづき通知しました。
  • 設計者に「設計瑕疵の責任が設計者にある」と証拠にもとづき通知しました。
  • 設計者に設計瑕疵の是正を求めました。
  • しかし設計者は設計瑕疵の是正に応じませんでした。
  • 設計者が設計瑕疵の是正に応じなかったため、IJSの立証・特定にもとづいて弁護士に法的手続きによる賠償を進めてもらいました。
  • IJSと弁護士に相談したことで、設計瑕疵に対処ができました。
  • IJSと弁護士に相談したことで、納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは設計瑕疵の原因調査を支援します。

*IJSは設計瑕疵のトラブル解決を支援します。

監理瑕疵への対処についての相談

相談内容

  • 建物の引き渡しを受けた後に監理瑕疵に気が付き、工事監理者に是正を求めました。
  • ⇒工事監理者は監理瑕疵の是正に応じませんでした。
  • ⇒工事監理者は監理瑕疵を認めませんでした。
  • ⇒工事監理者は「監理瑕疵には当たらない」と開き直っています。
  • 工事監理者と監理瑕疵が原因でトラブルになっています。
  • しかし工事監理者との監理瑕疵のトラブルにどう対処したらいいかがわかりません。
  • 工事監理者との監理瑕疵のトラブルにどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが監理瑕疵に該当するか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが監理瑕疵の状況を確認しました。
  • ⇒IJSが監理瑕疵の原因を確認しました。
  • ⇒IJSが監理瑕疵の責任の所在を確認しました。
  • ⇒IJSが監理瑕疵として工事監理者に是正を求められるか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが監理瑕疵として工事監理者に賠償を求められるか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「監理瑕疵に該当する」と立証しました。
  • IJSが「監理瑕疵の原因は何か?」を特定しました。
  • IJSが「監理瑕疵の責任が工事監理者にあるか?」を特定しました。
  • IJSが上記の立証と特定から「監理瑕疵として工事監理者に是正を求めても差し支えがない」と判断しました。
  • IJSが上記の立証と特定から「監理瑕疵として工事監理者に賠償を求めても差し支えがない」と判断しました。

 

IJSの成果

  • IJSによる客観的な判断を工事監理者に通知しました。
  • 工事監理者に「監理瑕疵に該当する」と証拠にもとづき通知しました。
  • 工事監理者に「監理瑕疵の原因が何か?」を証拠にもとづき通知しました。
  • 工事監理者に「監理瑕疵の責任が工事監理者にある」を証拠にもとづき通知しました。
  • 工事監理者に監理瑕疵の是正を求めました。
  • しかし工事監理者は監理瑕疵の是正に応じませんでした。
  • 工事監理者が監理瑕疵の是正に応じなかったため、IJSの立証・特定にもとづいて弁護士に法的手続きによる賠償を進めてもらいました。
  • IJSと弁護士に相談したことで、監理瑕疵に対処ができました。
  • IJSと弁護士に相談したことで、納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは監理瑕疵の原因調査を支援します。

*IJSは監理瑕疵のトラブル解決を支援します。

施工瑕疵への対処についての相談

相談内容

  • 建物の引き渡しを受けた後に施工瑕疵に気が付き、工務店に是正を求めました。
  • ⇒工務店は施工瑕疵の是正に応じませんでした。
  • ⇒工務店は施工瑕疵を認めませんでした。
  • ⇒工務店は「施工瑕疵には当たらない」と開き直っています。
  • 工務店と施工瑕疵が原因でトラブルになっています。
  • しかし工務店との施工瑕疵のトラブルにどう対処したらいいかがわかません。
  • 工務店との施工瑕疵のトラブルにどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対処

  • IJSが施工瑕疵に該当するか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが施工瑕疵の状況を確認しました。
  • ⇒IJSが施工瑕疵の原因を確認しました。
  • ⇒IJSが施工瑕疵の責任の所在を確認しました。
  • ⇒IJSが施工瑕疵として是正を求められるか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが施工瑕疵として賠償を求められるか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「施工瑕疵に該当する」と立証しました。
  • IJSが「施工瑕疵の原因は何か?」を特定しました。
  • IJSが「施工瑕疵の責任は誰にあるか?」を特定しました。
  • IJSが上記の立証と特定から「施工瑕疵として工務店に是正を求めても差し支えがない」と評価しました。
  • IJSが上記の立証と特定から「施工瑕疵として工務店に賠償を求めても差し支えがない」と評価しました。

 

IJSの成果

  • IJSによる客観的な評価を工務店に通知しました。
  • 工務店に「施工瑕疵に該当する」と証拠にもとづき通知しました。
  • 工務店に「施工瑕疵の原因が何か?」を証拠にもとづき通知しました。
  • 工務店に「施工瑕疵の責任は誰にあるか?」を証拠にもとづき通知しました。
  • 工務店に施工瑕疵の是正を求めました。
  • しかし工務店は施工瑕疵の是正に応じませんでした。
  • 工務店が施工瑕疵の是正に応じなかったため、IJSの立証・特定にもとづいて弁護士に法的手続きによる賠償を進めてもらいました。
  • IJSと弁護士に相談したことで、施工瑕疵に対処ができました。
  • IJSと弁護士に相談したことで、納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは施工瑕疵の原因調査を支援します。

*IJSは施工瑕疵のトラブル解決を支援します。

施工不良への対処についての相談

相談内容

  • 建物の引き渡しを受けた後に施工不良に気が付き、工務店に是正を求めました。
  • ⇒工務店は施工不良の是正に応じませんでした。
  • ⇒工務店は施工不良を認めませんでした。
  • ⇒工務店は「施工不良には当たらない」と開き直っています。
  • 工務店と施工不良が原因でトラブルになっています。
  • しかし工務店との施工不良のトラブルにどう対処したらいいかがわかりません。
  • 工務店との施工不良のトラブルにどう対処したらいいかを教えて下さい。

 

IJSの対応

  • IJSが施工不良に該当するか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが施工不良の状況を確認しました。
  • ⇒IJSが施工不良の原因を確認しました。
  • ⇒IJSが施工不良の責任が誰にあるかを確認しました。
  • ⇒IJSが施工不良として是正を求められるか否かを確認しました。
  • ⇒IJSが施工不良として賠償を求められるか否かを確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが「施工不良に該当する」と立証しました。
  • IJSが「施工不良の原因は何か?」を特定しました。
  • IJSが「施工不良の責任は誰にあるか?」を特定しました。
  • IJSが上記の立証と特定から「施工不良として工務店に是正を求めても差し支えがない」と評価しました。
  • IJSが上記の立証と特定から「施工不良として工務店に賠償を求めても差し支えがない」と評価しました。

 

IJSの成果

  • IJSによる客観的な評価を工務店に通知しました。
  • 工務店に「施工不良に該当する」と証拠にもとづき通知しました。
  • 工務店に「施工不良の原因が何か?」を証拠にもとづき通知しました。
  • 工務店に「施工不良の責任は誰にあるか?」を証拠にもとづき通知しました。
  • 工務店に施工不良の是正を求めました。
  • しかし工務店は施工不良の是正に応じませんでした。
  • 工務店が施工不良の是正に応じなかったため、IJSの立証・特定にもとづいて弁護士に法的手続きによる賠償を進めてもらいました。
  • IJSと弁護士に相談したことで、施工不良に対処ができました。
  • IJSと弁護士に相談したことで、納得のいく形で解決ができました。

 

*IJSは施工不良の原因調査を支援します。

*IJSは施工不良のトラブル解決を支援します。

契約解除時に成果物を評価・算定する方法についての相談

相談内容

  • 設計監理業務委託契約を「途中で契約解除したい」と思っています。
  • 設計事務所と設計途中でトラブルになっているからです。
  • ⇒設計事務所が一方的な態度で協議ができません。
  • ⇒設計事務所が設計監理業務委託契約を守りません。
  • ⇒設計事務所との設計途中のトラブルを解決できそうにありません。
  • しかし途中で契約解除する場合の成果物の算定の方法がわかりません。
  • しかし途中で契約解除する場合の成果物の算定を誰に頼めばいいかがわかりません。
  • 途中で契約解除する場合の成果物の算定方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • IJSが成果物を確認しました。
  • ⇒IJSが成果物種別から確認しました。
  • ⇒IJSが成果物承認の有無から確認しました。
  • ⇒IJSが成果物完成度から評価しました。
  • ⇒IJSが成果物を客観的な成果物評価額として算定しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが成果物精算に必要となる客観的な成果物評価額を算定しました。
  • IJSの建築実務に精通した専門家が成果物の承認の有無から客観的な成果物評価額を算定しました。
  • IJSの建築実務に精通した専門家が成果物の完成度から客観的な成果物評価額を算定しました。
  • IJSが成果物評価額にもとづいて「返金による成果物精算が妥当である」と評価しました。
  • IJSが成果物評価額にもとづいて「設計事務所が主張する成果物評価額には妥当性がない」と立証しました。

 

IJSの成果

  • 設計事務所に「IJS(=第三者)による客観的な成果物評価である」と通知しました。
  • 設計事務所に「IJS(=第三者)による客観的な成果物算定である」と通知しました。
  • また「設計事務所の成果物評価には妥当性がない」とも通知しました。
  • また「設計事務所の成果物算定には妥当性がない」とも通知しました。
  • IJSの成果物評価額にもとづき、設計事務所に成果物精算を求めました。
  • IJSの成果物評価額にもとづき、設計事務所に過払い金の返金を求めました。
  • しかし設計事務所が請求に応じなかったため、やむを得ず弁護士に依頼して法的手続きを進めてもらいました。
  • ⇒弁護士に成果物精算による契約解除を進めてもらいました。
  • ⇒弁護士に成果物精算による返金精算を進めてもらいました。
  • その結果、IJSの成果物評価成果物算定にもとづいた成果物精算ができました。

 

*IJSは契約解除に必要となる成果物評価を支援します。

*IJSは契約解除に必要となる成果物算定を支援します。

契約解除で成果物精算を求める手順についての相談

相談内容

  • 設計事務所とトラブルになり「設計監理業務委託契約を解除しよう」と思っています。
  • しかし契約解除時の成果物精算の仕方が分かりません。
  • 設計監理業務委託契約を解除する場合、どのように成果物精算するのでしょうか?
  • 設計監理業務委託契約を解除する場合、いつでも成果物精算はできるのでしょうか?
  • 設計監理業務委託契約を解除する場合、返金を求めることはできるでしょうか?
  • 契約解除時の成果物精算の進め方がわかりません。
  • 契約解除時の成果物精算の進め方を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • IJSが設計事務所とのトラブルの状況を確認しました。
  • IJSが設計事務所とのトラブルの原因を確認しました。
  • IJSが設計監理業務委託契約の契約内容を確認しました。
  • IJSが設計監理業務委託契約の約款内容を確認しました。
  • IJSが「設計監理業務委託契約の解除が可能か否か?」を確認しました。
  • IJSが「成果物精算が可能か否か?」を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSがトラブルの状況から「契約解除が可能である」と確認しました。
  • IJSがトラブルの原因から「契約解除が可能である」と確認しました。
  • IJSが契約の内容から「契約解除が可能である」と確認しました。
  • IJSが約款の内容から「契約解除が可能である」と確認しました。
  • IJSが「設計事務所の債務不履行による契約解除になる」と確認しました。
  • IJSが「成果物精算ができる」と確認しました。
  • IJSが成果物評価を行いました。

 

IJSの成果

  • 設計事務所に以下の手順で成果物精算を求めました。
  1. 設計事務所に「債務不履行を理由として契約解除する」と通知しました。
  2. 設計事務所に「契約約款の規定にしたがい成果物精算する」と通知しました。
  3. 設計事務所に「客観的な成果物評価額にて成果物精算する」と通知しました。
  4. 設計事務所に「成果物精算に応じない場合、弁護士委任による法的手続きで対処する」と通知しました。
  5. 設計事務所が成果物精算に応じなかったため、IJSの客観的な成果物評価額にもとづいて弁護士に①成果物精算による契約解除と②契約解除に伴う賠償請求を進めてもらいました。
  • IJSと弁護士に相談したことで成果物精算による契約解除ができました。

 

*IJSは成果物精算による契約解除の可否の調査を支援します。

*IJSは客観的な成果物評価額の算定を支援します。

契約解除で出来高を評価・算定する方法についての相談

相談内容

  • 「工事請負契約を途中で解除したい」と思っています。
  • ⇒工務店と工事途中でトラブルになっているからです。
  • ⇒工務店がトラブルに対して一方的な態度を取っていて協議ができないからです。
  • ⇒工務店が工事請負契約を守らないからです。
  • ⇒工務店とのトラブルを解決できそうにないからです。
  • しかし途中で契約解除する場合の出来高の算定の方法がわかりません。
  • しかし途中で契約解除する場合の出来高の算定を誰に頼めばいいかがわかりません。
  • 途中で契約解除する場合の出来高の算定の方法を教えて下さい。

 

IJSの対応

  • IJSが出来高を確認しました。
  • ⇒IJSが出来高現場の確認により調査しました。
  • ⇒IJSが出来高工事費内訳明細書の確認により調査しました。
  • ⇒IJSが出来高完成工事高として評価しました。
  • ⇒IJSが出来高出来高評価額として算定しました。
  • ⇒IJSが出来高客観的な出来高評価額として確定しました。

 

IJSの解決策

  • IJSが出来高精算のための客観的な出来高金額を算定しました。
  • ⇒IJSの建築実務に精通した専門家が現場の確認により、客観的な完成工事高として出来高評価額を算定しました。
  • ⇒IJSの建築実務の経験値の高い専門家が工事費内訳明細書の確認により、客観的な完成工事高として出来高評価額を算定しました。
  • ⇒IJSの出来高の評価・算定にもとづき、「返金による出来高精算が可能である」と判断しました。
  • ⇒IJSの出来高の評価・算定にもつづき、「工務店が主張する出来高に妥当性がない」と立証しました。

 

IJSの成果

  • 工務店に「客観的な出来高の評価である」と通知しました。
  • 工務店に「客観的な出来高の算定である」と通知しました。
  • 工務店に「工務店側の出来高評価には妥当性がない」と通知しました。
  • 工務店に「工務店側の出来高算定には妥当性がない」と通知しました。
  • IJSの出来高評価額にもとづき、工務店に出来高精算を求めました。
  • IJSの出来高評価額にもとづき、工務店に過払い金返金を求めました。
  • IJSの客観的な出来高評価算定による出来高精算を工務店に求めました。
  • しかし工務店が応じなかったため、やむを得ず弁護士に法的手続きを依頼しました。
  • ⇒弁護士に出来高精算による契約解除を進めてもらいました。
  • ⇒弁護士に出来高精算による返金精算を進めてもらいました。
  • その結果、IJSの出来高評価出来高算定にもとづいた出来高精算ができました。

 

*IJSは契約解除に必要となる出来高評価を支援します。

*IJSは契約解除に必要となる出来高算定を支援します。

契約解除で出来高精算を求める手順についての相談

相談内容

  • 工務店とのトラブルになり「工事請負契約を解除しよう」と思っています。
  • 工事請負契約を解約する場合、どのように精算したらいいでしょうか?
  • 工事請負契約を解約する場合、返金を求められるでしょうか?
  • 工事請負契約を解約する場合、「出来高精算」と聞きますがどのような精算なのでしょうか?
  • 工事請負契約を解約する場合、いつでも出来高精算できるのでしょうか?
  • 解約時の出来高精算がよくわかりません。
  • 解約時の出来高精算の仕方を教えて下さい。
  • 解約時の出来高精算を進める手順を教えてください。

 

IJSの対応

  • IJSが工務店とのトラブルの状況を確認しました。
  • ⇒IJSが工務店とのトラブルの原因を確認しました。
  • ⇒IJSが工事請負契約の内容を確認しました。
  • ⇒IJSが工事請負契約の約款の内容を確認しました。
  • ⇒IJSが「工事請負契約の解約が可能か否か?」を確認しました。
  • ⇒IJSが「出来高精算が可能か否か?」を確認しました。

 

IJSの解決策

  • IJSがトラブルの状況から「契約解除が可能である」と確認しました。
  • IJSがトラブルの原因から「契約解除が可能である」と確認しました。
  • IJSが契約内容から「契約解除が可能である」と確認しました。
  • IJSが契約約款の内容から「契約解除が可能である」と確認しました。
  • IJSが「工務店の債務不履行による解約に当たる」と確認しました。
  • IJSが「出来高精算ができる」と確認しました。
  • IJSが出来高評価を行いました。

 

IJSの成果

  • 工務店に出来高精算を求めました。
  • ⇒工務店に「工務店の債務不履行を理由として契約解除する」と通知しました。
  • ⇒工務店に「工事請負契約約款の規定にしたがい出来高精算する」と通知しました。
  • ⇒工務店に「第三者の客観的な出来高評価額で出来高精算する」と通知しました。
  • ⇒工務店に「出来高精算に応じない場合には代理人を立てて対処する」と通知しました。
  • 工務店が出来高精算に応じなかったため、IJSの客観的な出来高評価額にもとづいて弁護士に①出来高精算による契約解除と②契約解除に伴う損害賠償を進めてもらいました。
  • IJSと弁護士に相談したことで出来高精算による契約解除ができました。

 

*IJSは出来高精算による契約解除の可否の調査を支援します。

*IJSは客観的な出来高評価額の算定を支援します。

無料相談

タップで発信アドバイザー直通電話